Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 2243 )

Kiba Stock 2018

f0067724_17421843.jpg


2018年5月4日(金)

今年も5月の連休は江東区の木場公園でKiba Stockに行く。雨と強風のために5/3(木)の分が5/5(土)に順延になっっている。

1日目。11時過ぎから16時半まで9グループの演奏を聴く。良かったバンドは、「LOSUS」ギターが速弾きでうまい。他に「BAD☆BLOOD」「SK-Ⅱ」。Kiba Stockのメインバンドのような「Eazyfly」は好きになれない。ギターはうまいが、ボーカルの女性が嫌だ。しつこいMCと聴き取りにくい発声。聴衆に拍手やスタンディング、応答を強制するようなMCにはうんざりする。他にの2グループほどあった。贔屓することになってしまうが「SK-Ⅱ」はそんなMCがなくてもステージ前に一番人が集まっていた。


このあと、小伝馬町へ。ルーニイで宮内雅之写真展「65の、ツレヅレ」、アイアイエーギャラリーで櫻井伸治写真展「海岸にあるもの」を観る。どちらも自分の撮りたいものを気負いなく撮っているので気分がいい。


5/5(土)Kiba Stock 2日目。10時から17時まで全12グループを聴く。良かったバンドは、「放牧軍団」ボーカルの女性が見た目とは違って力強い声だった。「株式会社ヨシダヲサム商会ロッケンロール事業部」「エゲツBAND」、この2グループはハチャメチャで色物みたいだがボーカルも演奏もしっかりしていた。「ZERO acoustic」Kiba Stockの中心スタッフのグループでCSN&Yなどを大人の雰囲気で聴かせてくれた。番外で、ゲスト出演の「The S Unlimited」。ベースが二日間のなかで一番しっかりしていた。それにバックボーカルの女性が広末涼子似でかわいかった。"タイムマシンにおねがい"ではメインボーカルで、途中からだけど思わず録画してしまったよ\(^o^)/






  




[PR]
by pprivateeye | 2018-05-16 17:43 | Comments(0)

新宿Lタワーも久しぶりだった。

f0067724_00574746.jpg


2018年4月13日(金)

◆Blake Andrews写真展「ANIMALS」、TOTEM POLE
タイトルのとおり動物がどこかに写り込んでいるモノクロスナップ。カメラ目線の金魚だったり、路上を滑空する猫だったり、ラクダのお尻だったり、どこか普通でないところが面白い。35mmフィルムのパーフォレーションまで焼き込んだプリントも荒々しさのなかに柔らかさを感じた。


◆潮田登久子写真展「本の景色 BIBLIOTHECA」第37回土門拳賞受賞作品、ニコンプラザ新宿
以前にP.G.I.で見たことがある作品。膨大な時間を経た「本」がそこにある。自己主張するわけでもなく、ただそこにある。カメラはゼンザブロニカS2だった。選考委員の一人である鬼海弘雄さんが選評で「確かな暗室技術によって白黒印画紙に定着させられた静謐なざわめき。」と述べているようにプリントが美しい。作者自身は「蔵本の美しさ、’モノ’としての佇まいに惹かれたのです。」と述べているが、その双方が相まって派手さとは無縁に自然とそこにある作品だ。


◆岩城文雄写真展「△ San-kaku」、epSITE
写真仲間の展示。最初に展示のことを知りギャラリーのサイトを覗いたらタイトル欄には「△」だけがあり、これ文字化けしているよと思った。被写体は作者の同居人だ。すぐ身近にいる人を自宅という日常の中で撮影しているだけに、普通に考えればベタな展開になってしまう。作者は構図が三角形のものが多かったのでそれを記号化したかった、みたいなことを語っていたが、それはある種作者の照れ隠しでもあるような気がした。身近な被写体だけに自分から突き放したものにしたかったのではないだろうか。選ばれたカットは笑った表情がほとんどない。やはり、写真を自分からも被写体からも切り離して、ひとつの作品にしたかったのだと思う。









  




[PR]
by pprivateeye | 2018-04-14 01:50 | Comments(0)

銀座~原宿

f0067724_01584200.jpg


2018年3月13日(火)

◆泉大悟写真展「UNDERCURRENT」、銀座月光荘 画室3
ヨーロッパや東南アジアで撮影されたモノクロ作品。しかし、撮影場所がどこかということはまったく関係なく、作者の感性が捉えた景色が美しくプリントされている。穏やかで、静かな作品だ。これまで同タイトルで展示を行っているがブレのないことがすごいと思う。久しく顔を合わせることのなかった写真仲間に遭遇。彼女もまた変わっていなかった。


