Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

「ティファニーで朝食を」

f0067724_13394.jpg


2016年1月13日(水)

☆「ティファニーで朝食を」、有楽町スバル座
 原題:Breakfast At Tiffany's
 監督:ブレイク・エドワーズ
 出演:オードリー・ヘップバーン、ジョージ・ペパード
トルーマン・カポーティの同題が原作。大学に入ったときの英語のテキストが「ティファニーで朝食を」だった。小説を買っているはずだが、内容はまったく覚えていない。もっとおしゃれな映画かと思っていたが、ラブ・コメディーと言っていい作りになっていた。オードリー・ヘップバーンの着ているドレスはジバンシィらしい。上の写真はよく目にするが映画の中ではこういうシーンはない。作家はトルーマン・カポーティ自身が反映されている。もう一度読んでみようと思った。


・村越としや写真展「沈黙の中身はすべて言葉だった」、タカ・イシイギャラリーP/F
60×180cmのパノラマサイズの作品。撮影はいつものように作者の出身地の福島県須賀川市周辺。2011年の震災以降、意識的に出身地を撮り、その変化を記録していきたいという。パノラマサイズの写真を撮るために6×9のカメラを改造している。これまでにもスクエアや6×7、35mmでも撮り、プリントサイズも六つ切から今回のように大伸ばしのものまでいろいろあるがまったくその姿勢がブレていない。

・西野壮平展「Action Drawing : Diorama Maps and New York」、IMA gallery
IMA CONCEPT STOREが大きく模様替えして、ギャラリースペースが中心となっている。書籍はほんの申し訳程度のスペースしかない。ギャラリーでは西野さんが一コマずつカットされたベタ焼きをパネルに貼って実際に作品を制作している。撮影場所はハバナ。8割くらい出来上がっていた。最近の作品では人物が都市の中に入ってきている。また、新しい試みとして光りで地面にラインを描いたものも展示されていたが、こちらはあまり好みではなかった。それよりも実際の撮影風景のビデオが上映されており、なかなか興味深かった。以前に話を聞いたとおり、高い場所からの撮影だ。

・日本レース写真家協会写真展「COMPETITION」、AXIS GALLERY SYMPOSIA
AXISビルの地下にもギャラリーがあるのを初めて知った。昨年のモータースポーツを取材した作品。F1や世界耐久選手権、ラリー、MotoGP、Super Formula、F3、etc. どれもレースを想像して熱くなる。ラリーでは車がジャンプするシーンがあるがその高さが人の身長以上もありそうで驚いた。よくサスペンションが壊れないものだと思う。
[PR]
by pprivateeye | 2016-01-16 01:37 | 映画 | Comments(0)