Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

GINZA180914

f0067724_04214191.jpg


2018年9月14日(金)

地下鉄メトロは全駅にホームドアを設置する計画を決定しており、銀座駅も設置に伴い内装工事が行われている。ビルの壁などと同様、これまで隠れて見えなかった箇所を目のあたりにするとどこか新鮮さを感じる。抽象絵画っぽくもある。


◆立木義浩写真展「Yesterdays 黒と白の狂詩曲」、CHANEL NEXUS HALL
モノクロのスクエア。フィルムとデジタル、両方が混ざっていそうだ。旅客機が海上を飛んでいる作品にホコリやネガのキズらしきものが見えたので。街のスナップとポートレート。これは好みが分かれる。自分としては風景が好きだな。構図など、スクエアはこうやって撮るんだよという見本にも思える。



◆大野雅人作品展「Cub-jo -カブジョー」、Sony Imaging Gallery
カブジョとはHONDA Cubに乗って通学している種子島の女子高生たちのことだ。愛用の原付スクーターと直立不動の姿勢で写っている彼女たち。しかも無表情だ。これがいい。選ばれた背景とともに、いろんなことを考えさせてくれて、いつまでも見てしまう。スライドの作品も上映されており、こちらには男子学生も登場し、ポーズを取ったり、シルエットだったりしたものが多い。ギャラリーを訪れる人の6~7割はスライドのほうが人気があるとのこと。自分としては青春ドラマっぽくてよくある写真のようで好みではない。圧倒的に、展示されている作品がいい。
受付には作者の息子さんが書いたご挨拶がある。そこに描かれたイラストはお父さんなのだが、どこか息子さん自身のようにも見えて微笑ましい。


f0067724_04214803.jpg
f0067724_04215420.jpg














  




[PR]
# by pprivateeye | 2018-09-15 05:06 | Comments(0)

フラ語、始めました。

f0067724_22160254.jpg


2018年9月3日(月)

きっかけはこのツイートを目にしてから。
6月22日

多言語やりたい人は「辞書と文法書があればカタツムリの速さで読むことができる」レベルを目指すといいと思いますの。読み書き会話全部やってたら二つ目に進めませんの。


寝る前に主に岩波文庫で詩を読むことが多い。何人かの詩集を読んでしっくりと来るというか、気に入ったのはボードレール『悪の華』だった。それまでにも訳者違いで5冊買っている。岩波の『フランス名詩選』は原語と対訳になっており、この本をフランス語をやっている知人に勧めようかと思っていたが、上記のツイートを見てから自分で読むのもいいじゃないかと思い始めた。
フランス語は大学のときの第二外国語だったが、なぜ単位がとれたのか不思議なことしか覚えていない。そのころ『星の王子様』を日本語、英語、フランス語で揃えて自主的に読もうとしたのだが数ページで挫折した。大体話が面白くなかった。
今回は改めて初歩から始めるのでネットで文法書と辞書を選んだ。いろいろ立ち読みもした中で『フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!』は楽しく読めるのが気に入った。途中で投げ出さないためにも楽しさは重要だ。『プログレッシブ仏和辞典』は似た程度のものからページの見やすさで選んだ。もう一冊『パスポート初級仏和辞典』は読むことを目的に購入。この辞書を読むというのも、ネットのあるサイトを参考にしている。
写真中央の妖しい絵の本はCharles Baudelaire "Les Fleurs du mal" 。つまり『悪の華』の原書。アマゾン経由で2週間かけてイギリスからやってきた。

上記ツイートの続き。
6月23日

そうですの。ノルウェー語やったって別にノルウェー人と話す予定はありませんので、ただWikipediaなどでデンマーク語やスウェーデン語の記事を見て「読める、読めるぞ!」して遊ぶだけですの。

6月22日

人はごまかせても自分はごまかせませんの。文頭から一語ずつ文法的に説明できれば合格ですの。それはつまり、辞書持ち込み可ならテストで満点の取れるレベルですの。












[PR]
# by pprivateeye | 2018-09-03 22:32 | Comments(0)