◆瀧本幹也展「CROSSOVER」、ラフォーレミュージアム原宿
作者のこれまでの写真制作を振り返るような展示。「GRAPHIC」「COMMERCIAL FILM」「CINEMA」「PERSONAL WORK」の4つのコーナーに分かれていた。最初の3つは仕事による撮影で、四番目が自分の作品となる。面白かったの圧倒的に四番目だ。自分の作品だから作者の世界観が出るのは当然で、地球という大きな存在を人間という立場を維持しながら表現していきたい、というようなことが感じられた。










  




[PR]
by pprivateeye | 2018-03-17 02:17 | Comments(0)

ワークショップ2B、最後の日

f0067724_01353570.jpg
f0067724_01354496.jpg
f0067724_01355476.jpg
f0067724_01360426.jpg
f0067724_01361462.jpg
f0067724_01362274.jpg
f0067724_01363162.jpg
f0067724_01364115.jpg
f0067724_01370191.jpg


2018年3月11日(日)

この日、渡部さんが不必要なで残ったもののガレージセールが行われた。数台の引き伸ばし機などはすぐに売り切れてしまったようだ。ホントに捨てるものが有志の人たちによって整理された。自分がワークショップに通い始めたときからドアに掲示されていたカエルのイラストは、大分色褪せてきているがいままで健在だった。ビルが取り壊しになるため、「2B」という場所がなくなってしまうのは仕方がないことだろう。上記の写真は毎週末、400人前後の人が目にしてきたもの。写真は記録。記録は記憶。










  






[PR]
by pprivateeye | 2018-03-17 01:50 | Comments(0)

中野~御茶ノ水

f0067724_01101539.jpg


2018年3月6日(火)

◆山下恒夫写真展「Fragments of Journey 1993-1997」、ギャラリー冬青
作者がヨーロッパを旅したときのモノクロの作品。キャプションがよかったので引用。
・・・パリを撮りながらパリについて何か情報を伝えようとしているわけではないし、そもそも情報という要素を無視しているような写真だった。・・・

・・・しかし旅をして現像とプリントを繰り返しているうちに写真に必要なことと不必要なことがわかりかけてきた気がする。・・・
前段の写真は白岡さんの作品について。山下さんも白岡さんも自分のモノクロ写真を判断するうえでの基準になっているような気がする。もう一度訪れて、必要なこと不必要なことについて伺ってみたいと思う。


◆岡崎正人写真展「ETUDE 北国のための習作」、gallery bauhaus
大判カメラで冬の北海道の海岸をモノクロで撮影。時間や季節の厳しさを超えて、美しい作品だ。











  






[PR]
by pprivateeye | 2018-03-17 01:34 | Comments(0)

自分の風景、ということ

f0067724_22511309.jpg


2018年2月27日(火)

◆東京銀塩写真クラブ、銀座松屋「世界の中古カメラ市」
写真家田村彰英さんが主宰する写真クラブの展示。モノクロの作品。好きなトーンの作品が多かったが、濃厚なトーンの畑の写真が好み。
当然だがこの後、各店の中古カメラを見学する(←全然購入する気なしw)。最終日なのでどんなカメラが売れたのかわかる。中判カメラはほとんど目にしなかった。コンパクトカメラも少ない。知り合いのカメラ店の人曰く「コンタックスバブル」だそうで、コンタクスT3Blackが19万と目をむくような価格が付いていた。つまり、売れていないわけだが、それだけの値付けがされるくらいには人気があるということになる。だってハッセルの標準セットが12万くらいだからショックが大きいよ。


◆久光菜津実写真展「その森で観てきたものの全てあるいは一部」、TOTEM POLE
作者はこの3月に造形大を卒業する若い人。いろいろなフォーマットのカメラを使い、
ベタ焼きも含めたいろいろなサイズのプリントで壁から天井にまで展示している。被写体はすべて森。タイトル通りの展示だった。その中で、4×5のネガを複数枚重ねてプリントした作品が面白かった。作者自身の森になっている。


◆池上諭写真展「蜜柑が赤く熟れている時分」、epSITE
コニミノなので何度か作品を見たことがある。カラーで風景やスナップの作品で、今回は愛媛県で蜜柑の収穫を手伝っているときのもの。といっても収穫作業そのものを撮影したものではない。人物は写っておらず、日が傾いた時間に撮影したのだろうか、赤味ががっている。静かな風景で人の気配がなく、見る人によっては怖いと思うかもしれない。フィルムで撮影しスキャンしてデジタルプリントされた作品だが、
残念なのことにスキャンが甘いのか近寄って見ると全体にボンヤリとしていたところだ。ところで帰りに書店で「桜の実の熟する時」(島崎藤村)というタイトルを目にしたが関係あるのだろうか。






  





[PR]
by pprivateeye | 2018-03-17 00:17 | Comments(0)

写真は固まりで見ると楽しさが膨らむ。

f0067724_23374231.jpg


2018年2月14日(水)

