Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

「ヒッチコック」

f0067724_2272520.jpg


4月23日(火)

日比谷TOHOシネマズシャンテで「ヒッチコック」を観る。ヒッチコックが「サイコ」を製作していたときの話。奥さんのアルマの重要性がよく描かれている。そしてヒッチコック役がアンソニー・パーキンス。役柄がミステリの巨匠、その巨匠が恐怖映画でもある「サイコ」を撮影ということになれば、どうしても「羊たちの沈黙」のレクター博士を連想せずにはいられない。またこの映画の撮影自体もそういったことを前提としているようだ。その意味でこれもまた「映画についての映画」「映画 in 映画」ということがいえる。それぞれの作品を知っていれば知っているだけ楽しみが増えるのは確かだ。ヒッチコックとトリュフォーの「定本 映画術」を早く読まなくては。


銀座ニコンサロンで開催されていた前迫美紀子写真展「うたかたの日々」の搬出の手伝い。最後にもう一度しっかりと見る。写真仲間と話していたのだが、なぜこんなところを撮ったのだろう、なぜこんなふうに撮ったのだろう、という不思議な感覚が強い。同じようなところを撮ったこともあるし見たこともあるがどこか違う。それは男性と女性の感覚の違いという言葉では大雑把すぎて説明になっていないし安易すぎる。だからその不思議さが魅力で、次が気になる。
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-25 02:49 | 映画 | Comments(0)

入院日誌 <10日目>

2004年12月1日(水)

・6:00、起床。トイレ(小)。36.5℃。
・6:45、64回。体重79・95kg。

・7:45、トイレ(小)。
     今日はMRI検査があるので、朝食はそのあと。水も飲んではいけないそうな。
     朝一番の検査でもたぶん9時からなので、食事が食べられるのは早くても2時間後だあ。

・「文藝春秋 夏目漱石と明治日本」、9割方読み終える。短い文章が多いせいもあってか、あまり深く突っ込んだ感じがないのが少し物足らない。2~3、興味深いのがあったくらい。
     船曳健夫「坂の上の明治人 夏目漱石と司馬遼太郎」
     中島国彦「漱石と新しい‘人間’」
     三砂ちづる「失われた明治女性の身体性」
・帰ったら「漱石全集」を読まなくてはと思う。「第2巻 坊っちゃん」で止まったままだ。「坊っちゃん」について、たしか関川夏央だったと思うが、この小説は悲しい物語で、決してコミカルなものではないと書いていたのを思い出す。

・9:05、MRI検査に呼ばれる。B1。
     注射。149/104、75拍。
     台の上に上向きに寝て、頭を固定。
     ドームの中に入って磁力で撮影。
     機械の音と撮影の音が次第に音楽に聴こえてくる。
     頭を動かせてはいけないので、ノドの乾きが気になる。
     手や背中の感覚もなくなってきて、考えていることがフラフラする。
     その考えにつられて体が動いてしまうような気がする。
     なかなか意識を集中することができなかった。
     約30分かかり、10時終了。

・10:45、79.70kg

・10:55、朝食。パン2コ、ツナサラダ、マーガリン、マーマレード、紅茶、牛乳。20分弱で食べ終える。

・11:30、薬、10日分。請求、98,660円。支払いは次回12/10、病院に来たときに医療事務室にて。

・12:00、昼食。粥、鳥肉のソテー、マカロニサラダ、漬物、吸い物。

・13:30、看護婦の小金沢さんに挨拶して、退院。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上です。

2Bのワークショップに参加したのが前年2003年で、第一回目が9/27。そのころはWSも土曜日だけで、午後に参加。受講生は男4名だけでした。

翌2004年7月にアユミ・ギャラリーでWS1期と2期の11名が参加してグループ展を行いました。このときはまだ渡部さんはグループ展に懐疑的でしたが、それでもわれわれの要望を受け入れてくれ、以前に自身が個展をやったことのあるアユミ・ギャラリーで開催することになりました。このギャラリーの建物や庭の空間が気持ちよかった。

