人気ブログランキング |

Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

ひまわり

f0067724_3019100.jpg


2015年9月23日(水)秋分の日

・佐藤悦子写真展「Room」、みうらじろうギャラリー
箱で室内を作り、椅子やベッドの模型を置いて撮影するというコンセプチュアルな作品。主役は紐状の変化する影だ。それはあたかも作者の情念のようにも思える。室内を覗き見しているという設定なのだが、椅子などがすべて正面を向いているのが気になった。また、見方によってはユーモラスな壁紙もどうだろう、あるいは何もない壁のほうがより非現実的になったかもしれない。

・塚田信之写真展「静かな雑踏Ⅶ」、ギャラリー蒼穹舎
最初の頃から比べると撮り方が自然になってきている。いろいろなアングルから撮るのではなく、普通に街中を歩いているときの視線に近い。いつものようにワークプリントの段階でも見ているが、展示された作品はワークプリントよりもまろやかな印象を受けた。それは心地よいものだ。

・企画展「増山たづ子 ミナオシマイのあとに」、photographers' gallery
IZU PHOTOでの展示は見ることができなかったので、この企画はありがたい。ここには本来の「写真」がある。日常を記録しそれを後々分かち合う。そこには撮った人の人柄まで残されている。

・KAGAYA写真展「星月夜への招待」、コニカミノルタプラザ・ギャラリーA
キラウエア火山の火口の写真には驚いた。レンズが15mmと書かれていたので随分近くまで寄ったのだなと思っていたら、とんでもない。火口は何百メートルもあり、撮影場所も数キロ離れているとのこと。大気圏に突入して燃えるはやぶさ、太陽に落ちていく彗星、月明りに色づく雲と船などがよかった。

・「ハッブル宇宙望遠鏡25周年 時空を超える銀河の旅」、コニカミノルタプラザ・ギャラリーB・C
SFファンならぜひ見ておきたい。夜空に見えるのは星(恒星、太陽)というよりは銀河系(=星団)だ。宇宙の大きさは理論的には930億光年とのこと。こんなに広いところに知的生命が地球だけということはないはずだ。きっとソラリスもあればスターウォーズの世界もあるだろう。
by pprivateeye | 2015-09-29 04:07 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30