◆萩原義弘写真展「窓」、Gallery Nayuta
雪の「SNOWY」と炭鉱の「巨幹残栄」の2つのシリーズから窓をモチーフした作品。炭鉱のシリーズからは20年以上経って初めて焼いたものとのこと。小さなギャラリーだが、六つ切りの印画紙にプリントされたスクエアのイメージは落ち着いた印象でいい。これまでSNOWYシリーズは大きなプリントだけだったが、雪の柔らかい感じが小さなプリントにも合っているので、これからも焼いていきたいとのことだった。実際の暗室作業のことも尋ねたが、特別なことをやっているわけではなく、基本に忠実に丁寧にやることが大事のようだ。フィルターも2号程度とのことで、中庸ということも重要かもしれない。


◆野村佐紀子、十代目松本幸四郎襲名披露記念写真展「残夢」、AKIO NAGASAWA Gallery
七代目市川染五郎が今年1月に十代目松本幸四郎を襲名し、それを記念に市川染五郎の舞台や舞台裏を17年間にわたって撮影して写真がまとめられて写真集となった。ギャラリーでの写真の展示は6点ほどで、メインは絹の黒地に金、銀で表現された押隈だ。押隈(おしくま)とは歌舞伎の化粧を直接布や紙などに写し取ったもののことで、演技を終えてからの化粧落としの余禄といえる。ただしこの展示では「こんな隈取りをしてみたい」との松本幸四郎氏の想いが込められた創作押隈となる。


◆渡邊耕一 展「Moving Plants」、SHISEIDO GALLERY
イタドリという植物は東アジア原産で、200年前シーボルトによって園芸用として持ち出されたものが繁殖力の強さから世界各地に広まっている。その土地の生態系を変えてしまうほどで、ウィキペディアによれば「世界の侵略的外来種ワースト100」選定種となっている。これを読んで笑いそうになったのだが、イタドリは子供の頃、川原などで遊んでいるときに折って食べたりしたことがあるからだ。味噌汁の具にもなっていた。そんな草が写真で見ると非常に大きくなり、また世界各地に繁殖しているということに驚く。で、面白いのはこの写真は植物学者のものではなく、写真作家によるものということ。作者は植物もテーマにその裏にある歴史を作品にしているようだ。


◆鈴木美保写真展「夢見草」、蒼穹舎
作者の実家のある喜多方地方をカラーで撮影。芳名帳のあるところから時計回りに見て行ったのだが、最初ちょっとコントラストが強いなあと思いながら見ていた。入口左の壁のにある黄葉の写真から隣の壁の雪の写真に移ったときにはちょっとした驚きがあった。壁が変わるとともに場面も大きく変わっていた。それは気持ちのいいものだった。たぶん同じ平面にこの二つの作品を並べてたら無理があったかもしれない。しかしここでは壁が変わることでアクセントが生じて驚きが季節の流れとつながったといえそうだ。水田に続いて男性が踏切に立っているところの流れもよかった。全体では雪の写真が二ヵ所にあり、2年の季節の移ろいを感じさせてくれる(この2年、複数年というのは並びに重要な気がする)。写真は田舎の風景であり特別なものが写っているわけではないのだが、写真の並びが季節の変化に沿っているので自然と何度も見てしまう。あ、ちょっと桜の写真が多いような気がしたw







  



[PR]
by pprivateeye | 2018-02-15 17:23 | Comments(0)

山田風太郎の明治の人物

f0067724_23362110.jpg


2018年2月9日(金)

◆明治150年記念「幕末・明治の古写真 明治を築いた人々」、JCIIフォトサロン
この写真展に興味を持ったのは現在読んでいる山田風太郎明治小説全集(ちくま文庫)のためだ。小説のための副教材と言っていいかもしれない。山田風太郎の小説は、事実はそのままにして隙間を埋める作者の想像がとんでもない世界を創っている。そうであったかもしれない、そうであったらこんなに面白い小説になる、という虚構の最たるものだ。
全14巻の中で(まだ全部を読み終えていないが)印象が強いのが川路利良だ。警視庁の初代大警視だ。いくつかの小説に出てきて鋭利な人物という印象だが、この展示での写真を見ると意外に人なつっこい顔をしている。またその写真自体も全体のなかでもいい写真だ。他の人物写真が無表情でつくったような写真だが、川路の写真を表情があり生きているという感じがする。この他では陸奥宗光が興味深かった。小説では浮沈の激しい経歴でシャープな人物として描かれている。写真ではそのシャープな面に老獪さが加わったように思えた。
上記の写真はサンフランシスコでの岩倉使節団。写真左から木戸孝允、山口尚芳、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通。岩倉使節団は当時の政府首脳たちを中心に、使節46名、随員18名、留学生43名という大人数で米国や欧州を1年9ヵ月もかけて視察したもの。その模様は岩波文庫の『米欧回覧実記』で読むことができる。







  




