Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生賴範義 展

f0067724_23450874.jpg


2018年1月22日(月)

天気予報ではかなりの雪が降るというなか、上野の森美術館へ「生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR」を見に行った。月曜日は開館している美術館やギャラリーは少ないがここは会期中無休なことや、雪で客足が少ないだろうとの思惑で出かけた。生賴範義(おうらいのりよし)の名前は熱心なSFファンだとどこかで目にしていると思う。小松左京や平井和正のハヤカワ文庫の表紙イラストをほとんど手掛けている。他に有名なところではゴジラやスターウォーズの映画のポスターも描いている。あるいは戦国武将や戦後日本の政治家のペン画は新聞広告で見かけているかもしれない。展示はこれらのポスターや書影と、その原画が中心。表紙イラスト手がけた実際の本を立てかけて上に大きく展示した「生賴タワー」は圧巻だった。それらの本はほとんど絶版になっているものだ。また、その原稿となった作品は大きなものが多くて驚いた。イラストの原画というとせいぜいA3サイズくらいを思い浮かべるが、展示されているものはA0サイズ前後が多く、アクリル絵の具でリアルに描かれていた。「SFアドベンチャー」の表紙の連作は下書きもいっしょに展示されていたが、バランスやデッサンの正確さのためにマトリックスを引いてから描かれていた。それが細部まで描き込まれ、しかも本番ではそれをさらに細かく修正しながら完成にもっていっている。最後に絶筆となった書きかけの作品が展示されいた。
・生賴範義(おうらい のりよし)1935.11.17 - 2015.10.27(満79歳没)

生賴展を見終えて外に出ようとしたら玄関左側でも何か展示をやっているようだったので覗いて見た。

◆粂原愛 個展「うたかたの庭」、上野の森美術館ギャラリー
日本画の展示だった。梅の花をモチーフに、縦長の画面を複数枚組み合わせたもの。紅梅の赤が鮮やかだった。離れて見ていると確かに梅の木や花なのだが、ある距離まで近づくと一気に抽象画のように変化して形が見えなくなってしまう。その不思議な感覚が面白かった。大きな作品が7~8点あるのだが、それが全部昨年一年間に制作されたもので驚いた。入口でカウントを取っている人が最初、美術館のスタッフかと思っていたがどうも作家自身のような気がしたので尋ねたら果たしてそうだったので、上記のような感想を述べてギャラリーを出た。


美術館の外はもう十分に白い世界となっていた。雪の上野の森を撮る人は他にも何人か見かけて、自分と同じような人がいるんだなと思った。せっかくなので雪景色の中のロダンの彫刻を見ようと思ったのだが、西洋美術館は月曜が休館日でゲートが閉まっていた。遠くから「カレーの市民」の後ろ姿を撮影。雪が降ってきたのでもう帰ろうぜと話しているようにも見える(by Katsurayama)。下の写真はモノクロみたいだけど全部カラーです。


f0067724_23460887.jpg
f0067724_23461572.jpg
f0067724_23462103.jpg
f0067724_23462679.jpg
f0067724_23463251.jpg

  











  



[PR]
by pprivateeye | 2018-01-30 00:13 | Comments(0)

万年筆の修理

f0067724_00114580.jpg


2018年1月16日(火)

