Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「ペインティング・フォト」の作品

f0067724_1825828.jpg


1月29日(水)

・白石ちえこ写真展「ホエール・ウォッチング」、Hasu no hana
最終日。モノクロの35mmの作品。“雑巾がけ”といわれる古典技法によるもの。全体に暗い感じなのだがコントラスがはっきりしていると妙に引きつけられてしまう。白石さんの写真集はむしろグレー中心のプリントだったがこの技法の作品ではずっしりとしたものになっている。話を聞くと、普通のプリントのときもスポッティングが大好きだったそうで、一度プリントしたものにさらに手を加えることが楽しいらしい。今日見た作品の中では階段を撮ったものと、象(井の頭公園の花子とのこと)が好み。

雑巾がけ:プリントした印画紙にオイルを引き、油絵の具などを塗る。その絵の具を拭き取りながら写真の調子を整えていく技法。1920~30年代に日本で独自に発達した。絵の具は乾くのに約1週間かかるので、その間に直しも可能となる。田村政美さんは「ペインティング・フォト」と呼んでいる。そのやり方はここです。

ギャラリーは多摩川の近くなので行ってみた。電車から見るときよりも川幅は狭く感じた。近くに学校もあるためグラウンドが何面もある。ラグビーのゴールポストは印象的だ。JR線の方へしばらく歩くとネットで囲われた場所があり奥には人がいるようだ。近くで土手の上にあがってみたらゴルフ練習場だった。こんな解放された空間のなかで囲いの中にいることがすごく不健康(不健全?)に思えた。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-30 17:56 | Comments(0)

六本木

f0067724_0555054.jpg


1月28日(火)

・Woifgang Tillmans展「Affinity」、Wako Works of Art
写真の内容はよくわからないが、作者の意思、行為がそこにあることはわかる。展示はティルマンス自身が訪れて作ったとのこと。印刷され製本された本をバラしてテープで壁に貼ったものもある。値段はウソでしょという感じ。大四つ切くらいの大きさで200万とか。
ちょうど1年前にここでリヒターの「Strip Paintings and 8 Glass Panels」の展示があり、そのときの図録をようやく購入する。


・須田一政写真展「わが東京」、Zen Foto Gallery
気持ちのいい黒だ。ハイライトとシャドー、好みのトーンだ。ただし、人物写真については妙な抵抗がある。感受性の強い10代のときに70年代のロックを通して欧米に憧れた者にとっては、当時の日本人の風俗はダサくて否定すべきものだった。そんな人物が好きなトーンで情緒的になることなく写っている。アンビバレンツな気分だ。


・「フジフイルム・オンリーワン・フォトコレクション展」、Fuji Film Square
写真の教科書に出てくるような有名な作品がいっぱい。現存の作家の場合、そのセレクトに作者の意思が入っているようで、あれこの作品なんだと思ったものもある。たとえば、鋤田正義さんはそうじゃないだろうか。好きな作品は山崎博さん、築地仁さん。


・「ウィン・バロック作品展 光に魅せられた写真家」、Fuji Film Square
六つ切くらいの大きさの作品だったが見ごたえがあった。森の中の少女を撮った一連の作品が有名だが、暖炉や岩など硬質なものもいい。しかし、それでも森の木々の細かな描写は気持ちがいいな。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-29 00:56 | Comments(0)

人間が自然に手を加える

f0067724_0534816.jpg


1月26日(日)

・松野良則写真展「blinkers」、銀座ニコンサロン
埋め立てなどのために山を削った跡地を撮影。千葉の内房。カラー作品。たぶん6×7。半切くらい。
全体にピントがあやふやだったのでレンズのせいかと思っていたが、立ち話から推測するにスキャンのせいのようだ。最近、カラーフィルムで撮ってスキャンしデジタルで出力という作品をいくつか見たがどれもスキャンが良くなかった。印画紙にプリントするときにはもっときちっとやると思うので残念だ。