メトロに乗っている間に雨が降ったようだ。

f0067724_21500637.jpg


2018年8月31日(金)

◆寺門豪写真展「PARADISE」、銀座ニコンサロン
キャプションにいくつかの社会的な出来事のあった場所、旧国立競技場跡地とかいじめによる殺人事件のあった場所などと具体的なものをあげているが、作品にはそれを説明するものは一切ない。人はもちろん動物や車など動くもの、道路標識や文字といったものも注意深く外されている。キャプションとは裏腹にソリッドで抽象的な世界だ。1枚の用紙に同じ大きさで2点並べた展示は写真集のページをめくっているようでもあった。


新宿西口に出たら道路が湿っており、見上げると木々から水が落ちてきた。どうやら銀座から新宿に移動するほんの短い間に驟雨があったらしい。


◆阿部祐己写真展「Trace of Mountain」、epSITE
撮影された山は霧ヶ峰だが、特にそこに意味はないようだ。山に人の跡が付き、時間の経過とともに消えてゆき、また新たな跡が付く。そんな時間の経過、物理的な徴を捉えようとしているようだ。いくつかの作品は以前にたぶん銀座のギャラリーで、山焼きの風景として見たことがある。


この後、ギャラリー冬青での星野さんの個展のクロージングパーティに出席。改めて湿版作品について話を聴く。前回見たときにいいなと思った、木箱に入っている他の仏像とはちょっと種類の違う作品は、実は失敗作だとのこと。薬品のムラが大きく残っているためだそうだが、パーティに出席した人たちの中ではいい作品だよとの見方で一致したw








[PR]
# by pprivateeye | 2018-09-02 22:05 | Comments(0)

「モダン」な時代

f0067724_13013722.jpg



2018年8月29日(水)

◆写真の内側・外側研究会第2回展覧会「水平の瞳孔」、ギャラリー・ニエプス
  飯田鉄「Pin Up」
  大日方欣一「古いネガから―いとうづの森1938」
  大山裕「層序学(stratigraphy)」
  森規容子「陽炎」
四者四様という言葉があるのか怪しいが、それぞれ面白かった。
飯田さんは自宅の壁に貼ってあるある写真や切抜きなどのピンナップをギャラリーに展示。海外の写真が多く、飯田さんが「モダン」な趣味の人だなと推測できる。実は初めて飯田さんに会った(見かけた)のは銀座三越のエレベーター内だった。ある写真の野外講座に出席するために銀座三越の屋上に向かっていたのだが、そのころは飯田鉄という写真家を知らなかった。エレベーターでいっしょになった人を見て、おしゃれなでセンスのいい人だなと思った。それの人が当日の写真講座の先生だとすぐあとで知ったという次第。
大日方さんの展示は福岡県の遊園地を撮影したガラス乾板から引き伸ばされた作品。1930年代のもので、まさに昭和モダンの時代だ。おっとせいや舞台を観る人たちの表情が興味深い。なかにはカメラ視線の人も何人かいる。そして写真そのものがいまのデジタルカメラの解像度とは違った意味で写りがいい。柔らかいという印象だった。
大山さんは街の風景を撮影。最初の古書店を写したものは古い時代の写真かと思ってしまった。上海を写したものも神田界隈ですと言われても信じてしまいそうだ。
森さんも街の中での撮影だが大山さんよりも被写体に接近している。スクエアな画面に圧縮感があって見入ってしまった。










  




[PR]
# by pprivateeye | 2018-08-31 13:06 | Comments(0)

グループ展5つは疲れる。

f0067724_20301526.jpg


2018年8月21日(火)