参加者の一人が同行者と知り合いということで声をかけて写真家中平卓馬もやってきました。そのとき渡部さんはWSのポートレート実習の最中で、連絡を受けて実習を早めに切り上げ、受講生を置いてアユミに飛んできました。写真集「午後の最後の日射し」を見てもらったりしていました。

そんなことがあった年の11月に入院です。
当時はまだカメラに熱心なときだったので、入院中に持っているカメラの台数を思い浮かべたり、ほしいカメラを想像したりしていたのですが、写真(作品)のことはほとんど頭にありませんでした。いまならよかった作品とかプリントのことを考えるかもしれません。ちなみに<4日目>でリストアップしたカメラやレンズの半分はもう手元にありませんw

入院そのものは全然嫌ではありませんでした。検査とかは好きなほうです。
トーマス・マン『魔の山』が好きで入院するということに憧れのようなものもあるみたいだし、細かく記録を取るのは永井荷風『断腸亭日乗』からの影響だと思います。

で、病気(?)の原因ですが、結局は分からずです。先生が言うには、たぶん風邪の菌が耳の内部に入って悪さをしたのだろう、ということです。退院後、特に変わったこともなく過ごせたので、そういうことだったのだろうと思っています。
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-22 18:02 | Self Portrait | Comments(2)

佐藤琢磨、優勝!

f0067724_872833.jpg


4月21日(日)
モーター・スポーツな一日だった。全部LIVEで見た。

F1第4戦バーレーンGP(サヒール)
  1.ベッテル
  2.ライコネン
  3.グロージャン

MotoGP第2戦アメリカGP(オースチン)
  1.マルケス
  2.ペドロサ
  3.ロレンゾ

Indy Car第3戦ロングビーチ
  1.佐藤琢磨
  2.レイホール
  3.ウィルソン


佐藤琢磨、インディーカーシリーズで日本人初優勝!
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-22 08:15 | Comments(0)

入院日誌 <9日目>

2004年11月30日(火)

・6:10、起床。目が覚めたのは5時40分頃。トイレ(小)。36.8℃。
・6:30、洗顔。80.40kg。天気、曇り。

・7:55、朝食。食パン2枚、ゆで卵、サラダ(プチトマト、レタス)、マーガリン、リンゴジャム、フレンチドレッシング、紅茶、牛乳。意識して時間をかけて食べる。25分かける。できるだけ頬張るような食べ方はやめて、一口一口ていねいに食べるようにする。

・8:25、体重80.95kg。食事の量は550g。今日13:30から風呂の予定。
・8:50、36.4℃
・9:05、トイレ(大)。体重80.65kg。歯磨き。
・9:25、点滴、再開。大ボトル。140/72、72回。
・10:00、B2で石鹸、125円。

・10:10、耳科主治医、増田医師より話。
       眼球の震えはなくなった。
       予定通り明日12/1退院でOK。
       12/10、耳鼻咽喉科外来へ。9:30~
       内服薬(メチコバール、アデホスコーワ、カナクリン)出る。
       書類を外来受付へ診察票といっしょに出す。
       運動はやってもよい。テニスもOK。
       酒は深酒を慎む。飲まないほうがよい。
       車や自転車の運転などバランスをとることには注意する。

・10:30、1Fで医療費の扱い、健康保険への手続きをする。
      「健康保険被保険者資格証明書」を提示する。
      医療費の請求は明日午前中にドクターからある予定。
      天気、晴れ。

