Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

渋谷川を撮る。

f0067724_20072548.jpg


2017年7月14日(金)

・中藤毅彦展「Street Rambler-PARIS」、EMON PHOTO GALLERY
中藤さんはパリにぞっこんのようで、「僕は写真家として激しく写欲をかき立てられる鉱脈に出会った。」とキャプションに書かれている。東欧での作品が気に入っている者にとっては少々さびしい気持ちがする。これまでの展示や写真集からセレクトされた写真が展示されているが、ポートレートを集めた壁が新鮮だった。ヨーロッパの家でよく目にする写真がいっぱい飾られた壁をイメージしたらしい。写真の中の人物は室内でのものが多く、主にお店の職人さんといった人たちらしい。

・CORRESPONDENCE/LANDSCAPE 017
 「Self-Scape Part2 風景画ー風景写真」大塚勉、鬼頭明雄、工房親
風景写真と風景画の企画展第二弾。大塚さんが写真で、鬼頭さんが絵画。大塚勉という名前はここで実際に作品を見ても気付かなかったがこれまでに二度ほど展示を見ている。これこれ。印画紙を汚染された水につけるなど実験的な手法を行ってきた人だ。今回は災害で出た土石を集めた浦安の風景を撮影している。鬼頭さんの絵画は写真撮影された風景の輪郭をなぞるようにペインティングされている。


この後、日射しが強い中、広尾から渋谷まで渋谷川を橋ごとに順番に撮影する。カメラは最近持ち歩いているCONTAX G2 + Biogon21mm。ホントはハッセルのSWCで撮ろうと思っていた。しかし、今年になってから渋谷開発の一環で、渋谷川が暗渠から出てくるあたりに大きなビルの建設が始まり、これまで見てきた景色が一変して落胆していた。畠山さんが撮影した渋谷川はもう見られない。今回はやや思いつきに近く、実際にプリントしてみて再度撮影ということもあり得る。ちなみに渋谷川のどこが気に入っているかというと、徹底した護岸工事でコンクリートのエッジが立っているところだ。畠山さんが視線の高さに設定したところでもある。渋谷川は新宿御苑に発するらしくて、暗渠の下を通りJR渋谷駅、首都高の辺りで外に現れ、広尾から麻布に向かい、芝を通って東京湾にそそぐ。しかし、天現寺付近からは川幅が広くなってしまい興味は薄れてしまう。








[PR]
by pprivateeye | 2017-07-25 23:02 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31