Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

毎月1日は映画ファンサービスデー@早稲田松竹

f0067724_0461217.jpg


2017年2月1日(水)

毎月1日は映画ファンサービスデーで大抵の映画館は割引になる。早稲田松竹は通常1300円が800円に。ということもあるのか、上映作品がいいのか、ほぼ満席に近い状態だった。2本立てなので、その2本目が終わったときにはロビーから外まで次回待ちの行列ができていた。

・「ハドソン川の奇跡」(2016年、米国)
原題:Sully
監督・製作:クリント・イーストウッド
出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート
ニューヨークには一度しか行ったことがないが強い印象が残っている。しかもそのときは寒波のせいでイーストリバーだけでなくハドソン川も凍っていた。まだツインタワーが健在のときだ。
そして、旅客機がハドソン川に不時着したというニュースも見ている。
今回の映画はその実話に基づいたものだが、一番良かったのはトム・ハンクスの表情だった。全員の命を救い英雄になったときも、国家運輸安全委員会から嫌疑をかけられたときも、いつも笑顔は見られなかった。当然といえばそれまでだが、苦笑いすらなく、そのことが映画全体の緊張感を保っていたように思う。飛行機の操縦を習っている若い頃の回想のシーンでは、教官からいつも笑顔でいることだと言われているだけに、現在の無表情に近い厳しい表情が際立つ。最後の最後に一瞬だけようやく笑った横顔が見られる。
イーストウッド、このとき86歳だって。スゴイ!

・「イレブン・ミニッツ」(2015年、ポーランド)
原題:11 Minutes
監督・製作・脚本:イエジー・スコリモフスキ
ある都会の中で別々9つのストーリーが進んでいき、最後、11分後に一つになる。バラバラのものが最後にまとまった形になるという構成は、たぶんこれまでにも小説を始めいろいろと作品はあったと思う。この映画が新しいのはいろんな視点を取り入れていることだろう。スマホのカメラ、監視カメラ、CG、ローアングル(犬の目線が面白い)、俯瞰、スローモーション、etc. そして別々のストーリー自体もシリアスな内容となっており、そのこと自体には説明は一切ない。バイクや飛行機の爆音、救急車のサイレンなど都会のノイズとも併せて緊張感のある展開となっている。
全然知らない監督で、11分間の物語という以外に前知識はなかったが、なかなか楽しませてくれる内容だ。
最後の、監視カメラの画像のシーン、カメラがどんどん引いていき画像はどんどん増えていき、ついには砂嵐(TVのノイズ)となってしまうのは、現代の都市の怖さを垣間見せているようだ。





   
[PR]
by pprivateeye | 2017-02-02 00:46 | 映画 | Comments(0)