Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

飯田橋方面

f0067724_091833.jpg



昨日はカロタイプで暗室。モンゴルの続き、5カット12枚。
グループ展用の10枚を第一次とすれば、今回は第3グループになる。
いっしょに暗室に入るIさんにベタを見せたらこれが面白んじゃないというカットを最後に焼く。
ベタを見る分には白と黒しかなく、ネガを見ても暗部に諧調があるわけではなかったのだが、実際そのとおりで、どのコントラストどの濃度でも成立しそうなカットだった。
Iさん曰く、自分が撮りそうにない写真とのこと。


コルトンプラザで「華麗なる賭け」を観る。午前十時の映画祭。
主演はスティーブ・マックウィーンとフェイ・ダナウェイ。
フェイ・ダナウェイは前年の「俺たちに明日はない」(ボニー&クライド)で認められての抜擢だそうだ。
スティーブ・、マックウィーンがフェイ・ダナウェイに「あなたが犯人だ」といわれたシーンで、次のように言っていた(そう、聞こえた)。
 「俺が(Mine)」
 「あなたよ(Youres)」
この「Mine」「Youres」というのは金融市場ではよく使われる言葉で、「Mine=買った」「Youres=売った」という意味だ。
映画の中では「Deel、取引」という言葉もよく使われており、マーケットを意識したものだろうか。
[PR]
by pprivateeye | 2011-05-26 23:23 | 映画 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31