Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

シネマヴェーラ渋谷で連チャン

f0067724_2143673.jpg


8/26(金)
・「ヨーロッパ 一九五一年」(1952年、伊)
  監督:ロベルト・ロッセリーニ
  出演:イングリッド・バーグマン、アレクサンダー・ノックス
・「ハリケーン」(1937年、米)
  監督:ジョン・フォード、ステュアート・ヘイスラー
  出演:ジョン・ホール、ドロシー・ラムーア

8/27(土)
・「オセロ」(1952年、モロッコ)
  監督:オーソン・ウェルズ
  出演:オーソン・ウェルズ、マイケル・マクラマー
・「殺人幻想曲」(1948年、米)
  監督:プレストン・スタージェス
  出演:レックス・ハリスン、リンダ・ダーネル


「映画史上の名作 15」と題したシリーズ。そのチラシを持っていたのだが気付いたときが遅かった。キートンとかマルクス兄弟とか観たい映画がいくつかあったのに。

この4本では「殺人幻想曲」がシリアスとユーモアが交錯して面白かった。オーケストラの指揮者が若い妻が浮気をしているのではと疑い始め、コンサートで指揮をしながらその浮気に自分はどう反応しようか考える。たとえば電話とレコードを使ったトリックで妻を殺害しそれを秘書の犯罪のように仕組む。そんなことを考えて指揮を執った結果大変すばらしい演奏になったりする。妄想のなかではクール、現実では計算外の展開にドジばかりで、しかも主人公役のレックス・ハリソンはスマートでダンディと、そのギャップが大いに笑わせてくれる。




   






 
[PR]
by pprivateeye | 2016-09-06 23:56 | 映画 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31