・12:10、昼食。粥、鳥肉煮込み、サツマイモとリンゴ煮(?)、キャベツとニンジンの漬物、エビプープ、マンゴー。25分かけて食べる。

・12:50、点滴、落ちなくなり一時中断。予定ではこの残り約200mlと夕方の小ボトル。これで終わりなら風呂に入るのが楽になるのだが。36.7℃。

・13:15、歯磨き。トイレ(大)。
・13:30、風呂。湯船もあったが石鹸で体を洗い、頭をシャンプーして、シャワーで洗って終わりにする。パンツを履き換える。

・14:00、屋上で日光浴。快晴。少し風。点滴、終了。夕食後の内服薬にかわる。

・15:30、B2売店でペットボトル(大)、315円。体重81.05kg。

・16:15、茨田、見舞い。年始広告や取引所通達などの書類を持ってくる。

・17:30、トイレ(小)。
・17:55、80.75kg

・18:00、古川、大庭、佐藤、浅野、見舞い。見舞い品2点いただく。

・18:20、夕食。粥、焼き魚(アジ)、茶碗蒸し、キュウリの酢の物、みそ汁、ヤクルト・ビフィール。
      薬、錠剤二錠、顆粒。体重81.80kg。

・18:55、36.7℃、68
・19:30、トイレ(小)。歯磨き。
・20:45、トイレ(小)。

・21:10、消灯。錠剤一錠。
・11時頃、トイレ(小)。
・4時頃、一度目を覚まして時計を見る。
・歩いていてボーッとなったりすることはない。
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-21 23:34 | Self Portrait | Comments(0)

入院日誌 <8日目>

2004年11月29日(月)

・6:10、起床。
・6:30、36.5℃、72。洗顔。顔を洗うとき頭が小さく動くので、動かしているときフワッとなる。

・7:35、体重を量る。81.15kg

・8:00、『白痴』(下)、564ページまで読む。終わり間際になってようやくていねいに読めるようになってきた。
・朝食。パン2コ、カニカマサラダ、マーガリン、イチゴジャム、フレンチドレッシング、紅茶、牛乳。ゆうくり食べるという気持ちを持っていたが、何となく考え事をしながら食べたら25分かかった。ゆっくり食べるには一口を小さくし、一口を食べたら箸を置いてていねいに噛んで咀嚼してから次を食べるようにする。
・食事の後すぐに体重を量ったら81.60kg。食事は450gか。

・9:10、歯磨き。そろそろ頭を洗いたい。

・9:25、点滴、再開。大ボトル。右手首の角度がほんの少し変わるだけで点滴の落ちるスピードが違ってくる。角度によっては落ちなくなる。

・10:15、シーツを交換してもらう。トイレ(大)。152/102、36.6℃。

・11:30、看護婦さんから、横浜の親戚の人から電話があり、退院が近くなったら連絡するようにとのこと。会社に電話する。横浜の電話番号を聞く。松永に「文藝春秋12月臨時増刊号」を頼む。今日、カバン、ワイシャツを持ってくるとのこと。茨田次長も来るらしい。

・12:15、『白痴』(下)、618ページまで読む。
・昼食。粥、カレー、サラダ(ブロッコリー、トマト、キュウリ、レタス)、グレープフルーツ。

・13:00、先生から退院の指示。12/1予定。MRIは一週間後(12/10頃)、外来で受診。
・13:40、点滴、ストップ。
・13:50、歯磨き。トイレ(小)。少し早く歩くとフワッとする。
・13:55、36.8℃

・14:50、B2でシャンプー&リンス、315円。

・15:00、『白痴』(下)、読了。トイレ(小)。

・15:20、頭を洗ってもらう。一週間ぶり。おしぼりで少し体を拭く。

・ホールでしばらくポケーッとする。頭のボーッとした感覚はなくならないけど、これで退院していいのかな。点滴の薬が続いていたこと、ずっと横になっていたことなどでボーッとしているのかな。

・16:10、体重81.30kg。看護婦さんから、急遽明日朝、MRI検査とのこと。

・16:20、松永、見舞い。「文藝春秋 夏目漱石と明治日本」、ワイシャツ、カバン、ミネラルウォーターを持ってきてもらう。12/2(木)、3(金)、休暇をもらう。

・16:55、点滴、再開。小ボトル。

・17:15、MRI検査は明日ではなく、12/1、朝。
・17:40、36.4℃
・17:55、点滴、ストップ。今日はここまで。明日、シャワーが浴びれるようだが、点滴は続くみたい。シャワーのときはビニールを被せるとのこと。トイレ(小)。