・有野永霧写真展「マイナスの人景 砕石場」、新宿ニコンサロン
イタリアの石を切り出している現場。カラー作品。マミヤ7で撮影とのこと。銀座の作品と似たテーマの作品だが、こちらは印画紙のようで見た目がピシッとしている。話を聞いている分には有野さんは松野さんの先生のようだ。

今回の2つの展示はともに人間が自然に手を加えてあるいは利用して、その跡の醜さのようなものを訴えようとしているようだ(たとえば「マイナスの」)。しかしテーマが上滑りしているような印象を受けた。その場所だけでもドキュメンタリーに、つまり問題を提起する内容になるはずなのに、その辺りを深く考えた形跡が伺えなかった。東北の震災に際して写真を撮りに行った第三者も同じになっていないかと懸念する。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-28 23:47 | Comments(0)

清澄白河~広尾~八丁堀~神楽坂

f0067724_3194727.jpg


1月22日(水)

・村越としや写真展「April - May 2013」、TAP Gallery
セレクトの関係で前回の作品も数点残る。気に入っていた黒い岩も残っている。DMにも使われた磐梯山近くの冬山と池。見事なネイチャーフォトだ。今回の作品では道路の写真がよかった。

・芦谷淳写真展「NEW DAMSCAPES」、インスタイル・フォトグラフィー・センター
DMの写真ではグレー中心のようなトーンだったのでどうかなと思いながら行ったのだが、ギャラリーに入ってすぐにメリハリの利いたトーンが見えて引き込まれてしまった。デジタルでモノクロの作品。ズームレンズも多用しているとのこと。同じようにダムを撮っている作家では柴田敏雄さんが有名だが、もっと切り取ったフレーミングとなっており、そのためかより情緒的に感じた。少し見上げたような雲の写真が一番の好みだ。全体にトーンを付けており、やややり過ぎではと思えるものもあったが好みのトーンだった。これらを見ながら、なぜ自分がモノクロ写真を撮っているのかを考えたら、まず白と黒のトーンが好きなこと(グラデーションというよりもキリッとしたイメージが好み)、次いでパターン的なものが好きなのだなと思った。

・中藤毅彦ゼミ一期生作品展「アナザー サイド オブ トウキョウ」、Bright Photo Salon
ゼミ生は橋本有史さんと川村さとみさんの2名。この展示のために撮り下ろしたものだが、中藤さんからいつも撮っているものではないものを撮りましょうと言われたとのこと。期せずして二人ともストリートスナップ。最初、橋本さんの作品を見て、ストリートをモノクロで撮るとどうしても森山大道風になってしまうのだなと思った。次に見た川村さんの作品は人物だけのストリートスナップになっており、驚いたことにきちんとカメラを覗いて撮っている。ノーファインダーはなかった。話をしてもご本人はその大変さにあまり気付いていないようだった。

・「それぞれの時間」、PULSE GALLERY
おおつきさちこ、杉山美里、鈴木美保、丸山杏子、長谷川美祈の女性ばかり5人の写真仲間のグループ展。それぞれ経験も積んでいるので学生のように似たような写真が集まるというようなことはなく、自分の世界観で作品が作られている。一番気に入ったのは長谷川さんのカラーの作品で、一点だけあげるとすれば、ブックの中だが白いカーテンを娘さんが見上げているのがよかった。頭がほんの少ししか写っていないのだが見上げている視線を感じた。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-25 03:17 | Comments(0)

早稲田松竹で「ブリキの太鼓」「バグダッド・カフェ」を観る。

f0067724_23224111.jpg


1月21日(火)

