Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

「Don't Blink ロバート・フランクの写した時代」

f0067724_08461760.jpg

2017年5月26日(金)

ようやくBunkamuraル・シネマで「Don't Blink ロバート・フランクの写した時代」を観る。タイトルの「Don't Blink」はロバート・フランクがアドバイスに「目をしっかりと開けておけ。瞬きするなよ」と答えたことから来ている。映画自体は確かにドキュメンタリーだがそれはフランク自身についてであり、日本語の副題は的が外れている。感想を一言で言えば、ロバート・フランクの写真のような映画だった、というもの。ロビーには映画評が張り出されているがその中で写真家の石川竜一がやはり「記録的で、詩的で、写真のような映画だった。」と述べている。ドキュメンタリーとは言いながらも各カットやシーンは短く、前後との関連も薄く、次々と変わっていき、それは写真集をパラパラと行き来しながら何度も見ている感覚に似ている。そんな中でもロバート・フランクは二人の子供を亡くし、離婚もしており、一時は「The Americans」の著作権も奪われてしまうなど、波乱一杯の人生を過ごしていることが描かれている。実は映画を観ながら何度も白岡さんのことを思い浮かべていた。白岡さんは整理整頓がきちんとしていたが、フランクは物をため込んで写真も整理されているとは思えなかった。それでも写真の扱い方は似ており、何よりも二人とも写真が好きだというのがよく伝わってきた。








  




[PR]
by pprivateeye | 2017-05-28 08:47 | 映画 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30