人気ブログランキング |

Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

書店とアート雑貨と写真展

昼休みに丸善・日本橋店で、森山大道「SOLITUDE DE L'OEIL 眼の孤独」を見る。
フランスから同題名の写真集が刊行され、世界限定40部、¥976,500! これを購入するコレクターがいるのだろうな。
写真集発売に合わせた展示。四つ切のカラープリント。
横須賀とか新橋とかの飲み屋街、風俗街を撮ったもの。タイトルの「孤独」がわかるような気がする。以前に見たことがあるようなものもいくつかあった。
ポスターも販売されていて、B1の大きさで¥10,500!

井上武彦「白玉粉、プラチナプリント展」を恵比寿のlimArtへ見に行く。
伝説のレンズ「ハイペルゴン75㎜/F22」で撮られた8×10。独自の乳剤を使ってのプリント。しかも撮影は20年前。
水につけたりプレスしたりといった紙の加工によるプリントの違いも説明してもらう。カメラやレンズのこと、写真を撮ること、プリントすることが大好きというのが伝わってくる。師匠が書いているように、井上さんの授業なら聞いてみたいと思う。
芳名帳に記入するのが付けペン(Gペン?)というのもよかった。
limArtでは、Josef Sudekのパノラマ写真集「Sad Landscape」があった。

f0067724_22375015.jpg

f0067724_22371130.jpg
f0067724_22371856.jpg
f0067724_22372315.jpg
f0067724_22373047.jpg

Now Listening : Neil Young / Weld
by pprivateeye | 2007-05-17 22:38 | Comments(4)
Commented by Lolomo at 2007-05-18 12:13 x
今回のはどれも縦位置での撮影をしそうな写真ですが、横で撮影されている所に興味を持ちました。多分視線の移動が途中で切られる体と思いますが、緊張感があって良いですね。
Commented by pprivateeye at 2007-05-18 13:12
ありがとうございます。
タテ・ヨコの関係ですが、以前はフィルムにしてもデジタルにしてもけっこうタテ位置が多かったのですが、最近はヨコ位置がほとんどになりました。
タテ位置ではまとめるのが難しいと感じることが多くなったためのようです。
Commented by blue_monotone at 2007-05-18 16:17
今回のお写真は、
上を見ている。
斜めから見ている。
その視線のありようが効果的ですね。

Josef Sudekは、私の好きな写真家の一人です。
Commented by pprivateeye at 2007-05-18 21:50
blue_monotone さん
最近意識しているのはカメラをできるだけ真っ直ぐに構えるということです。
ですから効果的な視線とかは考えていないのですが、撮りたいと思ったものによっては上向きになったりします。