Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

疲れた。

f0067724_18401880.jpg



みゆき座で「激突!」を観る。午前十時の映画祭。
スティーブン・スピルバーグの出世作として有名。
途中で主人公に突っ込みたい箇所もいくつかあるが、最後にはこの映画は何だったんだろうという気持ちになった。映画の作りがではなく、映画の表現しているものが「空しさ」ということか。


◆鈴木知之写真展「Parallelismo」、RING CUBE
街並みを横に(?)撮影。
イタリアと東京の下町が、横に長く何枚もの写真をつなぎ合わせて一つの作品が作られている。
路地の一軒一軒を見ているようで楽しいのだが、作品の数が多過ぎた。
もう少し大きな作品にして、点数を減らして、じっくりと見てもらうようにしたほうがよかったのではと思った。


◆「第6期シルバー・ソルト・クラブ写真展」、月光荘
写真仲間が参加しているので、パーティに合わせて伺う。
久しぶりに顔を合わせ話をする。仕事柄、震災の影響があり、落ち込むこともあったらしい。
作品は黒焼きだった。最近の自分の傾向と似ているので、すんなりと受け入れることができた。
写真家の湊さんからは個展についてのアドバイスをいただいた。
メーカー系のギャラリーに応募するには作品の点数が必要で、そのためには数だけでなく深みも求められる。最初からハードルを高くしないで、小さめのギャラリーから個展を始めて、段階を踏んでいったほうがいいとのこと。
そして、何と幹事の方から挨拶をしてほしいと仰せがあった。固辞したのだが、結局話すことになってしまった。この写真展を見に来るようになったきっかけとか、いつも気になる作品があることなどを話した。
緊張したせいでもないとは思うが、その後、ワインの入ったカップをひっくり返してしまった。
[PR]
by pprivateeye | 2011-06-19 23:23 | 映画 | Comments(2)
Commented by Q at 2011-06-20 23:50 x
いい挨拶でしたよ。あ、なんか偉そう?
久しぶりにお話できて嬉しかったです。
Commented by pprivateeye at 2011-06-21 23:51
Q さん
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31