Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

GINZA SIX 初訪

f0067724_23102337.jpg


2017年12月5日(火)

・OHO KANAKO写真展「海馬のゆりかご」、銀座ニコンサロン
モノクロのスクエア。なぜか二つのサイズの展示。SNSで写真仲間がいい感想をあげていたのを読んでいたのだが、実際に見てそうかなと思った。ピントがどれも甘いのが気になった。記憶とはそういうものだ、という考え方なら少々安易かも。セレクトも風景や植物のカットはいらないような気がした。

・森山大道「ANOTHER COUNTRY IN NEW YORK」、Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5F)
初めてGINZA SIXに足を踏み入れ、6Fの蔦屋書店を覗いてやっぱりね感のある残念さで通りに出たら、ディスプレイにモノクロの写真を見つけて再度建物内へ。
1971年に森山さんにがニューヨークへ行ったときに撮られた写真。すでに写真集にまとめられているが、今回の展示はシルクスクリーンによる大きな作品。ほぼ白か黒かというNYの街並みだが、これが思いのほかカッコよかった。普通の写真のプリントでもなく、かといってペインティングっでもなく、独自の存在感があった。ハーフサイズの2コマをひとつにしたタテ150cmくらいの大きなもので、300万(!)のプライスがついていた。







   




[PR]
# by pprivateeye | 2017-12-06 00:29 | Comments(0)

3つとも企画展だ。


f0067724_22164746.jpg


2017年11月29日(水)

・「駄カメラ写真グループ展 4」(前期)、アイアイエーギャラリー
ひとことで言って、楽しい。個々のカメラの説明を聞いていると思わず笑ってしまう。いまでは3000円以下の駄カメラかもしれないが、作品は決して駄作ではない。力作揃いだ。気に入ったのは8連射できるカメラで撮られた作品。元々は動くものを連射する目的で作られたカメラだが、それを動かないビルを上から下(下から上、かな?)に撮っている。ビルつながりでしかないが、ウォーホルのマンハッタンのビルを固定カメラで延々撮影した作品を連想した。もうひとつは2点一組で間違い探しの作品。5番目の間違いが素晴らしい発想だ。


・「二十世紀の巨匠 美と崇高の風景 アンセル・アダムス」、FUJI FILM SQUARE
これは京都国立近代美術館の所蔵作品で、約60点の展示。アンセル・アダムスのプリントがまとめて見られるのは貴重だ。「月とハーフドーム」「月の出」といった写真集でよく見る有名な作品がほとんど。ゾーンシステムで階調の豊かさを求めたり、覆い焼きや焼き込みなども多用しておりそれらを嫌う人もいるが、プリントの美しさはダントツだと思う。そして今回気付いたのは考えられた構図で、結構大胆だということ。欲を言えば35mmカメラで撮られた作品ももう少し見たかったというところだ。

新製品のコーナーでX100Fを触って、かなり本気で欲しくなってしまった。いま使っているのはX-E1+27mm (40mm相当)。X100Fは固定レンズで23mm(35mm相当)だが、なんといってもハイブリッドビューファインダーがいい。光学ファインダーがあるとフィルムカメラのような気分にさせてくれる。


・「ROCK YOU 2018」、ピクトリコショップ&ギャラリー 表参道
この展示は来年2月の京都での本番のためのプロモーションイベントという位置づけ。4名の写真家が課題レコードを選定し、それぞれがオリジナルカバーを制作している。前回の「ROCK YOU」展ではLPレコードのジャケットが単なる台紙扱いで気分が悪かった。今回は一名を除いて白いジャケットに写真を貼っている。しかし、会場では課題レコードの曲が流れており、写真は別のジャケットを作りましたくらいの扱いでしかなかった。音楽に写真が負けている。正直言って、写真と音楽を結びつけるのは難しいと思う。





  



[PR]
# by pprivateeye | 2017-12-01 21:33 | Comments(0)

ヒッチコック/トリュフォー


f0067724_22553977.jpg


2017年11月16日(木)

