Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

七夕の日にロッシに遭遇(^^)

f0067724_19354152.jpg

2017年7月7日(金)

・石川公子写真展「常世」、Place M
異世界とのつながりを意識しながらもこちら側に位置する、といった感覚の世界。主にモノクロの風景。展示数がもう少し少なくてもよかったような気もする。

・吉井ただゆき写真展「風のある場所」、RED Photo gallery
モノクロのスナップ。人物をノーファインダーで撮影。お台場と思われるところが多いので、風よりも水かなと思った。

・藤原敦写真展「蝉丸」、蒼穹舎
最初にパッと見たとき、なぜかホッとした。モノクロでやや高めのコントラストが好みに合っているようだ。作者の故郷を撮影したものとのことだが、タイトルがよくわからなかった。キャプションを読むと能の「蝉丸」からきているらしい。

・新山発現写真展「bloomy」、サードディストリクトギャラリー
画面をみっしりとしたいというような、たぶん6×7によるモノクロ作品。DMの枝垂桜が写っている写真は割合静かな印象だが、展示ではもっとドロッとしたものが感じられた。

・上田和寛写真展「Tokyo Sketch」、epSITE
作者は、東京は開発のためつぎはぎだらけでヨーロッパのような統一感がないと嘆いているが、その東京をスナップした作品はおしゃれでヨーロッパの雰囲気たっぷりだ。ほとんど開放での使用だろうか、ピントの合っている箇所が狭く、遠景のボケが大きかった。使用レンズを尋ねてみたところノクチルックス、ズミルックス、ズミクロンというある意味決まった返事だった。













[PR]
by pprivateeye | 2017-07-23 20:00 | Comments(0)