Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

今日は日比谷線

f0067724_23543240.jpg


2016年10月15日(土)

・達川清 展「HYSTERIC GLAMOUR 1988-1989」、POETIC SCAPE
ギャラリーから出たときに達川さんと会い、少し話す。モデルはほとんど素人でまだ大人になりきれていない、モヤモヤとしたものを表してくれた、とのこと。彼らや彼女の無表情というか突っ張った顔がいい。撮影も結構ゲリラっぽいやり方だったらしい。

・菅原一剛写真展「SAKHALIN 第二部」、FUJIFILM GALLERY X
人物のポートレートのピントが気になった。犬の瞳のほうがシャープだった。明るさや距離の問題だろうか。

・奈良原一高写真展「ヴェネツィアの夜」、Taka Ishii Gallery P/F
1985年に出た同題の写真集からの作品。夜という視界が限られた世界だからだろうか、おお、これがヴェネチアか、といった感慨は薄かった。舞台装置のように見えてしまった。

・北井一夫写真展「津軽 下北」、ZEN FOTO GALLERY
ヴィンテージプリント展と謳っているように、1970年代前半に撮影・プリントされたもの。プリントによっては印画紙が茶色くなっているので、北井さんに定着の違いか尋ねたら笑いながら、保存の仕方だよ。積み重ねてそのままだったものもあって湿気の関係で変色したの。だって40年後に展示するなんて考えてないよ、とのこと。写真集も制作されていて、いい印刷だなと思って見ていたら、お値段もとんでもないものだった。展示のプリントと写真集を比べると、展示のほうがコントラストが高いというか黒がかなりつぶれている。写真集ではその黒の中が見える。印刷は新しいプリントとのこと。

・本間寛写真展「respiration」、gallery E・M 西麻布
1990年代初めにパリで暮らしていたときに友人たちを撮影したもの。わかる人が見れば服装とかで時代が推測できるのかもしれないが、写真は全然時代を感じさせないものだった。仕事ではなく、自分のために撮っているからだろうか。必ずしもモデルになった人たちが笑っているわけではないが、彼らや彼女らとの楽しそうな、いい関係が感じられた。作者は2年ほど前に表参道で湿版写真の展示をやっていた人だった。




  
[PR]
by pprivateeye | 2016-10-30 00:25 | Comments(0)