[PR]
by pprivateeye | 2018-02-14 23:37 | Comments(0)

渋谷~中目黒

f0067724_23345524.jpg


2018年1月26日(金)

◆戸田真琴×福島裕二写真展、ルデコ 4,5F
700枚にもおよぶ展示は圧巻だが、レタッチなしとなればカメラマンの技術が伺えてしまわないかと思う。大伸ばし、A4サイズ、ポラロイドと見比べると、ポラロイドの一回限りの写真に興味がいく。これだけの数の展示でもポートレートと割り切って見ると、1枚だけという思いを強くした。同じモデルで違うポートレートというのは年という時間をかけて出来上がるものではないかな。

◆Exhibition「Baum! vol.0 記憶の輪郭」、ルデコ 3F
山市直佑、小須田翔、神田開主、斎藤小弥太、奥初起
新しく「Baum!」という写真グループを結成してそのお披露目の展示。写真グループが実際の作品制作に対してどんな意味を持ってくるのかよくわからないが、若い写真家が作品発表を行っていくという意欲に期待したい。この五人の中で名前を知っているのは神田さんと斎藤さんの二人だけで、作品をじっくりと見たのは神田さんだけだ。そのせいというわけでもないが神田さんの35mmでの作品がよかった。特にDMにも使われている朽ちたバスの写真はここへ撮りに行きたいと思った。

◆尾仲浩二写真展「Slow Boat」、POETIC SCAPE
昨年12月から始まった展示の後半。作品は今回の写真展のために新たにプリントされたものとのことだが、写真集の印象からするとコントラストは高めのように思えた。







  




[PR]
by pprivateeye | 2018-02-14 23:35 | Comments(0)

生賴範義 展

f0067724_23450874.jpg


2018年1月22日(月)

天気予報ではかなりの雪が降るというなか、上野の森美術館へ「生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR」を見に行った。月曜日は開館している美術館やギャラリーは少ないがここは会期中無休なことや、雪で客足が少ないだろうとの思惑で出かけた。生賴範義(おうらいのりよし)の名前は熱心なSFファンだとどこかで目にしていると思う。小松左京や平井和正のハヤカワ文庫の表紙イラストをほとんど手掛けている。他に有名なところではゴジラやスターウォーズの映画のポスターも描いている。あるいは戦国武将や戦後日本の政治家のペン画は新聞広告で見かけているかもしれない。展示はこれらのポスターや書影と、その原画が中心。表紙イラスト手がけた実際の本を立てかけて上に大きく展示した「生賴タワー」は圧巻だった。それらの本はほとんど絶版になっているものだ。また、その原稿となった作品は大きなものが多くて驚いた。イラストの原画というとせいぜいA3サイズくらいを思い浮かべるが、展示されているものはA0サイズ前後が多く、アクリル絵の具でリアルに描かれていた。「SFアドベンチャー」の表紙の連作は下書きもいっしょに展示されていたが、バランスやデッサンの正確さのためにマトリックスを引いてから描かれていた。それが細部まで描き込まれ、しかも本番ではそれをさらに細かく修正しながら完成にもっていっている。最後に絶筆となった書きかけの作品が展示されいた。
・生賴範義(おうらい のりよし)1935.11.17 - 2015.10.27(満79歳没)

生賴展を見終えて外に出ようとしたら玄関左側でも何か展示をやっているようだったので覗いて見た。

◆粂原愛 個展「うたかたの庭」、上野の森美術館ギャラリー
日本画の展示だった。梅の花をモチーフに、縦長の画面を複数枚組み合わせたもの。紅梅の赤が鮮やかだった。離れて見ていると確かに梅の木や花なのだが、ある距離まで近づくと一気に抽象画のように変化して形が見えなくなってしまう。その不思議な感覚が面白かった。大きな作品が7~8点あるのだが、それが全部昨年一年間に制作されたもので驚いた。入口でカウントを取っている人が最初、美術館のスタッフかと思っていたがどうも作家自身のような気がしたので尋ねたら果たしてそうだったので、上記のような感想を述べてギャラリーを出た。


美術館の外はもう十分に白い世界となっていた。雪の上野の森を撮る人は他にも何人か見かけて、自分と同じような人がいるんだなと思った。せっかくなので雪景色の中のロダンの彫刻を見ようと思ったのだが、西洋美術館は月曜が休館日でゲートが閉まっていた。遠くから「カレーの市民」の後ろ姿を撮影。雪が降ってきたのでもう帰ろうぜと話しているようにも見える(by Katsurayama)。下の写真はモノクロみたいだけど全部カラーです。


f0067724_23460887.jpg
f0067724_23461572.jpg
f0067724_23462103.jpg
f0067724_23462679.jpg
f0067724_23463251.jpg

  











  



[PR]
by pprivateeye | 2018-01-30 00:13 | Comments(0)