Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

日比谷線

f0067724_0134893.jpg


5月7日(水)

・富谷昌子写真展「津軽」、POST
モノクロのスクエア。誰かがハッセルとか言っていたな。白い瓦礫の上にカラスがとまっているカットが好み。ギャラリーの光りの加減だけではないと思うが、トーンにバラつきがあった。以前にツァイトで見た作家だった。そのときよりも普通のプリントだった。

・竹田梨眞・地現葉子 ふたり展「Cross Over ~交差する地平~」、インスタイル・フォトグラフィー・センター
竹田さんがカラーで、地現さんがモノクロ。カラーはピントが合っているところがなく、ブレかボケだけ。その意図を尋ねたのだが雰囲気、イメージという答えでいまひとつ明確ではなかった。モノクロは山の道の作品が全体にピントが甘かった。作者不在のため詳しいことはわからず。他にカラス、植物のクローズアップ。六つ切りサイズのスコットランド、イングランドを撮ったものが良かった。

・長濱治写真展「Around the America」、gallery E・M 西麻布
写真集「MY BLUSE ROAD」(1992)からADの人がセレクトしたもの。写真集では米国南部のブルースマンが中心だが、この展示は主に風景で、ずいぶん印象が異なる。他に写真集「猛者の雁首」「ヘルス・エンジェルス」があり、こちらも興味深い。

・尾仲浩二写真展「twin boat」、ZEN FOTO GALLERY
昨年出版された同題の写真集からの展示。自分が目指しているのとは逆方向の、グレーを中心としたトーンで、雑誌に掲載されたときから気になっていた。ただ今回はその好きなイメージがなかったので物足りない印象を持ってしまった。
[PR]
by pprivateeye | 2014-05-12 23:56 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30