人気ブログランキング |

Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

ん? ローライ会議?

f0067724_22322666.jpg



いわゆるクラシック・カメラ、あるいはソ連・東欧のカメラやレンズ、こういったものに縁がないというか、相性がないというか、そういうことにある日、気付いた。
買っても手元に残らないのだ。
king2という、旧共産圏のカメラやレンズを専門に扱う中古カメラ店が渋谷にあった頃、何度かレンズを買った記憶はある。
しかし、そのレンズがどうなったのかほとんど覚えていない。そのレンズがどんな描写をしたのかもわからない。
すぐに手放してしまったのだと思う。

これと似たケースに二眼レフのカメラがある。
ローライやハッセルのように上から覗き込んで、ファインダーでは左右逆に像が見えるというのも嫌いではない。好きなほうだ。
ハッセルは何本かレンズも買い、二眼レフも多いときには5台あった。

最初に買った二眼レフはミノルタオートコードLだ。ちょうどWSを受講中のときで、ポートレート実習ではこれを使った。
次に買ったのはローライコードⅤだ。このときは『使うローライ』を読んでいた。
その次はフレクサレットⅤ。本当はグレーストライプが美しいⅥが欲しかった。カメラやレンズの記事を毎日のように読んでいて、このカメラのレンズ、ベラー3.5/80mmはローライフレックスのプラナーに匹敵するといった記事に憧れた。
そしてようやくヤフオクでローライフレックス3.5Cを入手する。よく型がわからなかったのだが、『使うローライ』に出ているシリアル番号表から推測する。
この本は何度も読み、作例を見て、プラナーとクセノタールの違い、2.8と3.5はどちらがいいのか、といったことを一生懸命勉強していた。
最後に買ったのがローライフレックス3.5F。ここにきてようやく頂上にたどりついたようだ。ローラーの下を通し、あとは巻きあげていけばフィルム1枚目を感知するという自動ローラーの仕組みなどは感激ものだった。

しかし、二眼レフは旧共産圏のカメラと同じ運命を辿ることになる。
修理に出したり、フードなどの高価なアクセサリーを購入したりしたのだが、現在手元に残っているのはローライフレックス3.5Cの1台だけだ。
この1台も、今日、写真仲間に貸し出した。
by pprivateeye | 2010-08-08 23:00 | Comments(3)
Commented by Tarning at 2010-08-09 10:17 x
Rolleiは常に手元にあります。使わない時も机の上や横で私の事を
見守っています。
祖父のコレクションで大事にし過ぎて使えないカメラが直接私の
下にやって来ました。もう40年も前の事です。以来私の事を見つめ
続けています。後見人なのかも知れません。
時折使うと祖父も喜ぶと思います。
Commented by pprivateeye at 2010-08-09 11:10
Tarning さん
私の場合は父のCanon7ですね。もう写真を撮らなくなったときに譲り受けました。ただ、私自身は小さな頃親に写真を撮られるのを嫌がっていました。
Commented at 2010-08-09 16:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。