Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

TOKYO PHOTO 2014

f0067724_23404158.jpg

10月4日(土)

今年で6回目の「国際フォトグラフィー・ショー」、多くの人が指摘しているように残念な内容だった。過去5回とも見ているのだが、今回が一番規模の小さなものとなってしまった。参加ギャラリーよりの企画展のほうが目立っていた。その分だけ熱気も弱かったということになる。

その企画展だが、「日本の写真って何ですか?」は歴代の日本の写真家・アーティストをフィーチャーしたものらしいが、どんな基準で選ばれていたのかよく分からなかった。
また、照明がよくないために全般にプリントが見づらかった。

そんな中で気になったのは斎木克裕、尾仲浩二、柴田敏雄、北井一夫というところか。
斎木さんは初めて聞く名前だが、作品はニューヨークのカラーのスナップ。あまり見かけないNYCだった。
尾仲さんは写真集「twin boat」から7点+1点。モノクロの小全紙と、最近の尾仲さんではあまり見かけない内容だ。
柴田さんは4×5のカラーのベタ。8点ともタテ位置で、ダムや堰の水の流れだけを撮っており、ミニマムな印象がこれまで見てきた大きなプリントとは違った感じでよかった。
北井さんは「フランス放浪」。カラーで10点。やや退色しているのがいい感じ。
[PR]
by pprivateeye | 2014-10-10 23:58 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30