Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

木場

f0067724_35192.jpg


6月21日(日)

東京都現代美術館に「山口小夜子展」を見に行く。が、週末でしかも会期終了近くなのでチケットを購入する人がズラッと並んでいた。これだと会場内は人が多くてゆっくり見れないだろうなと思い、カタログを見ていたら見なくてもいいやと日和ってしまった。


・フジモリメグミ写真展「iris」、TAP Gallery
少し前に新宿ニコンサロンでも展示をしており、ペースが速い。そのせいか以前にこのギャラリーで見たことがあるような作品もあった。カラー作品だが記憶にあるよりも淡い感じのものが多かった。

・縣美千子・岩城文雄・安井みゆき三人展「Zがたりない」、grill gallery
縣さんと安井さんがカラーで、岩城さんがモノクロ。三人それぞれにタイトルがついている。縣さんが「忘れたくない」で、花とお父さんの後姿を組み合わせた展示がよかった。安井さんが「ふれる」で、アルルに行ったとき知り合いになった人とその風景を撮影。台所がいい。岩城さんが「傍にある」で、三人の中では一番印象に残った。点数が多いこともあるし、作品自体が自分のパートナーを撮っているので集中感があった。フォーマットも複数混ざっているのだが壁をうまく使ってまとまった展示となっている。
この日はパーティがあり、写真仲間が大勢集まる。上の写真は、その中の一人がポラロイドで撮影、独特の質感が気持ちいい。
[PR]
by pprivateeye | 2015-06-24 02:27 | Comments(0)