Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

展示に刺激されて1本撮影。

f0067724_251740.jpg


2016年11月16日(水)

・「ロバート・フランク:ブックス アンド フィルムズ、1947-2016 東京」、東京藝術大学大学美術館 陳列館
ドイツのシュタイデル社が関係しているように、写真集が中心の展示だった。実物の写真集と、その構成、制作過程を見せるというもの。ロバート・フランクの撮影した映像もあったが、こういう場所で動画を観るのは苦手なのでほとんどチラ見程度だった。写真集では「Looking in」と「Come Again!」が欲しいと思った。前者はベタ焼きが多く載っている。後者はポラロイドを複数枚貼り合せたもので、写真集もそれを再現するような作りになっている。写真は見慣れているせいか「The American」のものがよかった。他ではロンドンとCome Again!だな。

・久保田博二写真展「Life in Photography」、ライカプロフェッショナルストア東京
ここは店の名前を変えたのかな。1960~70年代に撮影されたモノクロ、世界各地の都市の人々。こんな時期にピョンヤンやレバノンでも撮っている。上海のデパートでの買い物シーンは宝飾品に憧れる女性の表情がいい。使用したカメラやレンズも展示。M6で135mmなんてピントを合わせるのも大変だ。その中で一番愛着のあるのが使い込まれたストラップとのこと。

・舞山秀一写真展「die Stadt von engels」、ライカプロフェッショナルストア東京
きれいなデジタル・モノクロ・プリント。イメージの中でときどきハッとするような箇所があるのだが、全体として見るとサイズが大きすぎるような気もした。ギャラリーE・Mでの展示のように小さくても数を見たいと思った。

・石田研二写真展「赤外線撮影の世界Ⅴ」、EIZOガレリア銀座
赤外線撮影の効果がよく出るということで晴れた日の青空と雲が中心。前景が東京タワーやゴミ焼却炉の塔ばかりなので、写真的にあまり面白くなかった。




  
[PR]
by pprivateeye | 2016-11-17 02:51 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31