Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

映画の日

f0067724_0582992.jpg


4月1日(火)

消費税が今日から8%となり、「物価上昇」を目の当たりにする。
 東京メトロ ¥160 → ¥170
 映画の日 ¥1,000 → ¥1,100
 スタバおかわり ¥100 → ¥108


・アーサー・ティル & 薬師洋行 報道写真展「熱く、そして美しく SOCHI 2014」、オリンパスギャラリー
望遠レンズを使って絞り開放。ISO感度はそれほど高くはないのでシャッタースピードも極端に速くはない。それでも瞳にピントが来ている。プロの腕はすごいとしか言いようがない。ロシアのカーリングの選手がきれいだ。高梨沙羅のジャンプを見ているとジンとくるものがあった。


・阿部直樹写真展「黒風のまえ」、銀座ニコンサロン
初日に伺ったパーティの準備などでゆっくりと見れなかったので2回目。タイトルは「こくふう」と読むそうで、いわゆる嵐のことだそうだ。けっこうドライな印象を受ける作品だが、本人としてはヌードなども入れたかったらしい。セレクトを厳しくしていった結果のようだ。


毎月1日は映画の日ということで料金が割引になる。今日は日比谷のみゆき座で「それでも夜は明ける」を観た。南北戦争の前の米国。自由黒人なのに拉致され、12年間南部で奴隷として働かされたという、実際にあった話が原作。1853年に発表された伝記である原作は驚くほど正確だったとのこと。農園主の理不尽さにうんざりする。奴隷制度時代であってもいい農園主とそうでない農園主がいるのはどこでも同じで、時代や地域の束縛からは逃れられないということのようだ。
[PR]
by pprivateeye | 2014-04-07 23:53 | 映画 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31