・18:05、夕食。粥、焼き魚(ブリ?)、春雨サラダ、ジュンサイ、お吸い物。退院が決まって元気が出てきたのか、時間をかけてご飯を食べるのが難しくなってきた。20分かける。下膳するときの足取りも何となく軽い感じがする。

・19:00、家に電話。退院の予定を伝える。父親、白内障の手術、左目は見えるようになり、右目は12/2に手術予定。手術をすればきちんと見えるようになるとのこと。横浜に電話。退院の予定を伝える。

・19:15、歯磨き。
・19:45、トイレ(小)。
・19:55、136/86

・21:00、錠剤一錠(胃荒れ止め)。少し退屈。

・退院が決まったせいか、気持ちがいろんな方向に向くようになってきた。本を読むのに集中しづらかったりする。あるいは、何を考えるわけでもないがロビーの椅子に座っているほうが落ち着くような気がする。

・11時頃、トイレ(小)。あと、夜中に二度ほど目が覚めるというか、眠りが浅くなった。
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-21 13:18 | Self Portrait | Comments(0)

入院日誌 <7日目>

2004年11月28日(日)

・6:00、起床。トイレ(小)。洗顔、立って顔を洗う。頭を細かく動かすといつもと違って、フワッとした感じが起る。その後、歩いて戻るときには特に違和感はない。
・看護婦さんがベッドの前を仕切っていたカーテンを開けたので、今日から他の人と同じオープンになる。

・6:30、36.6℃、122/80、60

・7:55、『白痴』(下)、254ページまで読む。
・朝食。パン3コ、オムレツ、サラダ、マーガリン、ブルーベリー、マヨネーズ、紅茶、牛乳。25分かけ、ゆっくりと食べる。

・8:50、36.8℃、112/80、60。点滴、再開。大きいボトル。約3時間分。

・9:20、歯磨き。点滴スタンドを押していく。今日も快晴。トイレ、小のみ。

・10:00、ニコライ堂(?)の鐘が鳴る。約10分間続く。聴くのは初めて。
・10:20、体重を量る。81.6kg。
・10:45、トイレ(大)。トイレに行く前、椅子にしばらく腰掛けていたが、10分ばかりしたら頭が少しボーッと重くなる。

・12:05、『白痴』(下)、334ページまで読む。
・昼食。粥、マーボ豆腐、ブロッコリーとニンジン、モヤシ、みそ汁。右手を使うと点滴が止まるので、左手で食べる。25分かかる。
・12:30、再びニコライ堂の鐘が鳴る。5分続いて、そのあと5分断続的に鳴る。
・13:05、点滴、空。次は夕方から。

・13:45、屋上へ行く。階段を2階分登る。少し頭が重い。15分ぼど日光浴。風はあるが暖かい。快晴。

・14:00、トイレ(小)。

・14:10、36.7℃、66。残しておいたおしぼりで両足を拭く。

・15:45、B2売店でペットボトル(大)、315円。看護婦さんに「エレベーター、乗ってよかったんでしたっけ?」と言われ、「乗っていいとは聞いてはいないけど、2回ほど乗ったよ」と答える。

・17:00、トイレ(小)。
・17:10、36.7℃、128/84。食事のあと、点滴予定。小ボトル。

・18:05、『白痴』(下)、472ページまで読む。
・夕食。粥、すき焼き(鳥ササミ肉、豆腐、しらたき、大根、ネギ、ニンジン、春菊)、みそ汁、みかん。けっこうボリュームがあり、ゆっくり食べたら25分かかる。