・「ブリキの太鼓 ディレクターズ・カット」
原作はドイツの作家ギュンター・グラスが1959年に発表した同題の小説。ウィキペディアには、第二次世界大戦後のドイツ文学における最も重要な作品の一つに数えられる、と出ている。小説は少し前に読んでいるのだが、訳が固いのか原文自体がそうなのかわからないが、読みにくくそのせいか何を言いたいのかよくわからなかった。後にグラスが戦中、ナチに関係していたことを告白してニュースになったほどだから重要な作家ではあるようだ。
映画は1979年にフォルカー・シュレンドルフによってつくられている。今回初めて観るのだが基本的に小説に忠実に作られていると思う。しかし映像になってもわからないものはわからない。たとえば、馬の首でウナギを獲るシーンはそれ自体結構グロテスクなのだが、どういう意味・象徴があるのか。一方で、1939年9月1日の意味はわかりすぎるくらいだ。ドイツがポーランドに侵攻した日だ。
戦争や大人の日常のいいかげんさ等々ということを描いていると言っていいのだと思うが、それは子供のまま成長しない主人公にも当てはまるのではないだろうか。

・「バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版」
1987年に西ドイツで制作された映画だが、舞台はラスヴェガスの近くの砂漠の中にあるうらぶれたモーテル兼カフェ兼ガソリンスタンドだ。監督はパーシー・アドロン。
カフェの女将ブレンダを演じたCCH・パウンダーがよかった。旦那は甲斐性がなく子供は遊び回っていて、終始イライラしている。しかし、仕草や行動におかしさがあっていい。
太ったドイツ人女性のジャスミン役のマリアンネ・ゼーゲブレヒトも前半はあまりしゃべらず、それが何かありそうな雰囲気を出していた。
この二人の衝突、といってもブレンダが一方的にジャスミンにイラつくのだが、それを描いた前半は緊張感があってよかったのだが、仲がよくなった後半は単なるハッピーなお話でいまひとつ感心しなかった。ジャスミンがいなくなってからバーテンダー(?)が「マジックは消えた」と言ったセリフはかっこいい。
あと、ブレンダが警官を呼ぶのだが、その警官がアメリカン・インディアン系で髪を伸ばしておさげにしている。その少々怪しい感じの警官が、ジャスミンの正確な名前(シャなんとかスキー、みたいな名前。自分も覚えきれなかった)を一度聞いただけで復唱するところなど知性を感じさせる描き方だと思う。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-21 23:03 | 映画 | Comments(0)

虚構の中の虚構

f0067724_1491715.jpg


1月18日(土)

・「楽園創造 ――芸術と日常の新地平―― Vol.6 安村崇 展」、gallery αM
カラー、Cプリント。むやみに大きな作品ではない。
それは街中にあるものなのだが、遠近感のない、色と線だけの組み合わせとなっている。
キャプションを読む限り、写真から(写っているものから)一切の説明的な要素を省くことで、その撮られた写真そのものに語らせようとしているかのようだ。
喪失した〈いま、ここ〉とは、まさに、これらの作品を見ている「いま、ここ」のこととなる。


・第3回 東京都写真美術館ボランティアスタッフ写真展「暗室からコンニチハ」、Gallery CORSO
以前、暗室でいっしょだった人が展示をしているの神田神保町のギャラリーへ見に行く。総勢27名の大展示だ。都写美で暗室の手伝いをしている人たちの展示なので当たり前といえば当たり前だが全員モノクロの作品だった(一人、サイアノプリント)。いろんな作品を見比べると、印画紙は光沢のほうがいいなと改めて思った。半光沢だと少し霞がかかったような印象を受けてしまう。中央アジアから東欧らしきところを撮った作品が好み。その左隣の植物の二点もよかった。


古本で『カラー版世界文学全集25 ジィド 狭き門/贋金つかい/アンドレ・ワルテルの手記/他』河出書房を購入。奥付を見ると昭和42年の発行となっている。定価750円。
ジッド(最近ではこう表記されている)の「贋金つかい」(「贋金つくり」という訳もある)を読みたかったためだ。最初のメタ・フィクションであり、ヌーヴォー・ロマンのさきがけとも言われているが、岩波文庫が絶版になって久しい。この小説は劇中劇ならぬ“小説中小説”ともいうべきもので、次第に作者や作中人物が入り混じるという複雑な構成になっている(らしい)。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-19 01:13 | Comments(0)

