Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

気持ちのいい陽射しの中、ゆっくりと歩く。

f0067724_23412463.jpg

2017年4月28日(金)

・山吉由利子、大塚日出樹、豊浦正明 展「浮遊する永遠」、アートスペースK1
作品は山吉さんが人形、大塚さんと豊浦さんが写真。人形作品では四谷シモンの名前を知っているだけでまったくといっていいほど知識はないし、当然ながら興味も薄い。豊浦さんはボンデージのヌード作品を見たことがあるが、今回は人形を撮影したものだった。インスタレーションっぽい見せ方はあまり好きではない。大塚さんはフランスの森やバラ、海岸の岩場などの作品。好みは大塚さんだな。彩度を抑えたカラー作品に品の良さを感じた。

・潮田登久子 展「BIBLIOTHECA/本の景色」、P.G.I.
本日が最終日。本についての写真は1995年から撮り続けているようだ。オブジェとして本を撮影しているとキャプションにあったが、本そのものも人の顔のように歴史がある。その時間の経過は人よりも遥かに長い。それだけに虫に食われて穴だらけになった本、というよりも紙の一部はなにか強烈な悲しみが湧いてくる。かと思えば付箋がびっしりと貼られた辞書は、もう付箋の役目を通り過ぎてしまってユーモアすら感じられる。

・The 9th Gelatin Silver Session “Portrait”、AXIS GALLERY
前回の展示では面白くない経験をしたが、今回は普通になっていてよかった。作家名やキャプションが印刷されたチラシはそのまま貰えた(当然だ)。企画自体もお遊び感が強くていただけなかった。今年のテーマはポートレートだが、作家それぞれにひねりが感じられていいのではないか。いいなと思ったのは西野壮平さんだ。視線が入れ替わるところなど現実と虚構の交錯のようだ。彼はコンタクトプリントを切り出して作品制作を行っているのでここでの作品もコンタクトプリントからの切り出しだったが、内容を考えると普通のプリントでもいいと思う。他では瀬尾浩司さんのプリントが粒子たっぷりで気持ちいい。思わずニヤッとしてしまったのは杉本博司の40代前半のポートレートがあったこと。撮影は広川泰士さん。展示を見終えて会場を出たところでハービー・山口さんと遭遇。最近出された本のことなどについて少し立ち話をする。





  



[PR]
by pprivateeye | 2017-04-29 23:14 | Comments(0)