◆「東京8×10組合連合会 写真展 2018」、江東区文化センター
いつものメンバーの名前の中に「渡部さとる」という表示を見つけて、おッ!となった。そして少々違和感もあった。今回の展示ではこれがいい!と思う作品はなかった。その中から好きなものを選ぶとすればMASA加藤さんの黒い球体4点のうち真横から撮られた作品だな(一番左側)。昨年すごくよかった降旗さんの巨大作品は前回に比べて引き込まれる感が低かった。タイトルに「SONY」とあればある種の批評性が生まれたかも。今年2月交通事故で亡くなられた〝胸の振り子〟こと根本さんの写真を田村さんがベタ取りしたものが多数あった。

◆日本針穴写真協会 会員展「針穴写真展 2018」、江東区文化センター展示室
展示作品が多かった。それに、きれいな風景や花、色を撮ろうとしているものが多く、いまひとつピンとこなかった。資料としてあった作例に興味が湧く。穴の大きさ、穴の厚みなどの違いによる写りの変化がわかって面白い。

◆「駄カメラ写真 グループ展#5」、Roonee 247 fine arts
狐塚さんの作品がよかった。お稲荷さんの鳥居とそこでお参りしている人の足が消えかかっており、作者の名前とびったり合っていて面白い。

◆「駄カメラ写真 公募展」、アイアイエーギャラリー
こちらは、駅改札の駅員と白いビルの多重露光の作品がよかった。
両展合わせて、全体に変な写りの写真は前回よりも少なくなっているような印象を持った。自分としてはカメラそのものよりも、作品としての写真のほうに興味があるので、会場に置いてある実際に使用されたカメラには触らなかったし、この写真がどのカメラで撮られたのかなということもあまり気にしなかったなあ。

◆「monochrome ⅩⅦ : Documentary」、gallery E&M 西麻布
テーマがドキュメンタリーということで個々の作品に作者名はなし。別紙で一覧表がある。1枚の写真でドキュメンタリー的なものを一番表わしていると思ったのは英伸三さんの「減反で荒廃した棚田 1970」だな。好きな写真は齋藤康一さんの「竹ノ橋(上海)1994」。







  




[PR]
# by pprivateeye | 2018-08-22 21:02 | Comments(0)

「スターリンの葬送狂想曲」

f0067724_02351474.jpg


2018年8月10日(金)

日比谷のTOHOシネマズシャンテで「スターリンの葬送狂想曲」を観る。
原題は「The Death of Stalin」とそのままストレートなもの。制作は2017年、イギリスとフランス。
ほぼ実際に起こったソ連の権力闘争を描いている。その意味では登場人物であるスターリンやフルシチョフ、ベリヤ、マレンコフなどがどんな人物だったかを知っているとより楽しめる。
映画は前半はブラックユーモアなどで笑わせてくれる。スターリンが倒れたことを知って別荘に駆けつける権力者たちの振る舞いはそれぞれ面白い。フルシチョフなどは着替える時間も惜しくてパジャマの上にスーツを着てやってきた(ホントかどうかは別)。
後半になると誰がナンバー1の座に就くかで争い、ベリヤが破れ(形ばかりの裁判の後、処刑される)、フルシチョフが力を付けていく。このあたりは生臭くなってくる。
2018年1月現在、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスなどで上映禁止になっている。






   





[PR]
# by pprivateeye | 2018-08-11 02:34 | 映画 | Comments(0)

Simply B&W 2

f0067724_20464947.jpg
f0067724_20465717.jpg


2018年7月24日(火)

iPhoneの無料アプリに「Simply B&W」という、モノクロ変換専門のアプリがある。このアプリはフィルムシュミレーション的なもの、カラーフィルター的なもの、明暗・コントラスト・粒子をそれぞれ設定できるものと三種類の変換方法がある。フィルムシュミレーション的なものを使うとT-Maxは比較的ツルんとしているが、Trixは粒子感が強く出るといった違いがある。
普段は明暗・コントラスト・粒子をそれぞれ設定していることが多い。
また、撮るときに直接変換するだけではなく、すでに撮ったデータを使って変換することもできる。
上記の写真はカラーで撮ったものを後からモノクロに変換したもの。
印画紙でプリントする場合、コントラストは調整できるが、粒子感はフィルム現像に左右される面が強いので、自分の好みに仕上げるのは難しいと思う。
それがこのアプリでは簡単にできてしまう。この「簡単に」ということにどういうふうに向き合うか、付き合うかが悩ましいところだと感じている。



