Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

V.S神田写真展

f0067724_219718.jpg


7月22日(月)

神田のすずらん通りにある檜画廊で「V.S神田写真展」を見る。写真家は田中長徳、飯田鉄、中藤毅彦、石川栄二、森田剛一。「神田」というテーマだけで写真展の打ち合わせはなかったとのこと。写真展タイトルは飯田さんの書(?)だ。
チョウートクさんのRCのプリントが興味深かった。アサヒカメラに連載中の原稿なのだが、ロバート・フランクや高梨豊、北井一夫などのオマージュがいい。若い頃のチョートクさんや原稿用紙に手書きのキャプション(?)もある。飯田さんはこれまで発表していなかったものとのこと。鉄柱の上部が真っ黒な影で覆われた作品が好きだ。中藤さんは神田川近辺の夜を撮影。石川さんと森田さんはギャラリー・ニエプスのメンバー。石川さんはチェコの印画紙を使って黄色いプリント。森田さんは現在の神田なのにいつの時代かわからない。ちなみに全員モノクロの作品だ。あまり広いスペースではないが充実した内容だ。
[PR]
by pprivateeye | 2013-07-23 02:45 | Comments(0)