Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Self Portrait( 32 )

山 2

f0067724_23552158.jpg


2017年2月28日(火)

以前に書いた「山」はこちら

雪国ではないので冬になっても多くて二、三度雪が積もる程度ですぐに融けてしまうことがほとんどだ。それでも山は白くなる。家のある集落から離れて周囲が田んぼや畑のところで山々の連なりを見ていると、変な言い方だが妙に実在感がある。大地が隆起して山脈を形成したという知識があるせいか、これが日本列島の一部なんだ、地球の表面なんだ、という感覚を覚えることがある。それは、当然だがスケールが大きく、気持ちの良い感じだ。

そんな風景をどこか他でも見たような感じがして少し考えて思い至ったのが、写真家畠山直哉さんが撮影した津波の後の故郷・陸前髙田の写真だ。海の近くの河口側とはいえ、山が近く、津波のために大地が目の当りに見える風景は、自分が「山」を見たときの感覚に似ている。家とか電柱とかの人工物は邪魔なもの一時的なもので、木や草が生い茂り、川が流れ、丘や山があるのが本来の姿、地球の表面だ、という感覚。

「山」についてもうひとつの感覚がある。写真家の渡部さとるさんの『旅するカメラ3』に「山の向こう側」というエッセイがある。故郷は山に囲まれた米沢だが、小学校2年生のときにその先にも世界があると知って、山の向こう側に行こうと山に向かって歩き始めた。しかし山道に入ってしばらくして進めそうになくなった。このまま米沢で一生を送るのだと観念した、という内容だ。この「山」への感覚が自分は正反対なのだ。小さなときから見てきた山は乗り越えていくべきものではなく、常に背後にあるものだった。だから山の向こう側はほとんど想像したことがない。伊勢平野の北部にある山の近く住んでいる者にとって、都会へ出るということは南に下っていくことで、それは海に向かっていくことでもあった。海の近くに出て、川を渡れば名古屋という大都会でさらにその向こうは東京につながっている。




  
[PR]
by pprivateeye | 2017-02-28 23:56 | Self Portrait | Comments(0)

2016 Flash Back

・見た写真展・展覧会 202展 前年比-49展
・読んだ本 77冊 前年比+16
・観た映画 69本 前年比-10
・今年の写真展 My Best 3
  1.杉本博司「ロスト・ヒューマン」、東京都写真美術館
  2.田中長徳「PRAHA CHOTOKU 1985・2016」、gallery bauhausu
  3.「Le bal」、ZEIT-FOTO SALON
・観た映画 My Best 3
  1.「大番」
  2.「冬冬の夏休み」
  3.「帰ってきたヒトラー」
・iPhone5Sはプレーンな状態で使用。背面のシールは健在。一回も落とすことはなかった。
・Horizonシリーズ、応募するのをすっかり忘れていた。
・カロタイプでの写真講評会に3回目から参加。
・普段使いのカメラはLeica M6+Summaron35mm/2.8 ⇒ CONTAX G2+Biogon21mm/2.8
・今年もハッセルの出番なし。ただし、年末に新たな企画を思いつく。
・ブローニーは値上り前にまとめ買いしていたが、まったく使っていない。
・写真展めぐりはほぼ定番コースに限定されてしまった。
・年後半の大物展示のルフ展、ダリ展は見ずに終わった。見なくても惜しいという感覚が希薄。
・OMEGA Speedmasterのオーバーホールをずっと先送りしていたが、ようやく出す。
・さぼっていた分、部品交換などから意外と高くついてしまった(泣)
・時計への興味関心が高まる。
・まずはベルトから始まり、超高級腕時計を知ってため息をつき、やっぱり階級社会を反映するのだと納得。
・本棚にある箱を開けたら何本も昔の時計が見つかる。
・セイコープレザージュ初代自動巻き60周年記念限定モデルを購入。
・写真家渡部さとるさんのプリントを購入。8×10カメラによる江古田。1年かけて支払い。
・スカパー!オンデマンドでサイクルロードレースをほぼ全部見る。
・3大グランツールは今年も完観(?)
・一方で、ロードバイクにはいまだ手が出せず。
・なんちゃってクロスバイクでのサイクリングは流山まで延びる
・自転車に乗っていて他の自転車や自動車に三度ぶつかる。
・リオ五輪は自転車とテニスしか見なかった。
・テニスラケットを1本追加購入。HEAD Radical MP
・テニススクール皆勤。
・テニス仲間とのテニス、3つのサークルのうち2つ消滅。原因は人数が集まらず。高齢化か?
・BookoffでSFの文庫を中心に購入が増える。新刊の購入は激減。
・年初に立てた目標のうち、ナボコフは3冊読んだが、T・S・エリオットは読み終えたものなし。
・金子光晴を読んで、改めて詩集「鮫」をいまの時代に反映させてしまう。
・F1、今年も面白くなかった。
・よかったのはライコネンが第5戦スペインGPで2位に入ったこと、予選でベッテルを上回ったことくらいか。
・MotoGP、ロッシ健在。
・サイゼリヤが昼食のメインとなる。
・コンビニコミックの「沈黙の艦隊「capeta」を読む。
・生・筒井康隆、生・永井均を見る。
・写真家白岡順さん亡くなる。
・母親が亡くなる。
・父親、長年の趣味の盆栽をやめ、すべて知り合いに譲る。
・還暦
・さて、これからどうなるのか、これからどうしようか。










