Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

RXⅡのミラーずれ、修理に出す。

f0067724_17181060.jpg


2月7日(土)

CONTAXを専門に扱っているカメラの極楽堂に初めて行った。RXⅡがミラーずれしてしまったからだ。ネットで検索すると自分でやっている人もいるようだが、実際にやってみてミラーがパキッとなってはどうしようもないので修理に出すことは決めていた。ここで購入したわけではないのでそこそこの費用は掛かるだろうと予想はしていたが、その金額を聞いて大いに迷ってしまった。店内にあるRXⅡの在庫などを眺めながらしばらく考えて、結局修理を依頼することにした。好きなカメラなのでもっと使っていきたい。


・山下達哉写真展「Decontamination ―(除染)」、Guardian Garden
放射能汚染の場所では表土を取り除く作業が行われている。作者もそれをなぞるように自分で土を掘り起こし再びそれを平らにしていく。地層は時間の積み重ねであり、一瞬を記録する写真もまた地層に似ている。その一枚の前には膨大な時間が経過してきた。というような「1_WALL」展では珍しい、コンセプテュアルな展示だった。

・須田一政写真展「釜ヶ崎」、ZEN FOTO GALLERY
釜ヶ崎を撮ってほしいという依頼によるものと、2000年に撮られた作品。釜ヶ崎はいまでも撮影が憚れる場所なのでモデル撮影を装って撮られた。須田さんの言葉によれば「覗きたい」という意識が強いようだ。釜ヶ崎での詳しい話はここに掲載されている。

・小平雅尋写真展「他なるもの」、Taka Ishii P/F
モノクロのスナップ。心象風景ということでいいのだろうか。ギャラリーのプレスリリースには、世界と人との関係性を「偶然」という感覚をまとめた、というようなことが書かれている。

・水谷吉法写真展「COLORS / TOKYO PARROTS」、IMA CONCEPTSTORE
タイトルにあるように色に惹かれたということか。大量発生したインコはある意味では非日常の風景だ。


AXISビルを出て飯倉片町方面に向かうと、交差点のところで機動隊が結構厳しい警戒をしていた。それまでに近くのフェラーリや東京タワーを撮っていたので、「先ほどから写真を撮ってらっしゃいますが、観光ですか?」と二度も尋ねられた。この先にはロシア大使館があるが、何かあるのだろうか。
[PR]
by pprivateeye | 2015-02-12 17:32 | Comments(0)