Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

モノクロの日

f0067724_01094577.jpg


2017年9月9日(土)

・谷口能隆写真展「Dead End/十間坂」、銀座ニコンサロン
モノクロでスクエアのスナップ。場所は小樽市手宮地区。カメラはハッセル、ローライフレックス、リコーのデジカメといろいろだが、ていねいに撮られ、きれいなプリントだった。そのため印画紙の違いも気にならなかった。望遠レンズでの撮影が多いような印象。祭事の模様よりも普段の街の様子のほうがよかった。

・宛超凡(Wan Chaofan)写真展「満ち来る潮Ⅱ」、TOTEM POLE PHOTO GALLERY
35mmのモノクロ、スナップ。作者は少し前にPlace Mで西武線沿線の写真を展示していた人だ。このときはドキュメント、記録で、今回の展示は作者の心の中の世界だそうだ。場所は日本、中国が混在していて、全体に暗く重い印象だった。

・小林正秀写真展「土を踏む」、ギャラリー蒼穹舎
モノクロ、デジタル。作者の実家(岡山)付近の風景など。この1年間くらいの撮影。考えて、ていねいに撮られている。35mmくらいの画角で、画面中央に何かがあるようだ。実際にモノが写っていることもあれば、何もないけれど気配がある、という感じがした。そのあたりは作者も意識して撮影しているらしい。実家付近は、これまでは撮るのを避けていたが祖母が亡くなったこともあり、今では残しておかなくてはと思って撮っているとのこと。









    




[PR]
by pprivateeye | 2017-09-20 01:11 | Comments(0)