万年筆を2本修理に出した。PILOT CUSTOM(黒)と、PILOT CUSTOM STERLING SILVERで、京橋のパイロット本社に持って行った。そこでいろいろと興味深い話も聴けた。STERLING SILVERのほうはペン先の接着がはがれてしまったのだが、応対に出た人がルーペで見ながら「これは71年製造のものですね」と言う。いまから47年も前のことになる。こちらはそんなに古いという自覚がなかったので「そんなことまでわかるのですか」と尋ねたら、「ペンの下側に<H871>とあります。Hは弊社の平塚工場の略で、871は71年8月の意味です」と説明があった。よく考えるとこの万年筆は学生の頃購入したような記憶がある。なるほど40年以上前のものかと、自分のことながら感心した。こんなふうにペン先には製造年や場所がわかるように刻印があるとのこと。それを聴いて「最近、文房具の本などで万年筆の特集がよくあるけれども、そういった記事は目にしたことがないです。まるでカメラの製造番号みたいですね。マニアの人たちはその番号を気にしたりします」と言ったら、対応の女性の人はニッコリとほほ笑んだ。そのとき彼女の指先にインクの汚れが付いているのに気づき、「ああ、やっぱり仕事柄インクは付いちゃうよね」と心の中で思い、その方に親近感を覚えた。さらにルーペで見ながら「軸に細かなひび割れがあるので接着しておきましょうか? ただどうしても後から見ると接着の跡が付いてしまうのですが」と言われて、このときは以前にシチズンの時計を修理に窓口に持って行って具合をいろいろ尋ねられたときと同じ気持ちになった。自分たちの製品に対する愛情、できるだけ修理などは万全を期するけどどうしても無理なところも出てきますという、お詫びにも似た残念だという気持ちが伝わってきたからだ。ちなみにシチズンの時計は修理が上がって受け取りに行ったとき、「これからも可愛がってやってください」と言われて一遍にファンになってしまった。もう一本のCUSTOM(黒)のほうはペン先が欠けてしまっていたので修理というよりはペン先の交換となった。そしてこの万年筆も古くてすでに型番にはないので使えるペン先で代用せざるを得ないとのこと。その際、「14金なのでそれなりに金額が掛かってしまいますが、折れたほうを弊社で引き取る形にすれば多少お安くなります」と言われ、「それでお願いします」と二つ返事で答えた。ただ<B>太字だったがこの型はないので<M>中字となった。実はSTERLING SILVERのほうも<B>なのだが、これは若い頃作家のマネをして太字の万年筆に憧れたためだ。原稿用紙に大量に文字を書くのはその当時の学生でも機会は少なく、ましてやいまは太字の出番は皆無だ(あ、年賀はがきの宛名書きに使ったなw)。修理は1週間くらいと言われていたが3日ほどで連絡があった。受け取りに行ったときに「もしインクの出方が多過ぎたり擦れたりするようなら1年間は無料で調整します」と言われた。最後まで気持ちよく応対され、これから万年筆を大いに使っていこうと思うのであった。











  





[PR]
by pprivateeye | 2018-01-19 20:49 | Comments(2)

中野~新宿~渋谷、そして京橋

f0067724_22433533.jpg


2018年1月5日(金)

・渡部さとる写真展「2Bとマンデリン」、ギャラリー冬青
8×10とローライで撮られた江古田、『旅するカメラ』に掲載された江古田。記録であり、記憶に残したい風景だ。現代アート云々、ノスタルジー云々は関係ない。究極の「写真」が家族アルバムとすれば、ここにある写真はそれを少し広げたものだ。「撮影者ー被写体ー見る人」という関係性を考えると、前の二者の関係が濃い。


・ニコンサロン50周年記念 ニコン・コレクション展「6人の星座」
山本雅昭、深瀬昌久、平敷兼七、山崎博、鈴木清、田原桂一。ニコンサロンで展示された作品で、いずれも物故写真家だ。平敷さんだけは初めて見る。この展示での好みは田原さんだな。パリの屋根裏部屋の窓を撮影したもの。図録がもらえたのがラッキーだ。


・「東京画 SHIBUYA-TOKYO CURIOSITY」、渋谷ヒカリエ 8/ Cube1,2,3
渋谷をいろいろな作家が撮影。公募とキュレーターのセレクトかな。すべての作品が同じサイズで展示されていた。何人か知った作家の名前があり、その中では宝槻さんのスローシャッターを使った作品が自分の渋谷観(?)と合っていた。この後、パリ、ベルリンと巡回し、2020年に渋谷に帰ってくるらしい。



最後に近美フィルムセンターで「シベールの日曜日」を観る。思っていたよりも観客が多かった。








  





[PR]
by pprivateeye | 2018-01-09 23:26 | Comments(0)

2018 motorsports calendar

f0067724_09454269.jpg

2018年1月5日(金)

今年もモータースポーツの開催予定をまとめてみました。スーパーバイク世界選手権を加えて6つのシリーズです。WEC世界耐久選手権は年をまたぐシーズンに移行するようで、2018/19年シーズンとして特別にル・マン24時間レースが2回行われます。これを作成していて気付いたのはシリーズ名称にGrand Prixと付くのはF1とMotoGPだけです。それぞれ四輪車と二輪車の世界最高峰の選手権ということになります。







   




[PR]
by pprivateeye | 2018-01-05 09:55 | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます。

f0067724_12195379.jpg


2018年1月1日(月)

本年もよろしくお願いいたします。








[PR]
by pprivateeye | 2018-01-01 00:09 | Comments(0)