   

[PR]
by pprivateeye | 2016-12-31 09:03 | Self Portrait | Comments(2)

実家に帰って彼岸花を見る。

f0067724_18321384.jpg
f0067724_18322358.jpg


9月24~28日は帰省していた。彼岸花が咲く季節に実家に帰ることはまれなので、この赤い花は久しぶりだ。
上の写真は実家の裏手で、後ろはいつもの山だ。
下の写真の白い花はよくわからない。蕎麦の花か? そうだとしても、特に蕎麦を作ってるんじゃないと思う。ここは休耕地(田んぼ)で、減反政策や人手不足などから米を作るのを止めている。だからコスモスがいっぱい咲いているところも同じだ。田んぼのままだと税金が高くなるようで、意欲のある人は畑にしたりしているがそれは一部。多くが高齢者となって農作業自体が難しくなっており、米を作っている家でも実際の作業は委託しているところが多い。





 




 
[PR]
by pprivateeye | 2016-10-02 18:44 | Self Portrait | Comments(0)

Decade


このブログを始めていつの間にやら10年経っていた\(^o^)/


その10年前の2月に書いた記事がこれ


いまでも好きな言葉。
「どんな虚像でも、一度写真に撮ってしまえば、実像になるのだ。」


Real ⇔ Fake
現実と虚構を行き来すること。


f0067724_2158777.jpg


写真
[PR]
by pprivateeye | 2016-04-16 22:03 | Self Portrait | Comments(0)

白岡さんのこと

 
写真家白岡順さんが3月17日に亡くなられた。享年71歳。


2009年に白岡さんが主宰するカロタイプでのワークショップに参加したのが始まりだった。昨年12月にカロタイプを別の人に譲られるまで足かけ7年間お世話になっってきた。
思い出すことはいくつもあるが、印象に残っており、自分でも大事にしていることをいくつか書いてみる。


講評講座を受講する際に一度見学させてもらってもいいですかと尋ねたら、どうぞどうぞ2~3回くらいならいいですよ、全部というのは困るけど、と少し照れたようなハニカんだような顔で応えられた。そしてその笑顔はいつも変わらなかった。


ギャラリー巡りをしているときに何度も顔を合わせる写真家の人がいた。あるときその人が、いい先生についたのだからそこでしっかりとやっていけば、と言われたときにはなぜか誇らしい気持ちになった。


