Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

代官山~新中野

f0067724_01141528.jpg


2019年1月5日(土)

◆大塚栄二写真展「光で画く」。Space K 代官山
デジタルの美しいプリントだった。タイトルにあるように光りのある場面が意識して撮られていた。興味深かったのは高圧電線の鉄塔を一年間定点撮影したものだ。プリントと、タブレットのスライドとの二種類の展示だが、スライドが面白い。撮影は手持ちなのだがデジタルで角度などを修正している。ほぼ一年間撮影したものを連続して見せており、鉄塔や背景の山並みは当然動かず空が劇的に変化していく。最初はそれに目が引き寄せられるのだが、次第に動かない鉄塔に関心が移っていく。動かないということが端的に面白いのだ。他では左下隅に鳥が三羽飛んでいる作品がよかった。空間が幻想的で、水墨画のようでもあった。


東横線中目黒駅から写真を撮りながら歩いて行ったのだが、途中でカメラの電池が切れてしまった。コンビニに2CR5なんていう電池は売っておらず困ったと思っていたところ、近くに北村写真機店があることを思い出して向かった。電池を確保(高い!)し、店内を見るとハービー・山口さんの「代官山17番地」のプリントが展示されていた。ベタ焼きや、たぶん原稿になったであろう六つ切のブックもあり、久しぶりに有名な作品を見た。


◆渡部さとる写真展「IN and OUT」、ギャラリー冬青
今回はカラーの作品だけ。最初目にしたときから、あれ?見たことあるぞと思ったが、壁三面のうち二面が旧作だった。ちめんかのやで展示したものや、カメラ雑誌に掲載されたものだ。そのなかに白岡さんのポートレートを見つけて、おっ!となった。お久しぶりです、という感じだ。みんなに知らせるべく、SNSにその写真をアップしてしまった。新作は山形のローカル線の車内から撮影した線路だ。そのときは気にしなかったのだが電柱がなかった。ということはディーゼルの列車だ。今回なぜカラーなのかと尋ねたら、これまでずっとモノクロで展示をしてきたのでカラーをやってみたくなった、とのこと。渡部さんはこれまで進路の選択や転機をかなり意識してきたように思えるので、カラーをやってみたくなったという言葉にこれからまた違った方向に行くのだろうかと感じた。ギャラリーで写真仲間と何人も顔を合わせ話をしているとき、白岡さんのポートレートを購入する人がいた。そのとき、あっと思った。渡部さんの作品は何点か購入しているが、今回はカラーだったので購入するという感覚がまったくなかったので驚いてしまったのだ。そして、やっぱりいい作品なんだと再確認した。













   




# by pprivateeye | 2019-01-12 01:59 | Comments(0)

2019 Motorsports Calendar

f0067724_09502910.jpg

今年2019年の主なモータースポーツの日程です。
いつもFBのほうにだけアップしていたけど、今年はこちらにものこしておきます。
ここには7カテゴリーをあげていますが、ほぼ全部見るのはF1くらいかな。
MotoGPはロッシが勝てなくなってきているのがさびしい。
Indeycarは時間的に早朝になるので忘れてしまうことが多い(^^;) 最初の頃はオーバルなんて単純でと思っていたが、最近ではなかなか奥が深いではないかという印象が強くなっています。
WECは昨年からシーズンが年をまたぐように改革されています。今年6月のルマンが2018-19年シーズンの最終戦となります。2019-20年シーズンは8月のシルーバーストンから始まり、来年のルマンが最終戦という日程です。





  






# by pprivateeye | 2019-01-07 09:51 | Comments(0)

2019.1.1

f0067724_23133412.jpg


本年もよろしくお願いします。












    



