Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

アンドレイ・タルコフスキー

f0067724_304422.jpg


9月1日(月)

早稲田松竹でアンドレイ・タルコフスキー監督「僕の村は戦場だった」「アンドレイ・ルブリョフ」を観る。
タルコフスキーは2年前に渋谷のユーロスペースで全作品を観ているので、今回は二度目だ。
感想はほとんど変わらない。
今回思ったのは、タルコフスキーは水のイメージを多用しているということ。
「僕の村は戦場だった」では井戸の中を覗いたり、湖を渡っていくシーンなど。「アンドレイ・ルブリョフ」は雨のシーンで始まり、雨で終わる。川や、森の中の水もよく出てくる。
他の作品では「惑星ソラリス」は水そのものだし、「ストーカー」では水が滝のように流れ落ちる部屋があり、「ノスタルジア」では村の広場の温泉が出てくる。「サクリファイス」はバルト海の小島が舞台だ。
これは輪廻転生ではないが、すべてを流してしまう、流れ去るという感覚だろうか。
[PR]
by pprivateeye | 2014-09-09 03:03 | 映画 | Comments(2)
Commented by CorekazMIC at 2014-09-09 04:33
おはようございます。はじめまして。
もう20年になりますか、今は無き大阪のとあるミニシアターでタルコフスキーの二本立てを観たときの話です。
後ろに座っていた若い女性二人組が『サクリファイス』で大笑いしてるんです。
映画は観方は人それぞれだと、そのときほど強く思ったことはありません。
Commented by pprivateeye at 2014-09-09 09:42
CorekazMIC 様 コメントありがとうございます。
映画の観方、小説の読み方、人それぞれですね。
いろんな観方、読み方ができるというのはそれだけ懐が深いのだと思っています。
これからもよろしくお願いします。
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30