2011年の震災のときには2人の写真仲間とカロタイプの暗室に入っていた。揺れのため現像液などがあふれ出して暗室の床が濡れてしまった。その日は夜遅くにまず都営新宿線が復旧し、帰る方向が同じだったので白岡さんと本八幡駅まで行った。バスやタクシーを待つ人が長蛇の列をなしており白岡さんが歩きましょうと言って、千葉街道を東へ歩き始めた。道路は左右とも大勢の人が歩き、逆に車は混雑であまり進んでいないようだった。歩きながらいろいろとりとめのないことを話したと思うがその内容の記憶はない。西船橋駅に着き武蔵野線の高架下で自分はここですと別れようとしたら、白岡さんが握手を求めてきた。意外にも大きく厚い手だった。その後、白岡さんはそれまで歩いた距離以上を歩かれて、後で聞いたら深夜3時くらいに自宅に着いたとのことだった。


ギャラリーとしてのカロタイプを実現できなかったことが心残りのようで、終盤にはご自分の作品の展示を計画されていた。その話をされていたときに、自分の後は前野さんの展示をやるからと聞いて驚いた。え、なぜ?と思ったが白岡さんが言うには、以前ルデコで展示をしたいと相談されたときに、カロタイプをギャラリーとしても使うからそのときにやればいいと引き留めたことがあるので、と言われた。
ルデコでの展示というのは、渡部さんが2Bのグループ展のためにルデコの2、3Fを予約していたものの3Fが空きそうなので展示する人を募っていたことがあった。その頃自分は、Horizonのシリーズを大全紙で作り白岡さんのアドバイスに従って調色までしたもののニコンなどは落選したので、どこかで展示をして一段落つけようと思っていた。それでルデコで展示を考えているのですがと相談したら、ルデコは仲間内でやるにはいいが写真関係の人がギャラリーを回るルートには入っていないので作品を知ってもらうには向いていないと言われた。
ルデコの話はたぶん2年以上も前のことだったので、そんなことはすっかり忘れていた。
だからその言葉を白岡さんから聞いたときには、自分は何をしていたんだろうと不甲斐なく思った。


講評講座では自分の作品だけでなく他の人の作品について、参加者がそれぞれ意見や感想を述べる。それを聞くことで、また自分の考えを言葉にすることで考えが整理でき、新たな視点が見つかることがある。もちろん白岡さんも意見を述べれば、ある作品について歴史的経緯や状況などを説明し、その際にはわざわざ写真集を引っ張り出してきて我々に見せてくれることが多かった。それも勉強になったし、その講義自体が楽しかった。
そして白岡さんがいつも問いかけることが二つあった。
 「あなたは写真で何をしたいのですか?」
 「この写真はいい写真ですか?」




 
[PR]
by pprivateeye | 2016-03-23 21:26 | Self Portrait | Comments(0)

山下洋輔トリオ


2009.07.19、結成40周年記念!! 山下洋輔トリオ復活祭、日比谷野外音楽堂
Piano 山下洋輔、Alto Sax 坂­田明、Drums 森山威男


ジャズは大学生の頃から意識して聴き始めた。最初に気にいったの「Coltrane」(インパルスのやつね)とウェザーリポート「Black Market」の2枚。しばらくしてから山下洋輔トリオの名前を知る。ただ、知ったきっかけはジャズだったのか筒井康隆経由だったのか定かではない。

そのころはジャズ喫茶によく通っていた。御茶の水のNARU、渋谷のデュエット、ジニアス、高田馬場のマイルストーン、イントロ、新宿のディグ、ダグ、吉祥寺のアウトバック、ファンキー、メグといったところがメインだった。当時は武蔵境に住んでいたので、典型的な中央線ジャズ文化に染まっていたわけだ。
そのなかでも近いので吉祥寺が一番多かった。なかでもMEGがお気に入りだった。そこで山下トリオの「砂山」をリクエストしたこともある。

