Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

風の冷たい日だった。

f0067724_23472816.jpg


2016年12月16日(金)

移動途中の大手町の時計店にベルトの長さを調節してもらおうと立ち寄った。国産が540円、海外製なら1080円と言う。普通のベルトのコマを外すだけでなぜ費用が異なるのか。その差額は何の対価か分からないので、実際には馬鹿らしくなって店を出た。で、新宿ビックロの時計サービスセンターで調整してもらう。もちろん540円で。


・草彅裕写真展「SNOW」、コニカミノルタプラザ・ギャラリーC
地元秋田の雪をモノクロで撮影。展示は、雪の降っている夜だけ。自動車に雪が積もっているカットなど、生活感を感じさせるものも選ばれており、単なる雪景色の写真ではなくなっている。橋の中央で撮影されたものが、雪が生き物のように丸く膨れ上がって見えるのが印象的。他では、降る雪が夜空の星のように見えたり、これは月面かといいたくなるようなカットがよかった。

・山下海写真展「群像―辺境に生きるひとびと」、コニカミノルタプラザ・ギャラリーB
アジア各地の田舎でのポートレイト。被写体と少し距離をおいて全身を捉えており、横位置での撮影なので周囲の状況もよくわかる。彼らが確かにそこに住んでいるというのが伝わってくる。人物も笑顔がではなくほとんど無表情なのがいい。

・甲賀民人写真展「雪街」、、コニカミノルタプラザ・ギャラリーA
フラッと旅した先でのモノクロスナップ。キャプションのすぐ横のカットがよかった。高めのコントラストが、雪の翌日の陽の光りのまぶしさを連想させた。少し右上がりのカットが多く、撮影のときのクセを思わせて面白い。

今回の3人の作者の名前はどれも独特でカッコいい。
今年もアンケートに答えてカレンダーをもらった。来年1月で閉館になるので最後のカレンダーだ。


・ハービー・山口写真展「and STILLNESS ――あの日のプラハ、ワルシャワ、ブダペスト・・・・・・東ヨーロッパ
1985-1996」、Books and Modern
以前、中目黒のギャラリーで見たこともある写真もあった。今回はデモの写真が昼間の1点だけで、前回よりも「革命」という要素が抑え気味に思えた。チョートクさんと同じ時期にハービーさんも東欧にいたのだと思うと不思議な感じがする。チョートクさんの1985年のプラハ(先日のバウハウス)よりも、時代というものが感じられた。ハービーさんの写真ほうがジャーナリスト的な視点がやや強いということか。


・amanaプラチナプリント作品展「瞬間を、永遠に」、IMA gallery
新しい手法によるプラチナプリント。パンフレットには、最新のデジタル技術を用いた世界に1台の紫外線露光システム、と書かれている。よくわからなかったのでギャラリーのプリントディレクターの方から説明を受ける。
まず、ネガを読み込んで(スキャンして)からプラチナ塩を塗布した印画紙に露光する。この場合のポイントは、フィルム(ネガ)を通して露光するのではないということ、銀塩の引き伸ばし機と同様に拡大できること、プラチナ塩を塗った刷毛の跡を出すことなくネガの形がそのままプリントされること、など。
プリントの色の違いは主に現像液の違いによるもので、銀塩で調色したような黄色味をおびたものが従来のプラチナプリントに近いとのこと。
写真は、モナリザが展示されている部屋のものが一番の好み。スローシャッターで人物は動きでブレており、モナリザだけが見ている。モナリザが見ているという感覚がよかった。でも、これはプラチナ云々とは関係がないな。


最近は帰宅する前に喫茶店に入って、写真展の印象をDMの白紙のところにメモしている。今日は六本木のマックでその作業を始めたら、わらわらと怪しい格好をした人たちが10人ほどやってきて近くのテーブルに着いた。よく見るとそれぞれスターウォーズのキャラクターの扮装をしている。なかにはヨーダのように顔から髪から緑色の人もいる。そしてライトセーバーが何本もテーブルに並べられた。今日から映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が上映されているのだった。でも、東京って六本木って変な人がいるのね。




  
[PR]
by pprivateeye | 2016-12-17 00:37 | Comments(0)