Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

"The rain in Spain stays mainly on the plain."

f0067724_4312839.jpg


2015年12月1日(火)

YEBISU GARDEN CINEMAで「マイ・フェア・レディ」(原題 My Fair Lady)を観る。
  1964年、アメリカ、英語、カラー、170分
  監督:ジョージ・キューカー
  出演:オードリー・ヘプバーン(イライザ)、レックス・ハリソン(教授)、
     スタンリー・ホロウェイ(イライザの父親)、ウィルフリッド・ハイド=ホワイト(大佐)

ブロードウェイでのミュージカルの映画版。ミュージカルではジュリー・アンドリュースが主役を演じている。
バーナード・ショウの原作が初演されたのが1914年で、ブロードウェイでの公開が1956年で、まだイギリスの階級社会は堅固なものだったろう。ちなみに、教授や大佐は資産家でアスコット競馬場の社交場に行くこともできるがあくまでも中産階級で、上流階級ではない。上流階級は王室につらなる貴族階級であり、ブルジョワは中産階級だ。
"The rain in Spain stays mainly on the plain."は下町なまりの英語を矯正するときの一例だが、ウィキペディアを見るとこの一文が各国の言葉で一覧になっていて面白い。
イライザは下町の花売り娘からレディに変身できたが、「自分」を獲得する過程が描かれていないので批評性には欠けると言わざるを得ない。


12月1日は映画の日で料金が割引となるのでハシゴをした。
早稲田松竹で「セッション」と「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観る。

「セッション」(原題 Whiplash)
 2014年、アメリカ、英語、カラー、106分
  監督:デミアン・チャゼル
  出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ

う~ん、どうなんだろう、評価が高い記事を目にするが、すごいとは思うもののあまりいいとは思わなかった。
ドラムのレッスンの厳しさには部外者は驚くばかりだが、はっきりいってそれぞれの演奏の違いはわからない。
ドラマとしての良かった箇所は家族・親戚揃っての食事と、恋人との別れの場面くらいかな。食事の場面では主人公が従兄弟(?)から「音楽の世界は汚いからな」と言われ、これは後の伏線ともいえる。
あまりいいと思わなかった理由は、主人公が何をしたいのか全然わからないこと。学校の中のバンドでドラムを叩きたいだけのようにしか見えない。チャーリー・パーカーの例えが出てくるが、自分もそうなりたのか見えない。預かった楽譜をその辺りの椅子に投げ出したり、事故ってパニクッているとはいえスティックを置き忘れるなんて、ちょっと軽すぎる。だから、最後の最後のシーンが良く見えても、たぶんこの元教授にはついていけないだろうなと思ってしまう。


「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
  (原題 Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance)
  2014年、アメリカ、英語、カラー、119分
  監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
  出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィアナキス、エドワード・ノートン、エマ・ソトーン、
     エイミー・ライアン

今日観た映画のなかでは一番いいのではないかと思う。
かつてのハリウッド・スター俳優がブロードウェイに自分の脚本・演出で出演するという話。部分的には劇中劇だ。映画や舞台といったショウビジネスのパロディともいえそうだ。
超常現象(妄想?)があったり、ドラム演奏があったり、劇中劇であるがゆえに現実と嘘(芝居)が入り混じり、撮影では長回しのようなシーンが続いたりと、いろんな仕掛けがあって油断できない。舞台裏の通路でのシーンが印象に残っている。
[PR]
by pprivateeye | 2015-12-10 01:33 | 映画 | Comments(0)