幸福な写真

f0067724_1463286.jpg


1月17日(金)

・日本の新進作家 vol.12「路上から世界を変えていく」、東京都写真美術館 2F
作家は大森克己、林ナツミ、糸崎公朗、鍛治谷直記、津田隆志の5名。
大森さんの「すべては初めて起こる」は以前にポーラミュージアムでも見ているのだが、アメリカン・クラッカーのハレーションを写し込むという行為がよくわからない。どんな意味合いがあるのだろうか。同様のことは林さんの浮遊セルフポートレートにも言える。何かを表現しているのか、隠喩としての浮遊か、単に奇を衒っているだけなのか。糸崎さんのフォトモは子供の雑誌の付録にあったよねとか、フィギュアがなぜ欧米系の人形なんだろう、といったことを思った。鍛治谷さんの看板や装飾は「虚構→現実→虚構」といった展開を感じた。記号でもある看板を写した写真は現実のものだが、それらを一様に見せることで新たな「ウソの世界」を作ろうとしているかのようだ。津田さんの宿泊した場所のシリーズは、その問いそのものが現実のものかどうかわからない。テントにしても実際に寝たのかどうかはわからない。

・「植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ 写真であそぶ」、東京都写真美術館 3F
ラルティーグのサインには最後にお日様が書かれていて可愛い。ラルティーグの写真が今日、都写美で見たなかで一番良かった。難しいことや、何か意図を持ったものでなく、純粋に写真を撮ることを楽しみ、またその楽しい瞬間を残しておきたいという気持ちを十分感じることができる。一点だけあげるとすればクリスマスに一家で撮ったものがいい。フィアンセのビビを撮った一連の写真では荒木経惟を思い起こした。荒木自身もラルティーグはお気に入りの写真家としてあげている。植田正治は先日、東京ステーションギャラリーで見たばかりだが、ここでは比較的初期の作品が多かった。その中で一番いいと思ったのは写真集「僕のアルバム」だ。奥さんを中心に家族を撮ったものだが、各ページをまとめて見せていることで幸福感が伝わってくる。

・高谷史郎「明るい部屋」、東京都写真美術館 B1
映像作品は映画と違ってストーリーがないだけに見るのがしんどい。全部を通して見ることはまずできないので、何をやろうとしているのか考えるきっかけも生まれてこない。写真ではモノクロの大きなスクエアの作品をグレーのアクリルで覆ったものがよかった。たぶんビューカメラのピントグラスをイメージしているのだろう。ただ、雲の写真はどうかと思った。あと、ロラン・バルト『明るい部屋』に関連したコーナーは蛇足のように思える。展示されている有名どころの作品自体はいいのだが、関係ないともいえる。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-19 00:21 | Comments(0)

カモメが翔んだ

f0067724_1737338.jpg


1月15日(水)
・村越としや写真展「January - March 2013」、TAP gallery
福島のシリーズ。今年9月から10月にかけて吉祥寺美術館で現在進行中のこのシリーズの展示を行うそうだ。雪が少し積もっていたり煙が立っているとそれだけで情緒的に見える。黒い堅そうな岩の写真が好みだ。

・渡邉遊可写真展「follow the light」、Locker Room Gallery
カラーでスクエア、35mmが少し。仙台に実家があり、震災後の海やその周辺の風景を撮影。キャプションがよかった。「・・・・・・悲しかったが、海が好きな気持ちは消えなかった。」写りが悪いのはスキャンのせいらしい。もったいない。津波の被害の痕を、嫌なもの、特別なものとしてではなく、普通に撮っているのがいい。キャプションも含めて撮影の姿勢に好感が持てた。

・6×6写真研究部 “ましかく”だらけのワークショップ修了展「新年早々文化祭!」、ルーニイ
タイトル通り、スクエアの作品だけのグループ展。
奥に展示の小さめの作品が「普通」でいい。