・18:40、トイレ(小)。
・19:15、歯磨き。
・19:25、点滴、再開。小ボトル。
・19:50、点滴、空。今日はここまで。

・朝日新聞の書評、広告を切り抜く。
  『他者と死者 ラカンによるレヴィナス』
  「文藝春秋12月臨時増刊号 夏目漱石と明治日本」

・21:10、消灯。錠剤一錠(胃荒れ止め)。トイレ(小)。

・0:10、トイレ(小)。汗をかいている。
・5:40、トイレ(小)。あまり寝付きはよくなかった。トイレに起きた以外にも2回ほど目を覚ましたような気がする。
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-20 21:16 | Self Portrait | Comments(0)

入院日誌 <6日目>

2004年11月27日(土)

・6:15、起床。少し眠い。トイレ。小のみ。ガスが出ただけ。
・6:35、36.6ど
・7:25、146/80.通じなし。水を多めに取るように。
・8:10、朝食。パン2コ、マーガリン、マーマレード、ツナサラダ、スープ、牛乳。意識的にゆっくりと時間をかけて食べる。25分かける。下膳する。
・8:45、トイレ。ようやく大。
・9:15、歯磨き。洗顔。顔はうまく洗えない。フラッとする。パンツを履き替える。
・9:45、右腕の黄色い湿布、交換。ほとんど腫れはひいている。
・10:00、初めて屋上に出る。快晴。風はあるけれど寒くない。10分ほどベンチに座る。屋上から階段で5Fまで戻る。頭がボーッとした感じ。
・10:45、36.8℃、150/80、60

・12:05、『白痴』(上)、640ページまで読む。
・昼食。うどん、玉子焼き、煮物、オレンジ。下膳。歯磨き。トイレ、小。

・13:00、点滴を再開するが、痛みがあるのでやめて針も外す。右腕の黄色い湿布も取る。ほとんど腫れ、痛みなし。

・13:35、37.1℃、62

・13:50、B2売店で買い物。ペットボトル(1ℓ)、ヘアブラシ、945円。

・14:15、点滴再開。先生が針を指し直す。再び右腕。今度は腕の外側、手首の近く。黄色い湿布は終わり。左腕の点滴の痕も血止めシールでOK。ただ点滴が通っていた静脈を押すと痛みがある。

・15:05、『白痴』(上)、読了。

・15:30、点滴スタンドを転がしながらトイレへ。大。新聞を読む。
・17:10、トイレ。小。
・17:40、36.8℃

・18:05、『白痴』(下)、81ページまで読む。
・夕食。粥、ハンバーグ、ブロッコリー、キノコとニンジンとジャガイモの和え物、野菜スープ。右腕に点滴をしていて、力を入れて動かすと痛いので左手で食べる。25分かかる。

・18:40、36.7℃、132/80

・18:50、点滴交換。小ボトル。

・19:50、歯磨き。点滴スタンドを押していく。左手で磨こうとしたが上手くいかず。座って磨くのなら肘をついているの点滴をしている右手でもそれほど不自由じゃない。手首を返すと痛い。

・20:30、点滴、空。今日は終わり。

・20:45、トイレ。小。

・21:10、錠剤一錠(胃荒れ止め)。消灯。

・21:40、『白痴』(下)、189ページまで読む。就寝。

・21:50、トイレ。小。

・23:50、トイレ。小。なかなか寝付けないようだったが、次に時計を見たら3時半だった。
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-20 10:06 | Self Portrait | Comments(0)

入院日誌 <5日目>

2004年11月26日(金)

・6:00、起床。小水。36.5℃
・7:50、『白痴』(上)、240ページまで読む。
・朝食、パン2コ、ハム2枚、サラダ、ノンオイルドレッシング、マーガリン、ジャム、スープ。牛乳。意識的にゆっくりと一口ずつ時間をかけて食べる。25分かける。食べているときは頭の重い感じはなくなったが、頭を振ったとき、頭の中で重りが遅れて揺れている感じがする。

