Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

良い流れの一日だった。

f0067724_21031484.jpg


2018年11月28日(水)

最近、iPhoneの充電状況が思わしくないないので銀座のアップルストアへ行く。充電しようとケーブルを差し込むのだが充電が始まらない。そのままにしておくと放電していしまうので、ケーブルの差し込み方を変えたりiPhoneの持ち方を変えたりして偶然にも充電が始まるのを期待する他なかった。アップルストアでは最初、具合を見た人はハードの故障ですかねと言っていたが、改めて別の人が点検すると充電ケーブルが奥まできっちりと差し込めないのを見て、たぶんホコリが詰まっているのでしょうと言って清掃をしに行った。戻ってきたiPhoneは何の抵抗もなくすんなりと充電が始まった。念のためにバッテリーの状況も確認してもらって、90%の状態でまだまだ十分使えますとのことだった。バッテリーの交換が必要なればいまの機種が5Sなので高くつきそうだし、最悪、新製品の機種に乗り換える必要があるかなと思っていただけにこれはラッキーだった。今回の費用はゼロで済んだ。目出度し目出度し。


◆藤﨑陽一写真展「MONUMENT」、銀座ニコンサロン
モノクロの夜景。しかし、これまでに見た夜景とは違って新鮮に見えた。作品全体に人の気配がまったくなく、住宅を撮影した作品ではまるで模型を撮影したような印象だった。最初にニコンサロンのサイトで展示案内を見たとき上のDMの写真があがっていたのだが、ああ模型を作って撮影している人だなと思ったくらいだ。ドイツの写真家トーマス・デマンドは政治的社会的事件の起きた現場を紙で再構築しそれを撮影して作品をつくっているが、ここで見たのはその真逆のように思えた。実際の街中を撮影しているのに、人工的なウソのような光りで人や車などの動くものがあるようには思われず、のっぺり感が前面に出てくる。作品によってはピントが合っていないものもあった。それは意識的なのかどうか、三脚を使っているのか、カメラ(たぶんデジタル)は、レンズは、撮影の時間帯は、場所の選択はetc.、いろいろ作者に尋ねてみたいことがあったのだが、本業が革職人とのことでギャラリーに詰められないようだ。久しぶりに真似をしたくなるような作品だった。


気分よく新宿へ行き、Bookoffでは運よくスタニスワフ・レム『虚数』をゲットすることができた。










  




by pprivateeye | 2018-11-30 21:03 | Comments(0)