Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

スクエアもいいな。

f0067724_0175336.jpg


2月25日(土)

・林田摂子展「島について」、蒼穹舎
・「PHaT PHOTO 9A クラス写真展」、Place M
・西村勇人写真展「根ノ国」、M2 Gallery
・鳥居甲禄写真展「PLATEAU」、TOTEM POLE
・海野由紀子写真展「CROSS × Remind」、ルーニイ

西村さんは以前Place Mで若い研究者たちを撮った作品を展示していた人だ。今回はモノクロの陰鬱なイメージを表しており、正反対だ。研究者たちの作品は3月にコニミノで展示される。
鳥居さんの作品は黒焼きが好きな人は気に入るだろうと思った。このギャラリーはハズレが少ない印象がある。

ギャラリー巡りの後、四谷ひろばでの写真の内側外側研究会・課外講座シリーズに参加。
今回取り上げられた作家は大辻清司。講師は大日方欣一さん。
写真について思考を重ね、実験精神につらぬかれた作品の大辻清司が、意外にも「女」を撮る作家であった、という内容の興味深い講義だった。
前回は桑原甲子雄だったらしい。聴きたかったな。



2月26日(日)

第33回船橋市写真展に行く。市民写真展としては珍しく、受賞作について審査員の講評がある。この展示の審査員は北井一夫さんと中里和人さん。
モノクロ部門の最優秀賞は、窓際のカーテンが風で揺れているのを寝転がって撮影したもの。
この作品について、北井さんは開口一番「プリントがよくないね」。これには笑ってしまった。しかし、視線が斬新で良いとのこと。中里さんは、撮っているものは何でもないものだが発見の瞬間があって良い、とのことだった。
[PR]
by pprivateeye | 2012-02-28 00:51 | Comments(0)

中心思想

f0067724_23262661.jpg


2月19日(日)

銀座ニコンサロンで原芳市写真展「光あるうちに」を見る。
以前に渋谷の古書店で展示されていたものと同じ。写真集も出ている。
DMのキャプションを読むと「光あるうちに」は「生きているうちに」とほぼ同じ意味のようだ。

カロタイプで講評講座。今回も見てもらう作品はなし。コンスタントにプリントしなくてはと思う。
今回のノートはいつに増してメモっぽいのでそのままでは載せられないなあ。

白岡さんの言う「モチーフ」。これはテーマではない。絵を描かせているもの、写真を撮らせているもののことを言う。表現の動機となった中心思想、と広辞苑には出ているらしい。
「いいか、悪いか」と「好きか、嫌いか」とは別物。
作品をつくること=恥ずかしいこと。自分をさらけ出す。どれだけ恥ずかしい作品を作れるか。
タイトルを決める、何をやろうとしているか、ということは、言葉にすることで自覚できる。
訳が分からなくてもやる。迷うときは自然に見習う。
見たところ、見ていいと思ったところにピントを合わせる。

どこにピントを合わせるかでは、白岡さんは大抵奥にピントが合ったもののほうがいいと言う。いわゆる前ボケの状態だ。
自分としては手前にピントが合っていてもいいのではないかと思うこともある。
この違いを考えると、手前にピントが合っているものはそのピントが合ったものを見せたいということであり、奥にピントが合ったものは画面全体(印画紙に写っているもの全体)を見せたいということではないか。
つまり、何だ、プリントされたものはそれだけでまったく別物ということか。違うか・・・
[PR]
by pprivateeye | 2012-02-19 23:23 | Comments(0)

街道

f0067724_3213374.jpg


2月18日(土)

普段持ち歩くカメラをF-1からM2に変更。レンズはズミクロン50mm。

ギャラリー街道へ行く。久しぶりなので曲がるところを間違えた。
佐藤春菜写真展「いちのひ」。コンパクトカメラで日付を入れて撮影。毎月1日なので「一の日」。最初これを「命の日」と読んでいた。日付のあることでいろいろと考えることがあり、最後は、これらの作品は作者自身のためのものではないかと思えてきた。なら、「命の日」でも大外れではないような気もする。

