Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

銀座・GINZA・ギンザ

f0067724_11450965.jpg

2016年8月19日(金)

ちょ~久しぶりに都会に出てきたよ。
8月に入ってギャラリーをまわるのは今日が初めてw

・「ウルトラ植物博覧会2016 西畠清順と愉快な植物たち」、ポーラ・ミュージアム・アネックス
写真展じゃないよ。銀座通りを歩いていたらショーウィンドウが気になり、横を向いたら何やら不思議な形をした植物のポスターが目に入ったので覗いてみた。世界各地から集められた植物コレクションの一般展示。パンフレットに書かれていたことから。「ひとつ勘違いしてはならないのが、植物はアートではない。アートに元であり、アートよりも地球上に先にあったものであることは歴然たる事実だからだ。しかしそれら植物は、芸を持った人と出会うことで劇的にアートに変わる。」

・地現葉子写真展「White Out Ⅱ ―出発―」、銀座ニコンサロン
鳥(ヒヨドリだったと思う)が集団で空を舞うシーンだけをモノクロで撮影。最初思ったのはもっと黒く焼いて鳥の形をシルエットにしなかったのかということ。それを尋ねたら、そこまで抽象化はしたくなかった、鳥という現実を残したかった、黒くつぶしてしまうとエッシャーの絵のようになりそれは嫌だった、とのこと。現実ということからすれば、DMにもなった写真が現実と虚構ということを連想させた。手前に一羽だけ大きく写っている鳥は現実で、遠くにいる鳥の群れは虚構を象徴しているかのようだ。渡り鳥の旅立ちを見送って「出発」という副題がついているようだが、作者が「本来は私の中にも、自らの感覚で本当に必要なことを見極め、時を逃さず進んでいく力があったに違いない。」ということを書いているのを読んで、旅立ちたいと願う作者自身のことではないかなと思ったりもした。

・石内都 展「Frida is」、SHISEIDO GALLERY
作品はメキシコの画家フリーダ・カーロの遺品をカラーで撮影したもの。石内さんが自身の母親の遺品を撮ったものと同列にあるものだ。たしか目黒美術館での写真展を見てのことだったと思うが白岡さんが「ピントが甘くてダメだ」と言っていたのを思い出した。手ブレやピントの甘いところに目が行くと作品の中に入り込めなくなってしまい、会場を一周しただけで出てきてしまった。

・神田開主(かんだあきかみ)写真展「壁」、ギャラリー冬青
ダムの壁と湖面を真上から撮影したもの。これらの作品は少し前に銀座ニコンサロンでも見ている。しかし、今回見るとそのときとは違った印象を持った。それはプリントサイズの違いによるようだ。銀座のときはポスターのような大きさだったが、今回は六つ切りくらいの大きさだ。大きいと湖面の違いや変化が気になり、そのためダムの壁が占める割合は小さいほうがいいと思った。しかし今回のように小さくなると一目でイメージ全体を見ており、全体の形が気になった。壁もある程度大きいほうがバランスがいいようだ。といった見方をしたせいか、一番のお気に入りは中央正面の右から三番目の作品だ。スターウォーズなどのSF映画の場面を連想した。湖面の氷の模様は惑星の表面であり、ダムの壁は戦闘機などの発射スペースのようだったw






  


This is one.
[PR]
by pprivateeye | 2016-08-22 03:04 | Comments(0)

「Back To The Future」

f0067724_17412465.jpg


「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985年)
「バック・トゥ・ザ・フューチャー PARTⅡ」(1989年)
「バック・トゥ・ザ・フューチャー PARTⅢ」(1990年)
〈午前十時の映画祭 7〉で3週連続上映。
上記の( )内の年代はデロリアンが跳んだ時代ではなくw、映画の製作年ね。
監督:ロバート・ゼメスキ
出演:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン、グリフ・タネン、ビュフォード・タネン)
1作目はタイムトラベルは楽しいという内容だ。ラストシーンのデロリアンが空中を飛ぶところは次回作を期待させるつくりのように見えるが、その時点では2作目の構想はなかったらしい。
2作目はタイムパラドックを中心にしたストーリーだが説明的な感じがして3作のなかでは面白さのレベルが低い。
3作目が一番タイムトラベルの要素が薄い。しかし、なんといってもドクの恋がいい。大人の物語という感じだ。また、いい意味でお遊びが多い。クリント・イーストウッドを茶化したところは大丈夫なのかと思ってしまう(たぶん本人の了解は得てるのだろうが)。「荒野の用心棒」のオマージュである鉄板や、「タクシードライバー」のパロディと思える鏡に向かって拳銃を構えるところなど楽しかった。



 
 
[PR]
by pprivateeye | 2016-08-11 17:21 | 映画 | Comments(0)

「帰ってきたヒトラー」

f0067724_23261366.jpg


2016年7月29日(金)

TOHOシネマズシャンテで「帰ってきたヒトラー」を観る。原題は 'Er ist wieder da' で、翻訳ソフトによると彼は再びそこにいる、といった意味だ。2015年、ドイツ。原作は2012年に出版された同題の小説。

怖い映画だ。
まず、この映画の中のヒトラーは体が大きい。歴史上のヒトラーは写真で見るとやや小柄だ。それだけに映画の中では押しが利いている。そして頭がいい。いわば70年をタイムスリップしてきたわけだが、最初は戸惑うものの現在の状況や技術などを理解していく。ジョークを言うわけではなく、ストレートに自分の考えを述べている。しかし周りは芸人が演じていると思っている。それを見聞きしている者の中には彼の発言を受け入れる者も出てくる。

難しい映画だ。
彼が訴えかけるのは貧困や失業、経済的格差、移民・難民・外国人といった社会問題、あるいは民主主義のあり方といったことだ。これは保守であろうがリベラルであろうが誰が言っても大差はない。ドイツに限らず世界中どこでも同じだ。言ってみれば「当たり前の問題」だ。しかし、ある若者が「民主主義は大切なことだ。誰かがバシッと決めなきゃいけない」といったようなことを発言している。この言葉に矛盾があることに気付いていない。人々の右だ左だ、保守だ民主だといった主張に確たるものはなく、こんなじゃないはずだといった不満がベースにあるだけだ。ヒトラーは「当たり前の問題」を主張することでそれらの不満をまとめ上げていく。その方向は、自分を選ばせて大きな力を得ようとするものだ。

だからこそ、いま観るべき映画だと思う。

映画的にもいいところがある。たとえば、牧草地の高圧電線やプロデューサーの怒りの場面とかいったユーモアな箇所。映画化のシーンでは本物そっくりのマスクやビルの屋上のシーンなど虚構と現実が入り混じったところ。あるいは最初にヒトラーを見つけた売れないディレクターの最後の場面は恐怖だ。



・小松透写真展「遠い海 ― a distant shore ―」、銀座ニコンサロン
モノクロの丸い写真。写っているのは海岸にある松の生えた小島。イメージが円形なので広角レンズもあまり気にならず、見るのは真ん中だけのような気がする。スクエアだと斜め四方に引っ張られたり、逆に圧迫されたりする感覚があって緊張感が生まれるのだが、円形だとそんなことどうでもいいような気になってしまう。

・「monochrome ⅩⅢ Nostalgia」、gallery E・M 西麻布
恒例のグループ展。今回は47人が参加している。それなりの経験や技術を持った人たちの作品なので、その中からいいと思うものを選んで考えてみると面白い。コントラストの高い写真が好きなのだが、一方でインドの象もよかった。この作品は逆光でボンヤリとした印象で好みとは真逆なのだが、なぜいいなと思ったのか考えると、たぶん自分には撮れないという感覚的なものがあったのだと思う。




   
   
[PR]
by pprivateeye | 2016-08-01 00:23 | 映画 | Comments(0)