山下トリオを生で聴いたのは西荻窪にあるライブハウス・アケタの店が初めてだ。
そのときのメンバーは山下洋輔(P)、坂田明(as)、小山彰太(ds)。
森山威男のドラムはPITT INNで彼のグループで聴いた。メンバーには國仲勝男(b)、板橋文夫(p)がいた。板橋さんのピアノも好きで、彼はソロをとっているときピアノの下で足がぐるんぐるん動いている。
中村誠一(ts)を初めて聴いたのはもっと後で、フェスティバルのようなステージで大編成のときだった。テナーは3人だが中村さんの音が一番大きかった。音のでかいヤツがエライ、みたいなことは山下さんの本で読んだような気がする。

で、アケタの店だが、席は正面の一番前。ビール瓶の箱を裏返して薄い座布団をひいただけのもので、尻がすぐに痛くなる。
目の前にあるピアノは2本くらい弦がなかった。中が見えるくらい間近だった。山下さんの肘打ちも目の前で見た。その執拗さに、ピアノ鍵盤全部を一度に押したいのかな、と思ったりしたことを憶えている。
目の前で坂田さんが体をうねらせながらあるとを吹いているので、当然唾が飛んで来るし、小山さんが力を込めてブラシを叩くので、ブラシのワイアが抜けて飛んできたりした。

そのころ「全日本冷し中華愛好会」なるものができていた。山下洋輔、筒井康隆、平岡正明、坂田明、上杉清文、黒鉄ヒロシ、長谷邦夫、赤塚不二夫いったところの名前が聞かれた。きっかけは山下さんが「なぜ、冷し中華は冬に食えないのか!」と怒ったことらしい。話は膨らんで77年には有楽町・読売ホールで「第1回冷し中華祭り」なるものまで開催された。で、驚いたことにWS2Bの写真仲間のM本さん(おやっさんのほうねw)がその楽屋にいたらしい。直接話を聞いて、なんとうらやましいことかと思った。

80年代に入ると山下さんは「寿限無」など大編成のアルバムをつくったりして、次第にフリージャズから離れて行った。しかし、このYouTubeでも見られるようにまだまだパワフルだ。ちなみに当時は演奏のときにはメガネをかけていない。もう今年で74歳なんだよね。お元気でいてください。





  

  
[PR]
by pprivateeye | 2016-03-03 00:58 | Self Portrait | Comments(0)