このあとギャリー冬青へ。萩原義弘写真展「巨幹残栄」。
だいぶ以前に出版された写真集からの作品。新作はなかったように思う。
気に入った作品は、後ろに山を従えた廃屋全体を撮影したもの。順光の中に全部写っている。実際に同じ風景を見ても細部まで見ているわけではない。すべてのものを均等に記録するという意味で、これこそ写真という感じがした。
[PR]
by pprivateeye | 2012-02-18 23:23 | Comments(0)

女性ファンも多いぞ。

f0067724_2057296.jpg


2月12日(日)

京橋にあるIsland Galleryで田中長徳写真展「屋根裏プラハ」を見る。
この日はチョウトクさんが来て同時に出版された『屋根裏プラハ』にサインをするということで結構な人が集まっていた。明らかにチョウトク・ファンというのがわかる。女性も多い。
14時からの予定のところ30分ほど遅れて行ったのだが、まだチョウトクさんはしゃべっていた。一種のトークショーのような感じだった。
サインを貰った『屋根裏プラハ』は月刊誌の「新潮」に連載されていたものだが、それまでの本とは異なりかなり硬派な印象だ。なにより漢字が多く改行が少ないw 
今回の作品もその本に合わせたかのように重厚なものになっている。やはりカラーよりもモノクロがいいな。
ギャラリーを出て、八重洲界隈で2本ほど撮る。
東京駅と中央通りの間は再開発というかビルの立て直しが進められている。ところどころ駐車場になっていてビルの隙間からの景色が新鮮だ。
[PR]
by pprivateeye | 2012-02-12 23:23 | Comments(0)

生と死、虚と実

f0067724_2236992.jpg


2月11日(土)

渋谷のシアター・イメージフォーラムで「ニーチェの馬」を観る。
モノクロで長回しの撮影が、どこかモノクロ写真を思わせる。
どこかヨーロッパの田舎。強風が吹き荒れる中、周りに誰も住んでいないところに農家があり、右手の不自由な父親と娘が二人で住んでいる。毎日は目覚めたら娘が父親に服を着せることから始まり、井戸に水を汲みに行く。必ず二回に分けて二杯。食事は茹でたジャガイモがそれぞれ一個だけ。手で剥いて食べる。馬がいうことを聞かなかったり、隣人(?)が酒を分けてもらいにきて長セリフを語ったり、流れ者が来たりする。しかし、基本的に単純極まりない日々が六日間描かれる。そして、井戸が枯れ、町へ行こうにも引き返さざるを得ず、ランプが灯らなくなり、火種も消える・・・・・・
なかなか難しい内容だ。
毎日は繰り返しのようだが、それは間違いだ。毎日変化している。
生は繰り返しだが、今日は昨日と違っており、明日は今日と違っている。その差異の究極が死ということか。

・中村綾緒写真展「ひかりのみず」、UP FIELD GALLERY
Waterのシリーズと、それを投影してその前を人が行きかうところを撮影したもの。
後者が好みだな。虚と実が交差し、さらにそれを写真にすることで新たな虚構が生まれている。
Waterシリーズはどうしても人物、人の背中や手足に関心がいってしまい、虚の部分が希薄な印象だ。
[PR]
by pprivateeye | 2012-02-11 23:23 | 映画 | Comments(0)

「ああ おまえはなにをして来たのだと…」

f0067724_1747655.jpg


2月8日(水)

◆「エリオット・アーウィットが見つめたパリ」、シャネル・ネクサス・ホール
白岡さんは何でも撮れとよく言うが、その意味ではアーウィットは何でも撮っているな。もっともアーウィトなんか見なくてもいいと言っていたが。
犬の写真はくどい。写真集を見ると他にもいい写真があったのに。
全体に柔らかい印象はどこからくるのだろうか。カメラの後ろが写っているのか。

