Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

当事者が一番考えている。

f0067724_2245369.jpg


7月25日(金)

・前迫美紀子写真展「溢れひたす闇に」、Gallery +PLUS
写真仲間の展示。並びを変えたとのことで、2回目。吊るしたフレームがぴったりとくっつくようにワイヤーを交差させることを思い付いたのは本人らしいが、それを聞いてやはり当事者が一番考えていると思った。緊張感のある作品および展示だった。


・大橋英児写真展「Roadside Lights Ⅱ」、新宿ニコンサロン
モノクロで自動販売機の明かりを撮影。今回は二度目の展示で、雪の中でのものが中心。次回は被災地でのものを考えているとのこと。自動販売機の存在自体が日本的で、今回の東北の被災地では一種のインフラの役目も果たしたらしい。ハッセルとマミヤRBで撮影。きれいなプリントだった。


・石田榮写真展「明日への希望を求めて働く ――半世紀前の証――」、新宿ニコンサロンbis
昭和28~35年の高知県を撮影。海岸での漁、石灰石の切り出しなど。約60年前の地方だが、印象は今とほとんど変わらない。着ているものや背景などどれも同じ東アジアとはいえ中国や韓国とは異なる。いかにも日本的だ。表情もそうかもしれない。



ギャラリー冬青で展示中の渡邉博史さんと、冬青社社長の高橋さんとのトークショーに参加。
今回の作品は、渡邉さんに子供が生まれ大きなカメラを持ち歩けなくなったことからデジタルカメラを使うようになった。子供も含めて目に留ったものを撮影したもので、その意味ではプライベートな写真だ。チョウやバッタ、鳥など死や死を連想させるものが多く写っているのは結果としてそうなった。子供も成長したので、この写真はもうやらないと思う。わからないときが一番面白い。そのときが一番写真が撮れる。写真を撮ることでわかってくると次第に興味が薄れ、その後は作品としてまとめて提示するだけ。マーケットは考えないと言えば嘘になるが、実際売れるかどうかはわからない。戦後すぐの日本で俳句第二芸術論があったが、写真もそうではないかと思ったりしている。プロの作品とアマチュアのものとを一緒にして区別できるかどうかわからない。音楽を考えると、オペラ歌手は完璧な技術を求められる。一方でシンガーソングライターはオペラ歌手に比べれば歌唱力などは到底及ばない。しかし、彼らは自分自身をさらけ出して歌っている。それは写真家にも当てはまるのではないか。etc.
[PR]
by pprivateeye | 2014-07-31 23:47 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30