人気ブログランキング |

Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ

f0067724_00185555.jpg


2019年5月8日(水)

☆早稲田松竹:アラン・ロブ=グリエ監督特集
 5/6 「囚われの美女」(1983年)
     「嘘をつく男」(1968年)
 5/7 「エデン、その後」(1970年)
     「快楽の漸進的横滑り」(1974年)
 5/8 「不滅の女」(1963年)
     「ヨーロッパ横断特急」(1966年)

この特集は昨年11月に渋谷のイメージフォーラムで上映されたものと同じで、イメージフォーラムでは今年1月にアンコール、さらに再アンコールとあったのだがどれひとつとして観に行けなかった。なので今回の早稲田松竹での上映は有難かった。
アラン・ロブ=グリエの名前はまず、アラン・レネ監督の映画「去年マリエンバートで」の脚本を書いていた人ということで覚えていた。この映画は記憶と実際に起こったことが各人で食い違い、観る者は混乱に陥るのだが、アラン・ロブ=グリエ自身が監督をした上記の映画でも虚と実が入り乱れ、さらに退廃的なムードやユーモアあるいは青春的なものが少しずつ加わって、最後まで展開が読めないものとなっている。「囚われの美女」ではマグリットの絵が出てくるが、まさに彼の絵の世界のようなイメージだ。
6本のうちでは「ヨーロッパ横断特急」が面白かった。監督自身がストーリーを考える場面が出てきて、その通りの展開になったり、出演者が役者の演技をするようなシーンがあったり、いわゆる「メタ的」な要素がふんだんに見られた。また。麻薬の運び屋という展開が007シリーズのパロディのようにも思えた。
もうひとつは「エデン、その後」。これは青春映画といってよさそうだ。前半は大学の喫茶室ようなところで、そこはモンドリアンの絵のようなデザイン・配置になっている。そこで学生たちの観念的なお遊びが続いている。後半はチュニジアの青い空と海に場面が移る。何といっても中心人物のヴィオレット役のカトリーヌ・ジュールダンが金髪ベリーショートカットなのが大変よろしい。フランス映画で金髪ショートといえばゴダール「勝手にしやがれ」のジーン・セバーグだけど、レオス・カラックス「ボーイ・ミーツ・ガール」でミレーユ・ペリエが本を読んでいるのだが本に隠れてなかなか顔が見れない、そのシーンが好きだ(下のおまけ)。
そのほかの出演者で印象に残ったのは「ヨーロッパ横断特急」で警察官、「囚われの美女」で刑事を演じたダニエル・エルミフォーク。細身で禿げ頭、鼻が目に付き、超低音で話すのは強烈だ。主演ではなくチョイ役に近い脇役がぴったりだ。「快楽の漸進的横滑り」の予審判事役のマイケル・ロンズデールもどこかで見たぞと思わせるし、「ヨーロッパ横断特急」のエヴァを演じたマリー=フランス・ピジュはフランソワ・トリュフォーの映画にも出ていて、どこか思わせぶりな演じ方が女性にしては少し低音の声とともに似合っている。

 




おまけ
by pprivateeye | 2019-05-08 23:23 | 映画 | Comments(0)

再開

f0067724_23430386.jpg


2019年5月5日(日)

4月13日に立ちごけしてからロードバイクを再開。脱臼した左手小指は力を入れたりぶつかったりするとまだ痛いけどハンドルを握るのには支障なし。でもピンディングで足を固定するのはちょっとドキドキする。
10連休中で車は少ないかと思ったけど昔からの街道は道が狭いのであまり普段と変わらず。トラックがほとんどいないのが幸いか。しかし、片側一車線しかないので右折車があるとすぐに渋滞が始まる。なんとかならんかね。
目的地は久しぶりに手賀沼に行ってみようと思っただけで、後は行き当たりばったり。手賀沼ではいちごソフトでエネルギー補給。地図の頂点で小さくグルッと回っているのは柏の葉公園。公園の中をゆっくり走って見学。ここは確か柏レイソルのホームだよね。
帰り、初石を過ぎたあたりから左太ももの調子が悪くなり、足がツル寸前までいく。このため帰り道はダマシダマシ何度も休みながら走る。走行時間は4時間40分だが、家を出たのは午前10時で帰ったのが午後4時40分。その差2時間はアプリを停止していたことになる。手賀沼や柏の葉公園で休憩していたのもあるけど、半分は足を休めるために止まっていた時間だな。でも75km走ったよ(^_^)v







  




by pprivateeye | 2019-05-07 23:59 | Comments(0)

Kiba Stock 2019

f0067724_17233983.jpg


2019年5月3日(金)、4日(土)

今年も江東区の木場公園での「Kiba Stock」を観に(聴きに)行く。両日とも一組目から聴いた。1日目が12組、2日目が11組出演。ただし、大トリになる2日目の最後はあまり好きなグループではなく、雨も降りそうだったので聴かずに退散した。

自分の好みをあげていくと(数字は出演順)、
1日目
06. 道祖土 ギターがうまかった。
07. ZERO+國吉 スタッフのレジェンドによるグループ。大人の雰囲気。ギミー・シェルター、雨を見たかい、ライク・ア・ローリングストーンと好きな曲を演っているのにすぐにはわからなかった^^; ギミー・シェルターはストーンズよりもグランド・ファンクを思わせた。
08. Quoeen Ⅱ クイーンのトリビュートバンドだが楽しませてくれた。ヴォーカルの人はキーボードが弾けないものだから、別のキーボードの人の真似弾きをやっていた。面白いだけでなく、全体にうまかった。
11. カナコリアス 本日の一番のバンドだったと思う。ベースが太くて分厚い音を出していた。女性ヴォーカルも声量たっぷり。
12. ミッチーdeたっちー☆キラキラLet's自己解放 ブラスセクションやダンスメンバーも入った大所帯。バンド名はキワモノっぽいがしっかりした演奏だった。ベースの人が小柄で華奢な女性だったがしっかり音で、ギターともマッチしていた。

2日目
02. 佐藤商事 大人のグループ。ベースがリーダーで年配の人。うまい。女性ヴォーカルは華奢だが声量たっぷりでノリもよかった。ギター、キーボードは出しゃばらず、全体にバランスがよかった。もっと聴きたいと思った。
03. bmp この5月からグループ名を改めて鈴幸座。男性ヴォーカルが太くて力のある声だった。
04. Rainbow Rising Ⅱ 女性ヴォーカルの不思議な発声。高音はウラ声(?)らしいが太くて力があった。ギターの速弾きは今年一番かな。
10. 第一コンバット 自己紹介でプロレタリアロックバンドと述べており、オリジナルの歌詞は近年では珍しい毒のある風刺の利いたものだった。

今年は特に集客がよかったようだ。1日目でプログラムはすべて捌けてしまったらしい。いつも木のベンチの後ろ、段差の一番前で聴いているのだが、二日とも自分と同じように長時間同じ場所で聴いている人たちを幾人も見かけた。今回で25回目とのことで、楽しみにしている人が多いのだなと思う。そういえば隣に座っていたおばさんが「何回目です?」「5年くらいです」「あらそう、私たちは20回目よ」なんてのたまわっていた。ロックを聴いているようなふうには見えなかったのだが。









by pprivateeye | 2019-05-04 23:46 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31