Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

<午前十時の映画祭>

コルトン・プラザで「真夜中のカーボーイ」を観る。
タイトルが「カウボーイ」ではなく「カーボーイ」となったのは例の水野さんが絡んでいるらしい。
これもアメリカン・ニューシネマの系列に属する作品。
どれもラストが印象的だ。決してハッピーエンドではなく、厳しい現実を突きつけられた、むしろ絶望的な最後だ。
でも、この手の作品が一番しっくりくる。70年代を挟んで思春期を過ごした世代だからだろうか。
これでダスティン・ホフマンが出ている作品は3つ観たことになる。「パピヨン」「卒業」そしてこの「真夜中のカーボーイ」。「卒業」より良かった。
[PR]
by pprivateeye | 2011-08-18 23:46 | 映画 | Comments(3)
Commented by deco at 2011-08-19 22:40 x
ジョー役のジョン・ヴォイトの実娘がアンジェリーナ・ジョリーだというのが個人的にちょっとした衝撃でした。
Commented by pprivateeye at 2011-08-20 09:55
deco さん
コメント、ありがとうございます。
映画を観た後はウィキペディアなどで当時の背景を調べたりするのですが、当然ながら出演者たちもいまでは高齢になっていて改めて驚いたりしています。
ちなみに、ジョン・ヴォイドが72歳、ダスティン・ホフマンが74歳です。
Commented by deco at 2011-08-20 22:26 x
レスポンスありがとうございます。
この映画は個人的に多分「生涯のベストテン」に入るものだと思っているのですが、主演の二人が私の両親と同年代ということで、改めてショックです(笑)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30