Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

マリリン・モンローのニコンF

f0067724_02370967.jpg


2018年2月21日(水)

楽天地シネマズ錦糸町で「バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版」を観る。<午前十時の映画祭8>
この映画を観るのは2回目だ。4年前に観た感想をここに書いているが、ブレンダの怒りや警官の知性など、笑ってしまうくらい今回観た感想も同じだった。付け加えるとすればジャスミンもブレンダも亭主がいいかげんなこと。特にブレンダの亭主サルは尻にひかれてかわいそうなくらいで、追い出されても遠くからブレンダを見ているのはイジラシイ。コーヒーに関してはアメリカン、つまり薄いコーヒーを揶揄しているようで面白い(この映画は西ドイツの制作)。映画としてはブレンダが怒りまくっている前半がいい。後半になるとちょっとハッピーエンド過ぎるなあ。サルもマジック・ショウの場の隅にいるのだが、まだ不安な表情をしていて笑える。


◆monochrome XVI 展「Landscape」、gallery E・M 西麻布
恒例のグループ展。46名もの大人数だがその中では織作峰子さんの作品が目に留まった。豪雪地帯の雪の降る日を撮影したもので、雪という天候の重苦しさを強く感じた。そんなことをギャラリーの竹内さんと話していたら、この写真展のディレクターの永嶋さんがこの作品の凄さを詳しく解説してくれた。雪の日の露出は難しい。それにこの作品のトーンはプリントも難しいとのことだった。原直久さんの8×10からの大伸ばしの作品はいつも見入ってしまう。


◆森山大道写真展「記録35+36号」、AKIO NAGASAWA Gallery Aoyama
銀座についで青山にもAKIO NAGASAWA Galleryができた。骨董通りから少し入ったビルの2F。今回の森山大道展がオープニングのようだ。森山さんが刊行を続けている「記録」からの展示。大伸ばしの作品と、16×20のフレームに入れ固めて展示の二種類。その固まりも横位置、縦位置それぞれがまとめられていて、ある意味機械的なものだった。今回はその固まりがなぜか気になって何度も見直していた。


上記の写真はニコン100周年記念の地下鉄の中吊り広告だ。この写真をSNSにアップしたら写真仲間から巻き戻しクランクが立ってるけどなぜ?と連絡があった。最初は広告の折り目の反射かと思ったのだが、ニコンのサイトを見てなるほどと思った。そこにはこう書かれている。
「マリリン・モンロー/最後のポーズ」として知られることとなったそのセッションの中で、
マリリン・モンローはバートの愛機であるニコンのカメラを横取りし、
無邪気で愛嬌たっぷりの姿も見せている。
カメラマンはバート・スターン。この一文から撮影が終わりフィルムを取り出されたカメラをモンローが持っている、と想像できる。同じようにクランクの立ったニコンFを持った別ポーズの写真が検索で見つかるので、そのまま別のカメラで撮影したようだ。

追記:別のカメラはハッセルブラッドだった。








  




[PR]
by pprivateeye | 2018-02-26 02:37 | 映画 | Comments(0)