2015 Flash Back

・見た写真展・美術展 251展 前年比 -82
・読んだ本 61冊 前年比 +19
・観た映画 79本 前年比 -25
・スマホをGALAXYⅡからiPhone5Sに替える。5Sの角張ったデザインはiPhoneらしくていい。
・Horizonシリーズのプリントをやり直す。黒枠付きのプリントもつくる。「ハッセル使い、一度はやってみたいノッチ付き」
・普段使いのカメラはライカR→ライカM6、レンズは50mm→35mm。
・今年もハッセルブラッドはまったく使わなかった。
・ブローニーも一本も撮らず。
・コンタックスRXⅡのミラーずれ、修理に出す。思っていたより高かった。
・両親の写真を撮る。
・白岡さんのカロタイプが終了。残念。さみしい。
・ネットから大量に映画をダウンロードする。むろん無料のもの。100本以上。
・黒澤明監督「生きる」に妙に感動する。
・ロラン・バルト「S/Z」を読んでから‘小説の読み’ということに意識的になる。
・「源氏物語」岩波文庫全6巻読了。併せて読んでいた「潤一郎訳 源氏物語」中公文庫も読了。
・植草甚一スラップブックから映画関係の巻を、バルザックの「人間喜劇」を、それぞれ集中して購入。
・年後半になってBookOff、Amazon、日本の古本屋で集中的に本を購入。翌月のクレジット支払いに驚く。
・その一方で写真集購入はゼロ。
・F1はフェラーリ、ライコネンが少し良くなってときどき楽しめた。
・MotoGPはバテンティーノ・ロッシがチャンピオンを逃して残念。
・サイクルロードレースの3大ツール、ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャは全ステージ完走、ではなく全ステージ見る。
・他のクラシックレースもスカパー!オンデマンドで見る。
・夜中に坂道を下っていたときにママチャリの前ブレーキのワイヤが切れ、ヒヤッとする。
・なんちゃってクロスバイクに買い替える。
・江戸川サイクリングロードをはじめ、地元周辺をいろいろ走る。
・ロードバイクが欲しくなる。
・あんなに聴いていた木村カエラをまったくと言っていいほど聴かなくなる。
・万年筆のインクに凝り始める。
・ブログでN藤さんと少しバトル。
・テニスバッグ(リュック)が破れてきたので交換。買うと高いのでモンゴルに行ったときに使ったノースフェイスのリュックで代用する。
・東京メトロの一日乗車券が700円から600円に値下がりし、大いに助かる。
・両親が高齢のため二ヵ月に一度のペースで帰省する。
・痛かった右肩(テニスのサーブが打てなかった)は気が付いたら痛みが消えていた。同時に五十肩のようだった左肩もすっきりしてきた。
・足の膝、アキレス腱の痛みは出ず。
・鼻炎によるクシャミを数回、風邪を一回ひく。
・喫緊の課題は増殖する本、堆積した雑誌の整理なう。
[PR]
by pprivateeye | 2015-12-31 09:24 | Self Portrait | Comments(0)

源氏物語

f0067724_1545128.jpg
                                (岩波文庫の第一巻はただいま行方不明)


20015年9月17日(木)

ついに「源氏物語」を読み終えた。足かけ7年。夜、寝る前に寝転んで数ページずつ読んでいった。他にも読んでいる本があるので毎日という訳にはいかないし、連日だと古語に拒否反応を起こしそうなので、その辺りはゆっくりとしていた。

始まりは確か2008年だったと思うが、「源氏物語」誕生1000年ということで一部界隈でブームになっていた。いろんな解説本や図解、マンガなど関連書籍が出版されていた。そんな中で作家の橋本治が源氏を話題にするんなら原典を読めばいいじゃないか、とどこかの対談で話していたのを読んだのがきっかけだ。

それまでには「平家物語」を読んで古典の面白さに惹かれていた。こんな面白い世界を無視するなんてもったいないと思うようになっていた。次に「謡曲集」に手を出したが、本が大きいため寝る前に布団の中で読むにはちょっと無理があった。「方丈記」は短いので読み終えたが、「徒然草」は面白くなく途中で放棄。「枕草子」は難しくてギブアップ。「更級日記」は公家の娘が「源氏物語」の世界に夢中になっているオタクの話で面白かった。

で、先に書いた橋本治がきっかけでついに「源氏物語」となった。

文庫では岩波と角川から出ており、角川文庫版には現代語訳も付いている。しかし、岩波文庫版は句読点が多く、主語などが補注ですぐ横に書かれていたので読みやすそうだった。この主語が誰だか分かるのは重要だ。源氏物語の難しさは主語が省かれていることで、誰のことが書かれているのかその判断は敬語の使い方で推測する、といったことがよく解説には書かれている。

もちろん古文の力はほとんどないので現代小説を読むようにはいかない。推測するしかないのだが、岩波の補注や句読点の区切りは大いにその助けになった。

源氏物語は桐壷から始まって夢の浮橋まで54章、五十四帖ある。一つの帖を読み終える毎に、「ビギナーズ・クラシックス 源氏物語」(角川文庫)と、「谷崎潤一郎訳 源氏物語」(中公文庫)を読んで内容を確認していった。

ここまで書いて思い出したことがあった。これ以前に源氏を読んでいた。橋本治「窯変 源氏物語」と、「与謝野晶子訳 源氏物語」だ。橋本治の作品はストーリーだけ借りた作者のオリジナルだ。そこで登場人物の印象などが記憶に残ったことも話の内容を理解するのにつながったと思う。