  






[PR]
# by pprivateeye | 2018-07-24 20:47 | Comments(0)

W杯だから、(自分の)サッカーの話

f0067724_15262423.jpg




2018年7月13日(土)W杯ロシア大会決勝を前に

中学の3年間だけ部活でサッカーをやっていた。ポジションはDF、当時はバックス(BK)と言っていた。3年生のときには主将を務めた。1年生で入部したときには3年生がほんとに大きく見えて大人だなと思った。

3年生が夏で部活動を終えて、秋頃から起用されるようになった。当時は4バックスがほとんどで、左のサイドバックが最初のポジションだった。FW対BK形式の練習では対面の右ウイングとマッチアップすることになるが、その先輩がゴリゴリとドリブルを仕掛けてくるタイプで散々振り回された。後々それで当たり負けせず粘り強く守備ができるようになった(と思う)。2年生になってからは3年生の主将とCBを組むようになった。

DFとしては、常にボールとゴールの間に自分を置いておきたい、つまりゴールを背にしてボールと対峙していたい、という心理が強かった。

対外試合での守備で鮮明に憶えていることが二つある。
一つは相手FWが抜け出してGKしか残っていない場面で、そのFWに追いついてボールにスライディングタックルをしてピンチを防いだことだ。心の中でガッツポーズをしていたと思う。
二つ目は強力なFWが2人いる学校と対戦したときだ。圧倒的に押し込まれているとき、強烈なシュート力を持つ選手が絶好のタイミングでシュート体勢に入り右足を振り抜いてきた。それにぴったりのタイミングで左足を出してシュートをブロックすることができた。試合中しばらくは左足が痺れたようになっていた。

得点の記憶は一つだけ。
ハーフウェイを越えたあたりの右側からクロスにボールを上げたのだが、思ったよりも内側に行き、しまった、ミスキックだと思った。そのゴール方向に向かったボールはGKを越えてそのままゴールに入ってしまった。得点となってからは気恥ずかしい思いがした。

少し誇りに思っているのは、学校の所属している地区の代表メンバーに選ばれて浜松まで遠征したこと。そのときの試合で覚えているのは左サイドバックで出場したとき、見方が右サイドから攻撃していて全体のラインを上げていたのでそれに合わせて上がろうとしたら、ベンチからお前はそのままバックをケアするように言われた。そのとき相手陣内の右サイド奥(つまり自分からは一番遠いところ)でボールを追いかけている味方のウィング(他校の選手)を見ながら、あいつは小さいけどよく走るなあ、追いつけよ、と思っていた。

高校では野球部に入ったのだが、中学のときサッカーをやっていた同学年の生徒(別の中学)から、何でサッカーやらないの?、と言われたことがある。これが、人生でもしあのときこうしていれば、と思う唯一のことだ。高校でもサッカーを続けていたらどんなふうに違っていたのだろうか。

中学2年のときにW杯メキシコ大会が開催され、ペレのいるブラジルが優勝。これは3度目の優勝で規則により当時の優勝トロフィー「ジュール・リメ杯」の永久所有権を獲得した。その後このカップは盗難にあい、行方知らずとなっている。、次の1974年西ドイツ大会からトロフィーの名称が現在の「FIFAワールドカップ」に変更された。
準決勝でイタリアと西ドイツが対戦。イタリアが先制したが、ロスタイムに西ドイツが追い付いて延長戦に。延長戦では西ドイツがあの爆撃機ミュラーのゴールで先手。その後イタリアが同点、逆転のゴールをあげる。延長後半には再びミュラーの得点で西ドイツが追い付くものの、すぐにイタリアが勝ち越しゴールをあげ4-3で勝利する。延長戦に入る前にベッケンバウアーは右肩を脱臼していたが、交代枠が残っていなかったので包帯を巻いて最後までプレーした。
という記事をサッカー雑誌で読んで大いに興奮した。西ドイツの選手は上記の2人のほかにシュネリンガーとかゼーラーとか名前を憶えているのだが、イタリアの選手は記憶にない。しかし、不思議なことにこの記事でイタリアを応援するようになった。

