Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

「ヒッチコック・スペシャル」

f0067724_2030225.jpg


7月20日(日)

高田馬場のスタバでF1GP第10戦ドイツGPをスマホを使って見る。サーキットはホッケンハイム。今年はメルセデスが圧倒的に強くてフェラーリ、しかもキミ・ライコネンがいい成績を残せていないのであまり面白くない。この日もバトルができず、11位に終わった。

で、日曜の夜、こんなところにいたのは、早稲田松竹でオールナイトの「ヒッチコック・スペシャル」を観るためだ。若い人が多いのは確かだが、年配の男性も女性もそこそこいた。整理券番号は124番と後ろのほうだったが、席はF列の中央とほぼいつもと同じところに座れた。夜23時開演、終演は朝5時半過ぎだった。
上映作品は「泥棒成金」、「めまい」、「マーニー」の三本。
 「泥棒成金」To Catch A Thief(1955) 出演:ケイリー・グラント、グレース・ケリー
 「めまい」Vertigo(1958) 出演:ジェームズ・スチュアート、キム・ノヴァク
 「マーニー」Marnie(1964) 出演:ティッピ・ヘドレン、ショーン・コネリー
ヒッチコックの男優は男臭さを匂わせるような人が多い。女優はブロンドが好みなのかな。

「泥棒成金」の夜のシーンはカメラレンズに緑のフィルターを付けて撮影し、昼間だが夜のような雰囲気にしている。トリュフォーが「アメリカの夜」の中でジャクリーン・ビセットに「ああ、疑似夜景のことね。英語ではday for nightってというの」と言わせている。グレース・ケリーが結構おきゃんな女性を演じている。

逆に、「めまい」は話が難しくなっている。キム・ノヴァクの一人二役を元警官のジェームズ・スチュアートはどの時点で見抜いたのだろうか。スペイン風の教会の場面では、ここでもday for nightの手法が使われているようだ。

「マーニー」の主演女優は「鳥」と同じ人。馬に乗って柵を軽々と飛び越えていくシーンがあるが本人だろうか。ヒッチコックはトリュフォーとの『映画術』のなかで「ショーン・コネリーにしてもフィラデルフィアの富豪の紳という感じがあまりしない」と語っている。

三作品の中では「泥棒成金」がいいかな。話の軽さが映画的でいい。
[PR]
by pprivateeye | 2014-07-29 20:14 | 映画 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30