・9:00、洗面所まで歩いて、歯を磨きにいく。腰かけて歯を磨いているときは普通だが、立ち上がって戻るときには頭が重く、ときどきフラッとする。

・9:20、点滴再開。点滴スタンドをつけてもらう。
・9:30、実家に連絡。テレホンカード、1000円。父親、白内障、左は終わる。右は来月とのこと。

・9:45、右腕の黄色い湿布、交換。
・11:45、36.8℃

・12:15、昼食。粥、カレイ揚げ、マカロニサラダ、みそ汁、梅干し。20分かけて食べる。

・13:00、点滴ストップ。次は夕方。
・13:15、歯磨き。終わってから立ち上がり、歩くときフワッとした感じになる。
・13:30、トイレにいく。小のみ、大は出ず。
・14:15、ズボン、ネクタイをクリーニングに出す。500円。12/1上がり予定。
・14:15、37.0℃
・14:30、B2売店で買い物。ミネラルウォーター、110円。タオル、230円。1Fで100円を10円に両替。
・16:00、トイレ。新聞を読む。頭が重い。
・17:15、トイレ。点滴再開。小さいボトル。
・17:55、夕食。粥、吸い物、カジキ、インゲンとニンジンとはんぺんの煮物、菜の煮付、きゅうりの漬物。
・食事中に石田、宮川、岩田、見舞い。見舞い金5000円いただく。倒れたときの状況を話す。話をしていると汗をかく。Fujilife、茨田次長が音頭をとって宮川、岩田の三人で封筒をしばるところまでやったらしい。
・夕食までに『白痴』(上)、416ページまで読む。

・18:40、点滴ストップ。夜はなし。
・18:50、36.9℃、134/88
・19:15、トイレ。小のみ。歯磨き。終わってから立ち上がると、歯磨きとはいえ運動をしたせいかフワッとなる。
・19:50、大川さんにTEL。明日は休む。入院したことを話す。笠原さんにTEL。今日は遅くなる。野口さんにTEL。奥さんに、明日は休むと伝えてくださいと頼む。濱川さんにTEL。入院したことを話し、この土、日、12月は行けないので受付の件を本人に頼む。

・20:30、右腕の黄色い湿布、交換。まだ少し腫れている。
・21:00、消灯。『白痴』(上)、480ページまで読む。錠剤一錠(胃荒れ止め)。今日の天気、薄日。
・23:40、トイレ。小のみ。夜中に二度ほど目が覚める(意識が戻る程度)。
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-19 12:48 | Self Portrait | Comments(0)

入院日誌 <4日目>

2004年11月25日(木)

・5:55、起床。点滴がなく自由になったのでベッドを出て歩いてみる。フワッとした感じで、壁に伝い歩きしないと不安。トイレで小水だけ。
・6:10、35.7℃、   、140/85
・7:50、朝食。おかゆ、みそ汁、キャベツの煮物、シーチキンのようなもの、梅干し、牛乳。全部食べる。
・食事中から頭を上げているとボーッとする。

・昨晩寝ながら数えたら、カメラ22台、レンズ35本、三脚3本、露出計4台。
  ローライフレックス3.5F、3.5C
  ローライコード
  ミノルタオートコード
  メオプタ・フレクサットⅤ
  マミヤ645proTL、50mm、80mm、100mmマクロ、70-210mm
  マミヤ6、50mm、75mm、150mm
  ハッセルブラッド500C、503CX、503CW、903CW、
    C80mm、CF80mm、CFE80mm、CF60mm、C150mm、C250mm
  キヤノンEOS-1N、5、28-105mm、80-200mm、100-300mm、100mmマクロ
  キヤノンNewF-1、50mm
  キヤノン7、50mm
  コンタックスRX、35mm、50mm、70-200mm
  ミノルタCLE、40mm
  ニコンFE、50mm
  ベッサR-2、21mm、35mm、50mm、
  リコーGR-1v、GR10
  コニカ・ビッグミニ
 (レンズ)
  アベノン28mm、ライカ・ズミクロン沈胴50mm、ズミクロンR50mm、トプコン58mm、
  ペンタックス28mm(M42)、シグマ17-28mm、ロシアレンズ40mm、90mm
 (三脚)
  ベルボン・フィールドエース、カルマーニュ630、ハスキー三段
 (露出計)
  セコニック(3台)、VCメーター