早稲田松竹でアルフレッド・ヒッチコック特集。今年の初めに公開された「ヒッチコック/トリュフォー」と抱き合わせの形で、「裏窓」「ダイヤルMを廻せ!」「見知らぬ乗客」がそれぞれ日を変えて上映された。「ヒッチコック/トリュフォー」は公開時に観ており、「裏窓」も数回観ている。後の2作品はまだだったが、この日は「見知らぬ乗客」を観ることができた。原作は「太陽がいっぱい」や「キャロル」のパトリシア・ハイスミス。列車に乗り合わせた人物から交換殺人を持ちかけられるというもの。ヒッチコックの作品にしては意外と登場人物に感情移入できた。持ちかけられた人物がテニス・プレイヤーで相手の思うようにならないでくれ、と思っていた。テニスの試合のシーンもきちんとしたものだった。「ヒッチコック/トリュフォー」はトリュフォーがヒッチコックにインタビューした本『映画術』に基づいたもので、そのときのフィルムとか現代の映画監督へのインタビューなどで構成されている。ヒッチコックを大いにリスペクトしたものだ。





  




[PR]
# by pprivateeye | 2017-11-28 22:56 | 映画 | Comments(0)

グレーな一日。

f0067724_22535446.jpg


2017年11月14日(火)

・小島康敬写真展「BERLIN」、銀座ニコンサロン
最終日の終わり間際にギャラリーを訪れたので作者とは話ができず。これまでNYはモノクロ、東京がカラーの作品を見てきたが、ベルリンは初めてのような気がする。大判のモノクロ作品。街の中なのに人気がなく、静かな寂しいような感じだ。

この日は午後3時くらいから雨が降り出し、予定していたギャラリーも日時を間違えていたりして、なんとなく冴えない状態で丸の内の地下を歩いていたら上の写真のような展示を見つけた。C62という蒸気機関車は日本で最大の旅客列車牽引車だ。函館本線の急行ニセコを引いていたC62の重連が有名だ。









  




[PR]
# by pprivateeye | 2017-11-28 22:54 | Comments(0)

CYCLE MODE international 2017

f0067724_22223991.jpg

2017年11月5日(日)

9月のスペシャライズドの新製品発表会で招待券をもらったので、幕張メッセで開催された「CYCLE MODE international 2017」に行ってきた。

会場に入るとピナレロのコーナーに長蛇の列ができていたので覗いてみるとクリス・フルーム選手のサイン会だった。サインを求める列には入らず、フルームの写真を撮る。あいにく40mm相当のレンズと、iPhoneしか持っていなかったので自在に撮るというわけにはいかなかった。でもこういうときってデジタルが便利。トリミングでそれなりの写真にすることができる。

メインステージでは新城幸也選手のトークがあるので会場の反対側まで急ぐ。MCのサッシャさん、栗村修さんと三人での話が始まったところだった。バーレーンメリダは一年目のチームということで変なしがらみがないのが良かった。全員が集まっての食事の際はスマホを見るのは禁止と、結構体育会的なところも。
f0067724_22225001.jpg

少し時間を置いて、今度はサッシャさんと栗村さんのトーク。JSPORTSの番組で見るのと同じ調子だ。あたりまえか(^_^;) 前日の埼玉クリテリウム終了後の夜のことなどオフレコの話満載だった。
f0067724_22230073.jpg

会場では試乗車が人気だった。ただ会場内の一角を区切った狭いコースなのでまずその機能の良さはわからないと思う。でも試乗車を覗いてみたらS-WORKSのロゴが入ったバイクが数台あった。スペシャライズドのフラッグシップ機ではないか。もしかすると100万?と思った。

最後にメインステージでのフルーム選手のトークを聴く。MC・通訳はサッシャさん。もう一人ピナレロの社長も登壇。主にツール・ド・フランスとブエルタ・ア・エスパーニャでの話。下の写真は実際にフルームが二つのグランツツールで乗ったバイクとのこと。
f0067724_22230916.jpg
f0067724_22231789.jpg
f0067724_22232310.jpg

