Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

ポートフォリオレビュー

f0067724_21174471.jpg



新宿ニコンサロンでの写真家・畠山直哉さんのポートフォリオレビューでのメモ。

・なぜモノクロフィルムで撮って、なぜ印画紙なのか。
・写真に驚きがなくなったと言われる時代に、オーソドックスな手法で、内容で見せる意味は何か。
・オーソドックスな驚きだけで写真を見せることができるか。
・魅力だけでセレクトできるか。
・自分が基準だと延々言われてきた。もう少しリアルな基準がほしい。
・居心地のよい、ゆるいコミュニティ、仲間内にとどまっていないか。
・言語化できていない。海外に持っていくとすればどうか。
・自分の中の何かを拾う。
・問いの形をはっきりさせる。シリアスなセレクトが可能。ニュアンス、気持ちを組織化していく。
・物語がダメなのではなく、その質がダメ。
・写真に意味が生じるのは必然。
・物語をどうやって組み立てていくか。こういった議論が必要だがまったくなされていない。
・タイトルを見ると頭のの中がわかってしまう。写真を見ただけではわからない。
・写真の面白いと思うものは、ほんのちょっとだけ面白い。ここにいろんなものが詰まっている。
・写真はいつも誰かの写真に似ている。
・存在として見るか、作品としてみるか。
・ゴッホの絵を知識抜きで見て面白いかどうかわからない。無垢の目で見ることはもう不可能。
・謎を謎のまま投げ出す。
・自分の写真をどの程度自分で読むことができるか。
・自分の写真から聞こえてくるものを真剣に聞く。
・写っているモノを語らせる。
・心の中を見るのが疲れることもある。
・謎が解けていく過程でもう一歩深く見ることもある。
・写真家の身体なのか、被写体なのか。
・わかりやすさを軽く見ない。失敗ではない。わかりやすさにも質がある。
・過去のパースペクティブを身につけて、世間の評価、見方、意見を気にしない。
・顔はモノとは違う。風景とポートレートは別物。
・生物として人間は人の顔を敏感に見分けられるようにできている。
・人物写真は写真の中に視線が生まれる。線の構成。
・インティマシー、親密感。共通できるものがあれば、いい写真と言われることが多い。
・二つの面で考えることができる。被写体、写真というメディウム。
・セレクトのときは写真を素材として考える。
・ちょっと特別な何か、特別な驚きが一瞬、物事の理解を遅らせる。
・スムーズじゃないコミュニケーションが写真の魅力。
・セレクトは誰に見てもらいたいかが出る。尊敬している人に見せるつもりで選ぶ。
・写真は、作者と見る人との通路。
・自問のサイクル、セルフセラピーがスペクタルになっていれば他人は見る。もっと見たいという気持ちにさせる。
・写真は世界を離す。遠くから世界を見る芸術。
・タイトルに関しては間違いというものはない。ただし理解付けが必要。
・タイトルは文章ではない。
・タイトルからの表象、イメージを想像しておく必要がある。


17時半、10人くらいのところでギブアップ。





  



[PR]
by pprivateeye | 2011-02-26 23:23 | Comments(2)
Commented by oldnavy2000 at 2011-03-02 12:29
こんにちは
とっても参考になるメモですね。ありがとうございます。
ボクは昨年、レビューに参加しようとしたら直前に事務の人に
年齢を見破られ断念(笑)。でも、参加者の写真や畠山氏の
レビューはとっても面白かったです
Commented by pprivateeye at 2011-03-02 21:35
oldnavy2000 さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
レビュー参加できず、それは残念でしたね。
何度か見学しているのですが、畠山さんのポートフォリオレビューはいつも人気です。見学の人も含めて50~60人はいると思います。
写真の講義(講座)があれば一番聞きたい人の一人が畠山です。
これからもよろしくお願いします
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31