# by pprivateeye | 2019-01-01 00:01 | Comments(1)

2018 Flash Back

2018年の振り返り

・見た写真展・美術展 88展(前年比 -107)
・読んだ本 64冊(前年比 -6)
・観た映画 48本(前年比 +11)
・今年の写真展・美術展 My Best 3
  1.サラ・ムーン「巡りゆく日々」、CHANEL NEXUS HALL
  2.オリジナルプリント展「原直久 時の遺産」、日芸 芸術資料館/写真ギャラリー
  3.「生誕150年 横山大観展」、東京国立近代美術館
・観た映画 My Best 3
  1.「ドリーム」、監督:セオドア・メルフィ
  2.「タクシー運転手 約束は海を越えて」、監督:チャン・フン
  3.「素敵なダイナマイトスキャンダル」、監督:冨永昌敬
・WS2Bグループ展「Annual 2018」に参加。
・会場のルデコは連日開錠を行い、一日を除いて終日会場に詰める。
・普段使いのカメラを変更。
  CONTAX G2 + Biogon21mm/2.8 ⇒ Leica R6 + MACRO-ELMARIT-R 60mm/2.8
・それに加えてCONTAX RXⅡ + Planer85mm/1.4も投入。
・デジカメは変わらずFUJI X-E1 + XF27mm/2.8
・使わなくなって久しいダーストの引伸機とアーカバイル・ウォッシャーをさる写真家の方に譲る。
・年をとったせいか、写真(作品)への関心も自分のものだけに向かうようになってきた。
・そのため写真展を見ても好き嫌い、興味の持ち方の差が大きくなったような気がする。
・そのせいか写真展を見る回数が激減。
・ただし、あいかわらず「いい写真」を見る目ができているかどうかはあやふやだ。
・iPhoneのアプリやデジカメで撮ってプリントを作ってみても、感覚的に上滑りしているような気がする。
・そのiPhoneの充電が不調になった。電源コードを差し込んでもうまく充電が始まらず、バッテリーの交換か新機種への買換えかと思ったが、差し込み口にホコリが詰まっていたためだった。取り除いてもらったら充電も順調。
・ちなみに機種はまだ5Sのまま。
・ロードバイクは購入から1年が立ったのでメンテナンスに出す。乗っていないつもりでも2500kmくらいは走っており、チェーンもそれなりに伸びていたので交換した。
・10~12月はまったく乗れず、今年は1000kmちょっとしか走っていない。
・最低でも週1回50kmくらいは乗るようにしたい。
・あ、サイクルコンピュータをまだ買っていない。
・輪行袋 etc.は買ったものの輪行にも言っていない。計画を立てて、それに従わなくてはと想像すると面倒になってきて(汗)
・サイクルロードレースはDAZN、JSPORTSオンデマンドでたっぷりと見る。
・特に3~4月はDAZNでワンデーレースばかり見ていた。ステージレースよりも面白いかもしれない。
・でもジロ、ツール、ブエルタのグランツールは今年も完走。
・国内でもツアー・オブ・ジャパンがネット配信されたのでしっかりとフォローした。
・特に、いなべステージはほとんど実家の隣町なので、いずれ自分でもそのコースを走ってみたいと思っている。
・DAZNはスポーツのジャンル制限がないのでお得だ。価格も安いし。特にF1がきれいな画面で見られるのはうれしい。
・テニスはいつものように週1回のスクールと、月1回の仲間内でのゲームだけ。
・テニススクールは10年間同じクラスでメンバーも半分は同じ。自分のレベルも多少は上達しているな感じる今日この頃。
・F1はフェラーリにとって残念なシーズンだった。ベッテルがもう少しハミルトンのようにクレバーだったら・・・
・そのなかでライコネンがイタリアGPでPP、アメリカGPで優勝したのはGood Job!
・MotoGP、ロッシはポディウムの真ん中に立てず。
・山田風太郎の明治小説を一気に読了。他にジョイス「ユリシーズ」も読了。
・フランス語の勉強を始める。目的はボードレールを読むこと。
・きっかけはTwitterで「カタツムリの速さで読むことができる」レベルというツイートを目にしたこと。
・辞書2冊と基礎の文法書を購入。大学で第2外国語でフランス語をとって以来だ。
・「悪の華」の原書 Les Fleurs du mal も買ったよ。
・定番の「星の王子さま」はやらない。話が面白くない。
・父親の体調は一年前に比べると回復。以前はご飯を茶碗一杯でもう十分と言っていたのが、最近はもう一杯くれと茶碗を差し出す。
・実家では従兄弟が父親の様子を気にかけてくれていて感謝しかない。
・折につけ、実家に戻るタイミング、きっかけ、理由?を考えている。









  
  




# by pprivateeye | 2018-12-26 18:19 | Self Portrait | Comments(0)

『三重のおきて』ーー「いらわんといて」

f0067724_02392253.jpg

この本はBookoffでたまたま目に付いたので立ち読みしたら面白いので買ってしまった。一言で言ってしまえばお国自慢の内容なのだが、改めて読んでみるとやっぱり笑ってしまうことばかり。全国ではないが他の県も何冊か出ているようだ。