・有元伸也写真展「ariphoto 2014 vol.1」、TOTEM POLE
いつものように新宿だが、いままでよりも楽しい感じがした。路上は舞台だということばが浮かんできた。パンクな母娘の写真がいい。最初は親子とは思わなかった。

・大野伸彦写真展「domestic life」、Place M
子供(双子)が生まれる前から1歳くらいまでの写真。いわゆる記念写真風ではなく、スナップとして撮られている。なんといっても子供が愛らしい。しかもそれがどんどん変わっていく。写真の正しいあり方のひとつだな。

・濱浦しゅう写真展「ハヤチネ」、M2 gallery
タイトルは地名らしい。冬の岩手。雪景色を撮ったものだが、雪がしつこい感じがした。その意味では乗り物の中から撮ったと思われる、少しぼんやりしたところのあるカットのほうがよかった。

・関薫写真展「線の記」、third district gallery
35mmのモノクロ。画面中央に柱や壁などの線があるのが目に付いた。



kinko'sで「サーキット・レイアウト」をプリントアウト&コピー。F1、MotoGP、インディーカーの開催されるサーキットその他のレイアウトをまとめた。

紀伊國屋書店でオースン・スコット・カード『エンダーのゲーム』(上・下)を購入。もうすぐこの作品の映画上映されるので、観る前にもう一度読んでおこうと思った。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-16 16:44 | Comments(0)

新橋の駅は昔のままだった。

f0067724_1731276.jpg


1月11日(土)

・中藤毅彦写真展「届かない悲鳴 ―共同通信連載企画」、汐留メディアタワー・ギャラリーウォーク
モノクロ12点、カラー12点。どちらもインクジェットプリント。紙が異なるようで、モノクロのプリントはツヤがなく黒がベタっとした感じだ。ただモノクロは中藤さんらしい。カラーはやや印象が異なり、挿絵的なイメージだった。


・森田城士写真展「仮囲い」、銀座ニコンサロン
オープニング・パーティのときはそわそわしてじっくり見れなかったので再度訪れる。
囲いの内と外は、現実と虚構かと思った。ただし、道路の下に大きな空間があるのを見ると、目に見えているもの(=囲いの外側)が虚構のように思えてくる。
ある写真家の言葉を思い出した。「こんなに簡単に大きなビルができるのなら、壊れてしまうのも簡単だ」。
囲いの中でヘルメットを被って作業をしている人を見ると、高層ビルも人の手によって建てられていくのだなと実感した。
画面がタテに細長くしかも広角レンズで撮られているので、一目で全体を見ることができない。どうしても上から下へ、下から上へと細かく見ていかざるを得ない。これを強制と思うか、きちんと写真を見るための手引きと思うか。
プリントの粒子の具合はフィルムの違いによるとのこと。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-16 15:49 | Comments(0)

定番

f0067724_1646651.jpg


1月8日(水)

・アート・ウルフ写真展「DIVERSE PLANET」、コニカミノルタプラザ・ギャラリーA
・「宇宙から見たオーロラ 2014」展、コニカミノルタプラザ・ギャラリーB・C
・mayumi yamada写真展「Gestalt」、Place M
・企画展「記憶の地図 1 北村家のアルバム」、M2 gallery
・こくまい太写真展「NIWA」、蒼穹舎
・宍戸開写真展「Sverige スヴェーリエ(Sweden)」、シリウス


今年もコニカミノルタプラザでアンケートに答えて、カレンダーを頂いた。内容はギャラリーAで展示されているアート・ウルフの作品。信じられないような風景の構成だ。オーロラ展ではISSでの若田さんの模様が上映されていて、本物の「ゼロ・グラビティ」の世界を見る。
シリウスでは宍戸さん本人を見る。正月番組で見たときと同じダウンのベストを着ているなあ、と思った。
[PR]
by pprivateeye | 2014-01-09 16:48 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31