Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

写真から見えるもの

f0067724_433745.jpg


6月21日(土)

・「石元泰博 生誕93年記念展」、インスタイル・フォトグラフィーセンター
いろいろな人が所蔵している石元さんの作品を借りての展示が中心。その中に同じ作品が一つだけあったが、焼きの濃さ、トリミングが少しだけ異なっていた。ポートレートでは三好耕三さんが16×20インチの大判で撮影したものが興味深かった。P.G.I.での石元泰博追悼展の際にVTRでそのときの撮影の様子が放映されていた。道路でペシャンコになった空き缶を撮ったシリーズで、印画紙をくしゃくしゃにしたものが展示されていた。あざといともいえそうだが、印画紙の光沢感もあって不思議なリアリティがあった。他では、石元さんの撮影の様子を撮ったものも少しあった。

・永嶋勝美写真展「散歩の途中で・・・Ⅶ "Souvenir"」、gallery E・M 西麻布
20年近く前に撮影したポジ・フィルムをデジタルカメラで複写してDGSMプリントした作品。スキャンでは拾えない情報も残っているとのこと。コントラストはあるけれど柔らかい、全体にふっくらとした印象。それがヨーロッパの街並みと調和している。

・「Photo Nico」、ギャラリー・ルデコ
DMには「オークション形式で作品が買える、100人の巨大グループ展」とある。たしかにルデコ・ビルの1~6Fまで全フロアに展示されていた。しかし、それほど大人数との印象はなかった。というのは多くの作品がポストカードのような写真で、結構似たもの、ムード先行といったものが大半を占めていたからだ。その中で以前に別のギャラリーで見た作品があった。その作者の名前や顔はFBでよく目にしており、あ、この人があの作品の作者なのだと、ようやく合点がいった。

・吉江淳写真展「遠くに山が見える」、蒼穹舎
茨城など北関東の街や風景を撮ったカラー作品。地方都市というタイトルで何度か見た記憶がある。あえて人を入れていないのか、もともと人が少ないのか、その風景にほとんど人物は写っていない。加えてややマゼンタの強いプリントは郷愁を誘うようだ。
[PR]
by pprivateeye | 2014-06-25 03:44 | Comments(0)