クラブ世界一を決めるトヨタ杯でユベントスのプラティニが来日したとき、「笑っていいとも」に出演したのをTVで見ている。サッカーファンの明石家さんまは大興奮大照れ状態だった。プラティニはそんなに大きくなく周りの芸能人と同じくらいだった。

福岡空港のロビーの隅の椅子に2人並んで座る外国人がいた。近くに行くとそれが鹿島アントラーズのレオナルドとジュルジーニョだった。そのときは、ああ、そういえば福岡で試合があったな、くらいしか思わなかった。その後。レオナルドはACミランのテクニカル・ディレクターをやっているという記事を読んで、ああ、世界は繋がっているんだ、と思った。











[PR]
# by pprivateeye | 2018-07-13 15:39 | Self Portrait | Comments(0)

Simply B&W

f0067724_02541500.jpg

f0067724_02542359.jpg

f0067724_02543076.jpg


2018年6月16日(土)

この日、帰省した。
実家に着いたとき、父親が玄関先に出て何かやっていた。
顔を見て、電話したときの少々覚束ない印象はなく、はっきりしていたのでほっとする。






  





[PR]
# by pprivateeye | 2018-06-25 03:03 | Comments(0)

「オール・ザット・ジャズ」からサイモン&ガーファンクルへ

f0067724_00574247.jpg


2018年5月30日(水)

「オール・ザット・ジャズ」〈午前十時の映画祭9〉を観る。
アメリカ人ってミュージカルが好きなのね、というのが最初の感想。前半の、オーディションでダンサーを絞っていくところはカッコよかった。
終盤の「バイ・バイ・ラブ」はオリジナル通りなのかな。エンドクレジットになかったような気がする。この曲は1958年にリリースされたエヴァリー・ブラザーズがオリジナルだが、サイモン&ガーファンクルのバージョンが強く印象に残っており、それに比べて「die、死ぬ」という言葉が多く、歌詞がなんとなく違うような気がした。
で、動画を探して「バイ・バイ・ラブ」の歌詞をチェックしたら、こんな感じで変更されていた。

  Bye bye love(→ life)
  Bye bye happiness
  Hello loneliness

  I think I'm gonna cry(→ die)
  Bye bye love
  Bye bye sweet caress
  Hello emptiness
  I feel like I could die
  Bye bye my love(→your life ?), goodbye


この連想から、サイモン&ガーファンクルの歌で「die」という言葉が印象的な曲を調べてみた。


「四月になれば彼女は」(April Come She Will)


  April come she will
  When streams are ripe and swelled with rain;
  May, she will stay,
  Resting in my arms again

 

  June, she’ll change her tune,
  In restless walks she’ll prowl the night;
  July, she will fly
  And give no warning to her flight.


  August, die she must,
  The autumn winds blow chilly and cold;
  September I’ll remember.
  A love once new has now grown old.



これの訳詞を探していたら、あるブログに韻のことが述べられているのを見つけた。

第一連「April - will」「May - stay」、「rain」と「again」
第二連「June - tune」「July - fly」、「night」と「flight」

第三連「August - must」「September - remember」、「cold」と「old」


これを見てポール・サイモンすごい!と思った。この曲はポール・サイモンの作詞作曲の才能がいかんなく発揮されているとともに、アート・ガーファンクルの歌声も素晴らしく、傑作だ。











  




[PR]
# by pprivateeye | 2018-05-30 20:57 | 映画 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30