人気ブログランキング |

Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年もグループ展ふたつ

2019年7月31日(水)

暑い日のなか、夏の甲子園のように定期的に開催されているグループ展に出掛けた。


◆東京8×10組合連合会「TOKYO 8×10 EXHIBITION 2019」、江東区文化センター
f0067724_21094631.jpg

この会場で開催されている模様を過去のブログで書いていたなと思い出したので探してみた。
今年の写真も前回を踏襲しましたw 今回の展示でよかったのは満丸さんの家族のポートレートだ。たぶん写真家深瀬昌久の作品を強く意識されていると思う。白バックで家族がしっかりとカメラに正対しているというのは、これほど強い写真はないと思う。会頭の谷さんは初心に帰るということで最初期の8×10の作品を展示。どれも見たことのあるものなのだが、そのなかで自分の記憶がすっかり変わっていたのが東京タワーを撮ったものだった。東京タワーを撮った一連のシリーズのなかで好きなものなのだが、ビルの狭い隙間から見える東京タワーが記憶のなかではカラーになっていた。だからモノクロの展示を見て、ああ、カラーの他にモノクロも撮っていたんだと思ったくらいだ。もちろん、谷さんは最初からモノクロです、とのこと。



◆monochrome ⅩⅨ「Fine Art」、gallery E&M 西麻布
f0067724_21095441.jpg

タイトルはFine Artだが静物やファッションが並ぶようなよくある展示ではなかった。被写体はポートレートから風景、ドキュメンタリなものまで、作者の個性の強い作品ばかりだ。そのなかで気に入ったのが竹内さんの車のライトに照らしだされた二人の影の作品。実はこの作品は別のテーマのときにも小さいサイズだが展示されていた。やはりそのときもいいと思った。他にはHASEOさんの、ロングドレスの女性が背をそらせている作品だな。これぞFine Artというような作品で、ドレスの光りの当った箇所の美しさには目を奪われる。











by pprivateeye | 2019-07-31 23:23 | Comments(0)

蒸し蒸し暑い日

f0067724_00413719.jpg


2019年7月26日(金)

◆飾りたいと思う写真展「アートの競演 2019涼月」、Art Gallery M84
写真仲間が出展しているので見に行った。夜明けの写真をが3点展示されていたが、ポラロイド4枚の組み合わせが面白いかな。ただ、水平に並べるときはもっと厳密さがあったほうがいいと思った。他の作品では列車の窓を撮ったものがよかった。ロバート・フランクへのオマージュだな。全体としては、写真展のタイトルをしっかりと考えてから見に行くべきだった^^;

・銀座の伊東屋でシェーファーのブルーブラックを購入。いま使っている万年筆のペン先がスタブで、縦線が太く、横線が細くなる。顔料系のインクは濃すぎて、そのペン先でもインクの濃淡が出にくい。ペリカンのブルーブラックを持っているが、やや薄い印象なので新たに購入したわけ。

◆大西みつぐ写真展「少年時代 1980-1982」、Kiyoyuki Kuwabara AG
大西さんが須田一政さんの助手をしていた頃に撮影されたもの。カラーに先鋭的なものを感じていて、当時のポジフィルムをデジタルに取り込んで出力されている。できるだけポジのアンダー気味の色を再現したとのこと。小学生の制服はまっ黒で平面的だ。現在と同じように街中でのスナップだが、当時は日常のなかに異界を見るという感覚が強く出ている。

・台風が近いせいか暑くて蒸し蒸しする一日だった。移動の間に二度も喫茶店で休憩してしまった。扇子が大活躍。











  




by pprivateeye | 2019-07-29 01:01 | Comments(0)

「日本のいちばん長い日」

f0067724_22140094.jpg


2019年7月8日(月)

〈午前十時の映画祭〉「日本のいちばん長い日」観ました。大戦後70余年の平和の源流と言っていいと思う。前半で、お前たちの純粋な思い云々というセリフがあったが、いやそうじゃなくって単純な思考だろうと思った。次は東京に原爆が落とされるかもしれないとは考えなかったのかね。黒沢年男が演じた畑中少佐の目や表情が日本軍の感情的な部分を的確に表している。

これはSNSに投稿した文章だが、いつもの反応と微妙に違ったのが興味深い。

監督は岡本喜八。筒井康隆の原作「ジャズ大名」を撮った人なんだよね。ウィキペディアによると、戦争批判・明治維新批判をライフテーマとして掲げ続けた。この映画で最後に「この戦争で300万人が死んだ」という文言を加えることに固執したらしい。また、亡くなる直前まで山田風太郎作の『幻燈辻馬車』の映画化を構想し、配役は仲代達矢、真田広之、緒形拳ら、音楽は山下洋輔と決まり、シナリオを練っていた、とのこと。原作も配役も音楽も、これは実現してほしかったなあ。


Youtubeでこんなの見つけたので張り付けておきます。

町山智浩の映画塾!「日本のいちばん長い日」終戦特集

<予習編>


<復習編>





    




by pprivateeye | 2019-07-08 23:23 | Comments(0)