Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

写真を見ても道を歩いても、上がったり下がったり。

f0067724_2202157.jpg


2017年3月18日(土)

・飯田鉄写真展「草のオルガン」、ニエプス
このDMを最初見たとき、えっカラーか、と思ったが、展示を見て安心した。モノクロと同様、濃い影が印象的なプリントだった。写っているものは古い住宅や建築物で、一見昔に撮られた写真のようにも思えるのだが、すべてデジタルでそれも7種類くらいのカメラを使用しているとのこと。

・広瀬耕平写真展「土を織る」、TOTEM POLE
不思議な写真だった。白く光っている小さなものは雪のように見えたが、写真は干潟を撮影したもので、陽射しの反射や貝殻とのこと。そして暗い背景に木々の細かな枝のように見えていたのは和紙の繊維だった。フィルムのベースが和紙とのこと。これには驚いた。実際にネガを見せてもらったが、裏が白くて紙だというのがよくわかった。これだと今回の作品のように抽象的なイメージしか適さないかなと思ったが、4×5を見ると普通の風景でも違和感なく見ることができた。

・二人展 溝口剛「つむつくくむ」・長谷川操「闇は闇でない」、ゑいじう
ふたりともモノクロの作品。やはり喫茶店などでの展示は苦手だ。

・増田祐子写真展「その1%のために」、CALOTYPE
このDMから、また家族写真かと思っていたが間違いだった。Fujiの645で撮られたモノクロの写真は、コントラストがありながらシャキッとした感じよりも柔らかイメージで、不思議な印象だった。海辺とか公園よりも街中のスナップが圧倒的によかった。ちなみに、645のカメラは普通に構えて撮ると画面は縦位置になる。この展示はすべて縦だった。




   



[PR]
by pprivateeye | 2017-03-22 02:43 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31