Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

濃厚で、妖しい

P.G.I.へ「ウィン・バロック作品展」を見に行く。
f0067724_22521275.jpg
1Fにアンセル・アダムスとイモジン・カニンガムが展示してあり、2Fにウィン・バロックだった。
8×10の密着プリントは濃厚で、黒がきれいだ。妖しい雰囲気が漂っている。特に1950年代に撮られた森のシリーズがいい。光りがあたっているところよりも、日陰のところが本当の世界なんだよ、と言っているみたいだ。
価格表があり、裸の女の子が森の草にうつぶせになっている「Child in Forest」という有名な写真はもっとも高くて¥2,520,000なり。同じ価格のものがもう一点。霧の丘と葉を落とした木と雲間から太陽が覗いている、魔女が出てきそうな幻想的な、「Stark Tree」と名付けられた作品。
「Christmas at Sandy's」と題された作品は、かまどの上に黒猫がいて、いろんな細かいもの、缶やフライパンやバケツなどがくっきりと見えて飽きさせない。
女性が裸で森の中に横たわっている2つの作品は、ほとんど同じ場面なのにプリントの具合が違っていて面白い。
「Bush,Mud and Fence」は、逆行の泥沼を写していて、黒が美しい。Sぢえさんの好きそうな作品だ。

1Fのアンセル・アダムスはやはりプリントがすばらしい。雪のハーフドームなどは見とれてしまう。
イモジン・カニンガムは写真家のポートレートだが、これが面白い。アルフレッド・スティーグリッツは学者みたいだし、アンセル・アダムスの曲がった高い鼻を見るとああやっぱり嫌なヤツと思う。エドワード・ウェストンは見た目も頭でっかちだし、マン・レイは町工場の親父か中学校の化学の先生だ。アウグスト・ザンダーとウィン・バロックが似ていて、町の紳士という感じ。
f0067724_22522973.jpg
f0067724_2252396.jpg
f0067724_2252499.jpg
f0067724_22525952.jpg

Now Listening : Jimi Hendrix / Blues
[PR]
by pprivateeye | 2007-05-15 22:56 | Comments(2)
Commented by さるぢえ at 2007-05-16 21:47 x
PGIの展示チェックし忘れていたよ。とりあえずイモジン・カニンガムは大好きなので見に行かなくちゃ。上から3番目の写真好きです。
Commented by pprivateeye at 2007-05-16 23:20
ウィン・バロック展、ぜひどうぞ。
最近、銀塩は写らないことの良さみたいなことが言われますが、とんでもない、8×10のみっちり感を見たらそんなことは言えません。
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31