さて、帰ろうかと身支度をしていたら、フルームってピナレロというチームの選手なの?と同僚に尋ねている青年がいた。うむ~。







[PR]
# by pprivateeye | 2017-11-07 22:27 | Comments(0)

中間報告

f0067724_02365778.jpg


2017年11月1日(水)

7月にロードバイクを購入しました。機種はGIOS FELLEO 105。フレームがクロモリ、フォークがカーボンで、コンポーネントはシマノ105、11速です。
この4ヵ月で走ったのは上の地図に描き込んだところです。まだサイクルコンピュータを持っていないので、地図はGoogleMapを2枚つなぎ合わせて、Paintで手描きというアナログなもの(^_^;) 北は関宿(利根川から江戸川が分かれる場所)、南はディズニーランド、東は泉自然公園、西は目黒の行人坂。北東に牛久沼、印旛沼といったところです。
これから走ってみたいのは霞ケ浦、渡良瀬遊水地、つくば、南房総、そして関東西部の各峠というところです。これらは自走では無理なので、次の課題は輪行ということになります。










[PR]
# by pprivateeye | 2017-11-02 00:52 | Comments(0)

写真についての思考

f0067724_01221093.jpg


2017年10月27日(金)

普段持ち歩くカメラをハッセルに変更。この1年間はCONTAX G2 + Biogon21mm/2.8を使ってきた。いいレンズだと思うしそういう評価ももらった。カメラはオートで使いやすい。でも、中判を久しく使用していなかったので一番好きなハッセルを持ち出すことにした。組み合わせは503CW + CF Planar80mm/2.8。で、マガジンはA24を使用。フィルムはTRI-X。24枚撮りのマガジンで12枚撮りのフィルムを使っても特に支障はない。ネガのコマ間が次第に広くなっていくことくらいだ。これはブローニーフィルムの厚さの違いによるものだと思う。12枚撮りではフィルム全体に裏紙がついているが、24枚撮りでは最初と最後しか紙が付いていない。A24マガジンを使う際に注意することは12枚撮り終えたということを自覚すること。でないとその後はフィルムがないのにシャッターを切ってしまうという残念なことになる。ストラップは幅広のものは長い間使用していなかったのでゴムが編み込まれている箇所がややねちゃついていた。仕方がないのでそれ以前の皮製の幅が狭いものを使うことにした。


今日から神田古本まつりが神田神保町古書街で開催されている。これまで気になる本を新刊だけど半額といった破格の値段で入手していたので勇んでいってみたものの、メインとなるすずらん通りでの青空古本市はまだ準備中だった(^_^; それでも靖国通り沿いには何軒か青空古本市が出ており、ゆっくりと覗いてみた。手に取ってチェックする本も2~3冊あったがここでは見送ることにした。写真仲間が探している本を見つけたので連絡する。本人も迷っているようで、確保しなくてもいいとの返事。


・相馬泰写真展「Street Photograph BKK/TYO」、表参道画廊 企画展「事象」DIVISION-1
カラーのストリートスナップ。場所はバンコクと東京。ある意味では実験的な作品だ。手渡されたテキストからすると、まず「何を」ではなく「どこで」撮るかということへの思考。写真を広い壁に均等に並べてサムネイルに見せている。そしてそこから均一性が抽出されるのか、あるいは差異が具現化されるのか、ということを考えている。ここでは被写体との距離とか視線の角度とかいった撮り方は考慮されていないようだ。展示の全体を見ながら思ったのは荒木経惟さんの展示だ。タカ・イシイギャラリーと東京都写真美術館でごく最近のスナップがやはりサムネイルのように展示されていたのだが、ほぼ同時期の同じような写真でも並べ方で見える印象が違っていた。何を、どこで、いつ、どうやって撮るのか、どうプリントするのか、何を選ぶのか、どうやって見せるのか、といったことがうまくいったときに魅力のある写真になるのだろう。

・中村綾緒写真展「光」、MUSEE F 企画展「事象」DIVISION-1
作者は妊娠をしてから目に留まった風景、ということらしい。スライドによる展示。モノクロはほとんど色を感じさせないカラー(だったと思う)。逆光で光りが水面に反射しているもの、鳥が飛んでいるもの、といった心象風景。以前の作品では夜の公園を歩く人たちを撮って、そのブレた写真はゴヤの絵画を思わせて興味深かったのだが、今回はふ~んという感じで物足りなさがあった。