◆細江英公写真展 第2期「シモン・私風景」、BLD Gallery
前回の鎌鼬の都会バージョンのように見えた。しかし、人物が東京の下町に飲み込まれているような印象。

◆今岡昌子写真展「トポフィリア ―九州力の原像へ」、銀座ニコンサロン
カラーとモノクロが混在。プリントの紙も違いがあるようだ。
中央アジアを撮った作品よりもイメージ的な、表象的なものが多いように思う。良く言えば多様性がある、悪く言えば散漫な感じというところか。

◆小松浩子写真展「ブロイラースペース時代の彼女の名前」、目黒区美術館区民ギャラリー
桜上水にあったブロイラースペースで展示していた10回分の作品を展示。広いスペースにロール紙を並べ、周囲の壁に六つ切の作品を隙間なくピン留めしているのは迫力がある。
今回改めて気付いたのはものすごくていねいにプリントされているということ。
写真集に金村さんが「言葉は亡霊、云々」という文章を寄せているが、彼女の作品は言葉で説明されることを拒絶しており、拒絶するような作り方・展示方法だ。
写真に向かう力(言葉、気持ち、etc.)と同時に写真から向かってくる力というものもあるな、と見ながら考えていたら、突然「ああ おまえはなにをして来たのだと…」という中原中也の言葉が頭の隅を過ぎった。
[PR]
by pprivateeye | 2012-02-08 23:23 | Comments(0)

ノート

f0067724_23122037.jpg


2月4日(土)立春

カロタイプで講評講座。以下、そのときのメモをそのままに。

・並べる順  最終セレクション、プリントに影響
・ジャック・ピアソン
・印画紙  ベースの色、黒の色  冷たい ←→ 暖かい
・オリエンタル  小全紙、製造中止
・街を撮る
   架空の街  賛美するのか、否定するのか
   どれだけ空想できるか
   自分の考えを持ち込む
   ゴダール、映画「アルファ・ビル」、架空の街
・続ける → 収穫、まとめる
・写真で何をしたいのか、何をしているのか
・アジェ  撮り方は同じ、撮る場所を変えていった
・何を撮るか  
 どう撮るか――ものの見方を変える必要
・あるレベルの写真 → 繰り返す
   乗り越える、新しいものをつくる――難しい
   ウォーカー・エバンス、ビル・ブラント・アンドレ・ケルテス――高レベルを維持
   経験を積むほど伸びた写真家はほとんどいない
・カメラの前にあるものが写っている
 カメラの後ろにあるものが写っている――自分の内面が写る?
・現実に見た美しいもの → 写真に置き換える → 別物だから無理がある
・「自分自身を見せたい」
・人間はなぜ良い作品をつくりたがるのか(音楽、写真、絵、etc.)
・良い作品とは何か
   普遍性  より長く、より多くの人
・人物写真 
   男性、女性ではなく、どれだけ人間が撮れているか
   人間と思わずに撮る
[PR]
by pprivateeye | 2012-02-04 23:23 | Comments(0)

節分

f0067724_22573030.jpg


2月3日(金)

・小野寺南写真展「時間と名前」、TAP Gallery
・太田カイ写真展「ポートレイト・ポートレイト」、ルーニイ
・関口直樹写真展「吉日」、TOTEM POLE
・斎藤りこ写真展「深海」、SHU HA RI
・今道子写真展「IMPACT」、B Gallery


ポートレイトはやはり写っている人物に魅力があるかどうかだな。その魅力がどこからくるのか。その人物自身か、あるいは撮影者のものか。
今道子写真展は写真集刊行にあわせたもので、初期の頃から最近のものまで展示されていた。魚などの生ものを素材にして別のものを作って撮影していたものから、鰯と障子といったまったく関係のないものの組み合わせを撮影するというふうに変化してきているようだ。
[PR]
by pprivateeye | 2012-02-03 23:23 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29