人気ブログランキング |

Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

神田川

f0067724_2205589.jpg


3月12日(水)

・親川周平写真展「全部、太陽のせい。沖縄」、GALLERY DRAIN
モノクロ、35mm。作者は沖縄出身のまだ20代の人だ。プリントは滲んだりして不思議な印象。街中の米軍の兵士たちを中心にスナップしているが、それよりも大人の隣にいる子供たちが屈託がなくていい。


お供のカメラはニコンF3だったが、ちょっと期待外れというか、見た目の曲線の柔らかさよりも質実剛健的なカメラだった。意外とシャッター音が大きいし、電源のスイッチが独立しているのは少々わずらわしい。FEの巻き上げレバーを出すことで電源のスイッチが入るのはナイスなアイデアと思うし、ファインダー内のシャッタースピードも追針式のほうがわかりやすい。ということでF3はベンチ入り濃厚な気配。


Akibaヨドバシをうろうろ。
まず有隣堂で本棚をチェック。ちくま新書で『哲学入門』という400ページを越える本が出ている。パラパラと見て、題名に騙されてはいけないと納得。平積みになっていた『数学序説』ちくま学芸文庫を手に取ってみる。いつかゆっくりとこんな本を読んでみたい。数学者の像が並んでいる表紙もいい。1953年に出版とは驚いた。
3Fでフィルムの棚を覗く。T-Max 400は35mmの3本パックもブローニーの5本パックもなかった。T-Maxのブローニー、100と400の価格差は何だろう。印画紙はもう安定供給されているのはイルフォードくらいか。カメラはいじることなく、パソコンのキーボードカバーを買うにとどめた。
by pprivateeye | 2014-03-13 01:58 | Comments(0)