登場人物のことになるとさらに長くなってしまうのでやめるが、一人だけあげるとすれば浮舟が印象的だ。読み終えたばかりということもあるだろうが、その心理描写などは現代の小説と比べても引けを取らない。また、浮舟自身の行動もかなり現代的と言ってよさそうだ。








 
[PR]
by pprivateeye | 2015-09-17 16:31 | Self Portrait | Comments(0)

「山」

f0067724_248824.jpg

実家のダイニングからはこの山が見える。朝食のときなど「今日は山がよう見える」とか「今日は雲がかかってて雨が降るんかな」「もう山の上は雪が積もっとるよ」などと話している。

この山は三重県と滋賀県の県境にある鈴鹿山脈の北端に位置する藤原岳だ。
山は石灰岩の採掘で大きく削られてる。現在ではそれが山頂付近まで届いているが、自分が小学生の頃はまだ中腹での採掘しか行われておらずハイキングで頂上まで登ることもできた。現在も可能かどうかは不明。熊笹が一面に生い茂っていたという記憶がある。
写真を撮るようになり畠山直哉さんの作品を知ってからはこんな身近にライムワークスの世界があったのかと思った。工場がよく見える近くに行く機会があると写真を撮りたいといつも思う。

また、裏山のちょっと奥に消石灰をつくっているところがあった。いまでは閉鎖されているが、廃墟萌え本のリストにあがっていることもある。小学生の頃はここも遊び場だった。芥川龍之介の小説に「トロッコ」という作品があるが、ここでトロッコに乗って遊んだこともあって、どこまでも走っていく不安を自身の体験に重ねたりした。

この鈴鹿山脈は海が隆起して形成されたものらしく化石がよく発掘されたようだ。遠足に行ったときも先生から話を聞かされ石を割って化石を探したこともある。
ウィキペディアを見ると藤原岳は日本三百名山、花の百名山、新・花の百名山にそれぞれ数えられているようで、そんな素晴らしい山だったのかと思い直しているw

記憶の奥深くに刻み込まれており、帰省する度に自然と目をやる山であるし、形が変わりつつある山だけにいつまでも気になる存在だ。




 
[PR]
by pprivateeye | 2015-08-29 02:51 | Self Portrait | Comments(0)

「いま私は夢を見ていないとどうして言えるのか。」

f0067724_502092.jpg


これはVivitar展(2008年9月)に出したときの自分の作品のタイトルで、デカルトの『省察』からヒントをもらってつけたものだ。

 しかし、いま私がこの紙をみつめている眼は、確かに目ざめたものである。私が動かしているこの頭はまどろんではいない。この手を私は、故意に、かつ意識して、伸ばすのであり、伸ばすことを感覚している。これほど判明なことが眠っている人に起こるはずはないであろう。とはいえ私は、別のときには夢の中で、やはり同じような考えにだまされたことがあったのを、思いださないだろうか。
 これらのことを、さらに注意深く考えてみると、覚醒と睡眠とを区別しうる確かなしるしがまったくないことがはっきり知られるので、私はすっかり驚いてしまい、もう少しで、自分は夢を見ているのだ、と信じかねないほどなのである。



これは直接関係はないけれど好きな箇所をもうひとつ引用。
・・・しかしながら、いま、だれか知らぬが、きわめて有能で、きわめて狡猾な欺き手がいて、策をこらし、いつでも私を欺いている。それでも、彼が私を欺くのなら、疑いもなく、やはり私は存在するのである。欺くならば、力の限り欺くがよい。しかし、私がみずからを何ものかであると考えている間は、けっして彼は私を何ものでもないようにすることはできないであろう。


写真の並びについて
[PR]
by pprivateeye | 2015-04-19 05:15 | Self Portrait | Comments(0)