Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

アルフレッド・ヒッチコック監督特集

f0067724_3583287.jpg


11月25日(火)

早稲田松竹でアルフレッド・ヒッチコック監督特集。ともに観るのは2回目。

・「裏窓」1954年
原題:Rear Window
出演:ジェームズ・スチュアート(ジェフ)、グレース・ケリー(リザ)
本当に殺人は行われたのだろうか。
犯人とされる男は女性と一緒に出かけている。この女性は男の部屋の前から出掛ける場面でしか現れない。しかも見えるのは後姿だけだ。男の妻が殺されたかもしれないという状況証拠はいろいろあるが、その女性が妻ではないという根拠は皆無だ。映画は男が犯人だという形で終わっている。
カメラアングルとか視線、ジェフとリザの関係、アパートの各住人の描き方など、ヒッチコックの映画の中でも評価の高い作品だ。しかし、先にあげたように謎解きの部分では少し弱いと思う。
ヒッチコックのカメオ出演の場面:作曲家の部屋で時計を巻いている。


・「北北西に進路を取れ」1959年
原題:North by Northwest
出演:ケイリー・グラント(ソーンヒル)、エヴァ・マリー・セイント(ケンドール)
ソーンヒル自身にとっては不条理のなにものでもなかったと思う。キャプランという謎の人物に間違えられ、しかも殺されそうになる。ただし、映画は不条理を描くものではないので、中ほどで説明の場面が入る。そして後半は活劇という展開だ。
空砲の拳銃を三度も使うというのはヒッチコックらしいということか。また、活劇の舞台がラシュモア山なのもいかにもという感じがする。ラシュモア山はワシントンやリンカーンなどの顔が岩山に彫られたところだ。その大きな顔に意味がありそうでまったくない、しかし映画を観ている者はその顔に引かれてしまう。
カメオ出演の場面:ソーンヒルが中西部に呼び出されるバスに乗り遅れる。
[PR]
by pprivateeye | 2014-11-30 03:11 | 映画 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30