・9:20、体を拭いてもらう。パジャマに着替える。右腕の黄色い湿布交換。

・10:40、36.8℃、   、130/82。体を起こしているとボーッと頭が重くなってくる。

・12:15、昼食。五分粥、豆腐、そぼろ大根、モヤシとニンジンの煮物、チキンスープ、ババロア。20分かけて左手で全部食べる。食べているとき頭がボーッとする。頭が重い。

・13:00、点滴再開。今度は左腕。両腕が不自由だ。
・13:45、小水。このとき動いたので点滴の管を血が逆流して赤くなる。
・14:00、37.0℃
・14:45、点滴、空になり、ひとまずストップ。
・15:20、小水。
・15:45、松永、見舞い。Tシャツ、手帳、『白痴』を買ってきてもらう。B2売店でミネラルウォーター1本。仕事の話を少し補充。

・右腕の黄色い湿布がはずれたので取り換える。今度は包帯で巻いてもらう。
・先生から、明日から少し歩いてくださいとのこと。動くことで目まいの対処になるとのこと。

・17:20、小水。
・17:40、36.8℃、71、152/92

・『白痴』(上)を88ページまで読む。
・ズボンのクリーニングの件、依頼。

・18:10、夕食。五分粥、おでん、みそ汁、ヨーグルト、フルーツ。20分かけて食べる。
・19:00、歯磨き。点滴再開。小ボトル。約30分?
・20:00、点滴ストップ。
・21:00、消灯。錠剤一錠。

・『白痴』(上)、178ページまで読む。
・まぶたは重く、体も寝ようとしているけれど、なんとなく頭の中が眠れない。冴えているというわけではない。というのは何かを思うということがほとんど浮かんでこないから。
・二日目くらいまで寝ていると腰がすぐに痛くなったのだが、その後は一日中寝ているのにそれほどでもない。体の具合が悪くなると腰の調子が悪くなるのか。昨日からベッドの頭の部分を上げるスイッチを見つけたのも楽になった。

・22:30、小水。
・22:45、腕時計を見る。今日の天気、晴れ。
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-18 12:44 | Self Portrait | Comments(0)

六本木~西麻布~広尾~白金

f0067724_20125594.jpg


4月12日(金)

Taka IshiiGallery P/F、村越としや個展「木立を抜けて」
Zen Foto gallery、木格 Muge「Ash」
ギャラリーE・M西麻布、遠藤晶写真展「Riverbank」
エモン・フォトギャラリー、古賀絵里子展「一山」
TOKIO OUT of PLACE、小林且典展「写真と彫刻 白をめぐって」

Zen Fotoの展示が「灰色」という感じでよかった。モノクロの作品でグレーを中心としたプリント。
小林さんは彫刻家で、展示も彫刻と写真。彫刻はブロンズや木を使った小さな壺や器で、それを白く塗り、自作のカメラ・レンズで撮影したカラー写真。写真は光りを撮っているという印象だった。
この日は写真仲間のH田さんに二度も会う。一回目はTaka IshiiGalleryで、二回目はエモンへの途中。六本木から広尾にかけてはギャラリーが点在しているので歩いていっても地下鉄でいっても不便だ。しかもアップダウンもある。
この日は調子よかったので六本木~西麻布~広尾と歩き、最後は帰りの地下鉄のことも考えて白金高輪の駅まで歩く。白金の辺りを歩くのは初めてだ。
[PR]
by pprivateeye | 2013-04-17 20:42 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー