Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ニコンからキヤノンへ

f0067724_1382037.jpg


2016年1月22日(金)

・神田開主写真展「壁」、銀座ニコンサロン
前回の「地図を歩く」と同様、ハッセルブラッドSWCにデジタルパックをつけて撮影。今回はダムの上から水面を見下ろしたものだ。同じ構図では柴田敏雄さんの作品が有名だが、神田さんの作品は一捻りした見方になっている。捉えたかったのは人工物と自然。ダムの壁と水面が描く直線が人工物と自然の境界線という見方だ。壁はほとんど垂直性を失くして舞台のようにも見える。その上で演じられる水面の模様や浮遊物、あるいは凍った水面、鯉の群れ、写り込んだ空などいろいろあって面白い。

・野口里佳写真展「鳥の町」、ギャラリー小柳
・野口里佳写真展「夜の星へ」、キヤノンギャラリーS
野口さんの写真を作者の名前もキャプションも伏せて見たときどのような評価がされるだろうか。特別なものが写っているわけでもなく、ある種のトゲのようなものがあるわけでもなく、ごく普通の写真だと思う。「鳥の町」は鳥が飛んでくる場所に人間が町をつくったという内容のキャプションだが、飛ぶ鳥しか捉えられていない。「夜の星へ」では撮影しなかった瞬間のことが思い出されそこに写真の秘密があるのかもしれないとある。どちらも作者の思考が優先されているようで、その思考に対して提示された作品が不可分であるようには思えない。極端なことを言えばどんな写真でもいいように思えてしまう。そんなことを考えていたらデュシャンの「泉」を思い出した。「泉」はそれまでの歴史に掉さしたものと捉えられている。それと似た意味合いで野口さんの作品が写真史の流れの中で語られるのは幸せなことだろう。
[PR]
by pprivateeye | 2016-01-26 01:43 | Comments(0)

横浜山手界隈

f0067724_15323698.jpg


2016年1月16日(土)

横浜は遠い。安上がりに行こうと東京メトロから渋谷経由で東横線のまま元町・中華街まで1時間41分。料金にして760円。
天気が良く風もない穏やかな日で、まず港の見える丘公園に行く。この日のお供はライM6+スマロン35mm/2.8とフジX-E1+XF27mm。ベイブリッジから北西方向に空気が澄んでいるとスカイツリータワーが見えるのだが、この日は東京方面はスモッグみたいでだめだった。この公園には大佛次郎記念館や県立神奈川近代文学館などがあるが、外観を見ただけで館内には入らず。
外国人墓地を覗いて、元町公園沿いをゆっくりと歩く。エリスマン邸に寄る。ここの名前を知っているのは、以前にここでプラチナ・パラジウム写真展があり、それにデジタルカメラを使いレタッチを仕事にしている写真仲間が参加していて、何故あなたが?と思ったことがあるからだ。白と緑の建物に木立の陰翳が映ってきれいだったので写真を撮るがやはり中には入らず。
隣のベーリック・ホールは現役のコンサートホールのようで、ちょうど楽器を搬入している人がいた。
そのまま山手本通り沿いに歩くが、フェリス女学院の建物がいろいろとある。この通りは尾根にあたるようで交差する道は左右それぞれ下り坂だ。その一つを下って山手公園へ。地図でテニス発祥記念館というのがあるのを見つけていたからだ。木立の向こうからテニスボールを打つ音が聞こえ、上から覗いてみる。クレーコートだ。ここはレンタルではなく、たぶんテニスクラブのコートだろう。やっている人はそれなりの経験があるようだった。
横浜山手テニス発祥記念館は小さな建物で、展示室はこじんまりとしたものだったが、その歴史に長居をしてしまった。歴史を一番感じるものはやはりラケットだ。木製ラケットだが、けっこういろいろな形をしている。ローンテニスが始まったのは1875年イギリスだが、翌1876年には早くも横浜に上陸している。テニスはあまりルールが変わることがないが、初期の頃はネットの高さが0.90m~1.42mと頻繁に変わったようだ。現在は0.914mとなっている。変化が大きいのは女性の服装だろう。ローンテニスが始まった頃は、パーティで着るドレスとほとんど変わりがない。
この後、元町でコーヒーでもと向かったが、その汐汲坂の急なこと。ネットで調べたら傾斜は10%とのこと。距離が190mあるので上と下では高さが19mもあることになる。残念ながら目に留まったコーヒー店は満員だったのチェーン店で休むことにした。
そして本日の最終目的地へ。


・佐野久里子写真展「未知の海」、PAST RAYS
昨年10月の銀座ニコンサロンに続く展示。そのためだろうかセレクトにバラつきがあるように感じた。個々の作品ということではなく、全体としての統一感が低いように思った。いいなと思ったのは馬・湖。階段と並んだ三点。特にDMにもなったダム湖の写真がお気に入り。異世界を連想させるようなものが好きなのだが、陰翳や輪郭がはっきりしないというあいまいな印象でそのように感じさせるのではなく、きちっとモノが写っているのだがどこか別の世界のようだと思えるものがいいし、そういう写真を撮りたいと思っている。
[PR]
by pprivateeye | 2016-01-22 01:26 | Comments(0)

「ティファニーで朝食を」

f0067724_13394.jpg


2016年1月13日(水)

☆「ティファニーで朝食を」、有楽町スバル座
 原題:Breakfast At Tiffany's
 監督:ブレイク・エドワーズ
 出演:オードリー・ヘップバーン、ジョージ・ペパード
トルーマン・カポーティの同題が原作。大学に入ったときの英語のテキストが「ティファニーで朝食を」だった。小説を買っているはずだが、内容はまったく覚えていない。もっとおしゃれな映画かと思っていたが、ラブ・コメディーと言っていい作りになっていた。オードリー・ヘップバーンの着ているドレスはジバンシィらしい。上の写真はよく目にするが映画の中ではこういうシーンはない。作家はトルーマン・カポーティ自身が反映されている。もう一度読んでみようと思った。


・村越としや写真展「沈黙の中身はすべて言葉だった」、タカ・イシイギャラリーP/F
60×180cmのパノラマサイズの作品。撮影はいつものように作者の出身地の福島県須賀川市周辺。2011年の震災以降、意識的に出身地を撮り、その変化を記録していきたいという。パノラマサイズの写真を撮るために6×9のカメラを改造している。これまでにもスクエアや6×7、35mmでも撮り、プリントサイズも六つ切から今回のように大伸ばしのものまでいろいろあるがまったくその姿勢がブレていない。

・西野壮平展「Action Drawing : Diorama Maps and New York」、IMA gallery
IMA CONCEPT STOREが大きく模様替えして、ギャラリースペースが中心となっている。書籍はほんの申し訳程度のスペースしかない。ギャラリーでは西野さんが一コマずつカットされたベタ焼きをパネルに貼って実際に作品を制作している。撮影場所はハバナ。8割くらい出来上がっていた。最近の作品では人物が都市の中に入ってきている。また、新しい試みとして光りで地面にラインを描いたものも展示されていたが、こちらはあまり好みではなかった。それよりも実際の撮影風景のビデオが上映されており、なかなか興味深かった。以前に話を聞いたとおり、高い場所からの撮影だ。

・日本レース写真家協会写真展「COMPETITION」、AXIS GALLERY SYMPOSIA
AXISビルの地下にもギャラリーがあるのを初めて知った。昨年のモータースポーツを取材した作品。F1や世界耐久選手権、ラリー、MotoGP、Super Formula、F3、etc. どれもレースを想像して熱くなる。ラリーでは車がジャンプするシーンがあるがその高さが人の身長以上もありそうで驚いた。よくサスペンションが壊れないものだと思う。
[PR]
by pprivateeye | 2016-01-16 01:37 | 映画 | Comments(0)

8×10作品は魅力的

f0067724_251448.jpg


2016年1月8日(金)

☆「パリの恋人」、有楽町スバル座
 原題:Funny Face
 監督:スタンリー・ドーネン
 出演:オードリー・ヘプバーン、フレッド・アステア
リチャード・アヴェドンがビジュアル・コンサルタントとかで関わっている。フレッド・アステアがファッション写真家の役だが、突っ込みどころ満載だったw 目についたところを箇条書きしてみると、
 ・ローライフレックスを3台と露出計(セコニック・スタジオデラックス)を首から下げていた。
 ・大判カメラ(8×10)はよくわからなかった。
 ・8×10の作品はアヴェドンの撮影だろう。
 ・暗室シーンもある。
 ・引き伸ばし機はベセラーかな。
 ・ヘッドを水平にして壁に投射して大伸ばしするのだが、3m位離れているのに小全紙くらいの大きさだ。
 ・アステアによるプリント作業は2回あるがどちらもいいかげんだ。
 ・現像、停止、定着はそれぞれ10秒もつけていない。
 ・水洗なしですぐに壁にあるフレームに入れていた。
 ・一度目は手で直接撹拌、二度目はバットを傾けて撹拌していた。
 ・一度目のプリント作業の後、手も拭かずに新しい印画紙をセットしていた。
 ・二度目の露光ではマスクを使って印画紙上でトリミングしていたのだが、出来上がったプリントはトリミング
  された箇所だけが大伸ばしとなっていた。
 ・プリントの確認もセーフティライトのままだった。
 ・ローライフレックスで撮影するシーンではシャッターを切る場面はあるが、ファインダーを覗いてピントを合
  わせたり、フィルムを巻き上げたりする場面はなし。
 ・パリではいろいろなところでセットを組んで撮影するが、実際にアヴェドンがやっていたのと変わらないと思
  う。
 ・カメラの扱いが全体的にぞんざいだったのは悲しい。
ミュージカル映画なのでオードリー・ヘプバーンも歌っている。「マイ・フェア・レディ」では吹き替えだったが、オードリー自身も十分に上手だ。


・渡部さとる写真展「Demain」、ギャラリー冬青
タイトルは「また明日」といったニュアンスがあるらしい。いろいろなフォーマット、サイズ、場所、時期の写真だ。子供のときに父親のカメラを使って撮ったファースト・シャッターの写真もあれば、現在の家族を撮ったものもある。パリ、アルルもあるが江古田を撮ったものがよかった。ただ、カラー作品だけはピンと来なかった。変な言い方になるがつなぎという感じ。そういったイメージが選ばれているのかもしれない。
[PR]
by pprivateeye | 2016-01-14 00:51 | 映画 | Comments(0)

目に見えるものを越えて

f0067724_24488.jpg


2016年1月6日(水)

☆「写真家 ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」、シアター・イメージフォーラム
原題は、’No Great Hurry : 13 Lessons In Life With Saul Leiter’。
この映画の発表は2012年で、ソール・ライター自身は2013年に亡くなっていると教えられて少々驚いた。映画は80歳を越えた写真家の日常を取材したものだ。副題の13云々は単なるまとめに過ぎない。NYのアパートに40年以上も住んでいて、部屋の中は雑然としている。印画紙の箱やカメラ、絵、etc. それが親しみを覚える。取材カメラに向かって何度もシャッターを切ったりして、ああ、この人は写真が好きなんだなと思った。最後に「日本語字幕・柴田元幸」と出て、そうだそれでヘミングウェイを読んだんだと思い出した。


・中藤毅彦写真展「Berlin 1999+2014」、ときの忘れもの
ギャラリーに入って右側が1999年の撮影、左側が2014年。右手前から順に見ていくと、はっきりとその違いがわかる。2014年のベルリン空撮(気球に乗って撮ったそうだ)の写真は最初、デジタルかと思ってしまった。1999年はライカにズミクロン35mm、2014年はコンタックスG2に35mmとのこと。1999年はベルリンの壁崩壊から10年、まだ16年前なのにずいぶん昔の風景に見えてしまう。


・石井陽子写真展「境界線を越えて」、銀座ニコンサロン
タイトルだけから鹿の写真とは誰も想像しないだろう。キャプションには「・・・ だが、当の鹿たちは人間たちが引いた境界線を軽やかに越えて、街を闊歩している。」とある。ある種の社会批評性を持った作品だ。それだけにもっと厳しいセレクトであって欲しかった。犬や猫、子供の写真のように、この鹿かわいいでしょう、というようなものも混ざっていた。人のいない街中を歩く鹿は人類滅亡後のシーンかとも見えるし、公共の建物のファサードにすくっと立つ雄ジカは一見剥製のようでなぜこんなところにと思わせる。これもまた異空間だ。それを大事にしたい。
[PR]
by pprivateeye | 2016-01-12 21:21 | 映画 | Comments(0)

2016 謹賀新年

f0067724_1135761.jpg


本年もよろしくお願いします。
[PR]
by pprivateeye | 2016-01-05 23:23 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31