読んでいて抜群に面白いのは言葉だった(方言と言うことになるのか)。実際、実家に帰ればこれらの言葉はごく自然に使うし、周りからも普通に聞こえてくる。
「味ご飯」
「机をつる」
「ゴミをほる」
「鉛筆をちょんちょんにする」
「お湯をちんちんにする」
「お湯をうめる」
「1限目、2限目」
「遠目」「近目」
「MTV」
「ささって」「しあさって」
「おとつい」「さきおとつい」
「つぅ」
「やん」
「えらい」
「とごる」
「車がつむ」
「風呂にいる」
「米をかす」
「いらわんといて」
「なーなー」



<解説>
# by pprivateeye | 2018-12-22 23:56 | Self Portrait | Comments(0)

良い流れの一日だった。

f0067724_21031484.jpg


2018年11月28日(水)

最近、iPhoneの充電状況が思わしくないないので銀座のアップルストアへ行く。充電しようとケーブルを差し込むのだが充電が始まらない。そのままにしておくと放電していしまうので、ケーブルの差し込み方を変えたりiPhoneの持ち方を変えたりして偶然にも充電が始まるのを期待する他なかった。アップルストアでは最初、具合を見た人はハードの故障ですかねと言っていたが、改めて別の人が点検すると充電ケーブルが奥まできっちりと差し込めないのを見て、たぶんホコリが詰まっているのでしょうと言って清掃をしに行った。戻ってきたiPhoneは何の抵抗もなくすんなりと充電が始まった。念のためにバッテリーの状況も確認してもらって、90%の状態でまだまだ十分使えますとのことだった。バッテリーの交換が必要なればいまの機種が5Sなので高くつきそうだし、最悪、新製品の機種に乗り換える必要があるかなと思っていただけにこれはラッキーだった。今回の費用はゼロで済んだ。目出度し目出度し。


◆藤﨑陽一写真展「MONUMENT」、銀座ニコンサロン
モノクロの夜景。しかし、これまでに見た夜景とは違って新鮮に見えた。作品全体に人の気配がまったくなく、住宅を撮影した作品ではまるで模型を撮影したような印象だった。最初にニコンサロンのサイトで展示案内を見たとき上のDMの写真があがっていたのだが、ああ模型を作って撮影している人だなと思ったくらいだ。ドイツの写真家トーマス・デマンドは政治的社会的事件の起きた現場を紙で再構築しそれを撮影して作品をつくっているが、ここで見たのはその真逆のように思えた。実際の街中を撮影しているのに、人工的なウソのような光りで人や車などの動くものがあるようには思われず、のっぺり感が前面に出てくる。作品によってはピントが合っていないものもあった。それは意識的なのかどうか、三脚を使っているのか、カメラ(たぶんデジタル)は、レンズは、撮影の時間帯は、場所の選択はetc.、いろいろ作者に尋ねてみたいことがあったのだが、本業が革職人とのことでギャラリーに詰められないようだ。久しぶりに真似をしたくなるような作品だった。


気分よく新宿へ行き、Bookoffでは運よくスタニスワフ・レム『虚数』をゲットすることができた。










  




# by pprivateeye | 2018-11-30 21:03 | Comments(0)

久しぶりに「眼福」という言葉を思い出した。

f0067724_01305225.jpg


2018年11月24日(土)

◆「LIFE 写真のある生活Ⅱ」、gallery bauhaus
本郷通りのイチョウは湯島天神のほうは黄葉が進んでいたが、東京医科歯科大側はまだまばらな感じだった。ギャラリーでの展示は1Fが歴史的に評価の定まった作家、B1がギャラリーの取り扱い作家、というような分類だった。そして、B1のほうが新鮮だった。そのなかに写真仲間が一人加わっているのがすごい。自分がいいなと思ったのは横谷さんの「えっこれが銀塩プリントなんですか?」という作品。まるでプラチナプリントか強い調色をしたなプリントで、小瀧さんの話では特殊な薬品を調合し印画紙も普通ではないらしい。特に、浜辺で複数の人が立っている作品は点描法で有名な新印象派の画家スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」を思い出させる(実はあの絵がこんなタイトルだとはほとんど初めて知ったw)。他には秋元さんのシーツを撮ったもの。ものすごく美しい白だ。会期が長いのでまた見に行きたいと思う。


◆大坂寛写真展「過ぎし日のセレナーデ」、gallery E&M 西麻布
だいたい2000年前後に撮られた作品が多かった。モノクロのプリント。場所はニューヨークから中国など様々で、フォーマットも8×10や35mm、パノラマと多種多様だ。それでも作家の見ているものや撮り方がぶれていないので違和感はない。作品の前を何度も行ったり来たりして、次第にいろんなものが見えてきて引き込まれていく。そんななかでは白い雲(午後の日が傾き出した頃かな)を撮った作品に惹かれた。最初は何だかよくわからないぼんやりした印象だったが、よく見ているうちに陰になった風景のなかにもいろいろと発見するものがあって不思議な感覚の作品だった。











  




# by pprivateeye | 2018-11-28 01:33 | Comments(0)

聖橋の写真と図面


f0067724_16025469.jpg
f0067724_01221750.jpg
図面は上の写真と左右が逆だったので合わせるために反転させている。



2018年11月21日(水)

◆金村修写真展「Suck Social Stomach」、IG Photo Gallery
ギャラリーの壁にびっしりと隙間なくL判のカラープリントが写真の上から無造作にテープで貼られている。どこかで4000枚のプリントとか書かれているのを読んだ。そのほとんどが看板とかディスプレイだ。個々の写真ではなく、展示のやり方が金村さんの写真っぽい。空をできるだけ見せることなく、細かく入り組んだイメージを平面的に捉えるという金村さんの写真そのもののようだ。また、壁を写真で埋めるというのは70~80年代の写真状況を一人で再現しようとしているかのようでもある。


◆「東京 橋と土木展」、新宿駅西口広場イベントコーナー
たまたま通りかかったら以前に見たことのあるような展示をやっていた。前回は隅田川に架かる橋が中心だったが、今回は東京都全域の橋が取り上げられていた。写真そのものはいろいろな資料からの複写がほとんどだが、完成当時は橋の周囲にあまり建物などがなく橋の姿がよく見えるのでいい。他に設計図の展示もあったが図面を見てもすごさがわからないのが少々残念。またオリンピックに合わせて東京五輪の頃の映像もあったがこちらはシカトした。

今回も登場、勝鬨橋の模型
f0067724_01110622.jpg



   




# by pprivateeye | 2018-11-22 16:03 | Comments(0)

Annual 2018 @ Le Deco 6F

ルデコでのWS2Bグループ展「Annual 2018」から二ヵ月が経つ。記録のためにそのときの展示をここに残しておこうと思う。

f0067724_02360068.jpg

f0067724_02360738.jpg

f0067724_02361676.jpg

f0067724_02522492.jpg






  





# by pprivateeye | 2018-11-21 02:54 | Comments(0)

雨の江古田を徘徊

f0067724_22435924.jpg


2018年11月9日(金)

◆オリジナルプリント展「原直久 時の遺産」、日芸 芸術資料館/写真ギャラリー
8×10で撮られたフランス、イタリア、スペイン、韓国、台湾、中国の街や風景。それに初期の「蜃気楼」のシリーズ。写真ギャラリーでカラー作品、芸術資料館のほうで主にモノクロ作品が展示されていた。モノクロの半分くらいはプラチナ・パラジウム・プリントだった。好みはヨーロッパの風景、それもゼラチン・シルバー・プリントだな。もともとプラチナ・パラジウム・プリントの色調が好きではないのだが、一点だけいいなと思ったのは夜のサンマルコ広場からレストランのある建物を撮った作品だ。夜の闇のボンヤリした感じが和紙の印画紙と合っていたし、光りのある室内は鮮明に捉えられていた。
プラチナ・パラジウム・プリントの暗室作業の模様もビデオで放映されており、その作業手順や暗室の模様をじっくりと見た。その感想は、原さんは物事をきっちりと手順よく丁寧に進めていく人だなというもの。下の二点の写真はネガの整理番号や撮影時のデータだが、まず40年間同じやり方をずっと続けてきたことに驚く。撮影データで絞りやシャッタースピードをメモするのは普通だが、日付とともに時刻まで記入されており、その几帳面さがすごい。
f0067724_23064885.jpg
f0067724_23065511.jpg


この日は雨模様だった。普段は雨の日に展示を見に出かけることはほとんどないのだが、この展示が最終日だったので見に行った次第。
せっかく江古田に来たのだからモニュメントwとなる箇所を徘徊した。

残念ながら閉店となったプアハウス
f0067724_22440642.jpg

江古田の交差点の材木店
f0067724_22441254.jpg

山東餃子
f0067724_22442023.jpg

スタービル向いの丸金自転車店
f0067724_22443031.jpg

スタービル跡。
向こう側に、新江古田駅から来るとき自分がモニュメントにしていたビルが見える。
f0067724_22443727.jpg
f0067724_22444316.jpg

この日歩いた道。アプリがブレブレ。右上の先端が小竹向原駅。左上がプアハウス。一番下がスタービル跡。
f0067724_23070018.jpg












  




# by pprivateeye | 2018-11-10 22:49 | Comments(0)