・YOSHI YUBAI 写真展「URI」、Place M
カラーとモノクロで、一人の女性を撮影。その女性は変な顔やポーズを部屋の中だけでなく街中でも行っている。DMに興味を引かれて見に行ったのだが、期待とは少々的外れな作品だった。










  




[PR]
# by pprivateeye | 2017-10-30 02:03 | Comments(0)

6×6より6×7なのか。

f0067724_23070019.jpg


2017年10月20日(金)

・森下大輔写真展「asterisk」、表参道画廊 企画展「事象」DIVISION-1
モノクロのスナップ。心象風景といっていいのだろうか。感度の低い複写用のフィルムを使ってコントラストの高い写真となっている。いくつか好きなイメージや気になるものがあった。お気に入りは住宅地の道路で日陰になった箇所がほとんど黒で見えなくなっているものだ。画面左側の道路の遠景はピントが来ているわけではないが妙に気になる。不思議に思った作品は里山の森を写したもの。真ん中の日本の木が圧迫されたように平らに見える。もうひとつ、カメがひっくり返っている写真も変だ。カメよりも隣の石が妙に存在感がある。後から、ひっくり返ったカメがいる、たぶん死んでいるんだろうな、と思うくらいだ。同時に写真集も刊行。6×6と6×7の作品があるが、圧倒的に6×7のものがよかった。イメージサイズだけでなく、写真の力といったものを感じた。

・阿部明子写真展「レウムノビレ」、MUSEE F 企画展「事象」DIVISION-1
亡くなった父親が撮影した写真を壁に貼り、それを撮影し、さらに自分の部屋などの別の写真をデジタルで重ねることで多層的なイメージを作り出している。タイトルは植物の名前らしく、その植物は自分自身を温室にしてその中で成長するという不思議な生態を持っている。ということは、これらの展示は作者の内面を表わしているものなのか、と思った。

・関篤史写真展「Untitled Places」、Place M
山や森林で奇妙な形をしたものなどをモノクロで撮影。しかし、いいなと思ったのはそういったものではなく、ダムの工事現場を上から見下ろした作品とか、ダムのために石を積み上げた山とかいったある空間を形作っているものだった。ストロボで雪を発光させたものも面白いと思った。

・坂本謙一写真展「緋暮時」、RED Photo Gallery
人が思ったことを言葉にする前の感覚を大事にしたい、できれば表現した、というようなことがキャプションに書かれていた。それは夕焼けを撮影していたときの周囲の反応がきっかけだったようだ。作品はカラーのスナップ。

・横内香子写真展「faith」、蒼穹舎
最近ではあまり見かけなくなった、淡い色のカラーの作品。ギャラリーに入って正面の壁から右の壁にかけての作品と、残りの壁の作品がやや異なるように思えた。作者がどういう意味を込めてタイトルをつけたのか不明だが、前半の作品は一つの世界、ミニチュアのような世界、おとぎ話につながるような世界のように見えた。










  





[PR]
# by pprivateeye | 2017-10-21 23:44 | Comments(0)

近づいて見る、離れて見る。

f0067724_01092540.jpg


2017年10月11日(水)

・山田宏一写真展「ジャック・ドゥミの撮影風景」、GALLERY mestalla
ジャック・ドゥミはヌーヴェルヴァーグの映画監督。「シェルブールの雨傘」の監督だ。今回の写真展は映画評論家山田宏一が「ロシュフォールの恋人たち」のロケ現場を撮影したもの。一目見てトリュフォーの映画「映画に愛をこめて/アメリカの夜」を思い出した。映画撮影現場を映画に撮るという内容とよく似ている。いわばメタ映画的で楽しい。

・「ゼラチンシルバー東京 中藤毅彦・元田敬三ゼミ修了展」、ギャラリー・ニエプス
 後期:岡崎牧人、今野聡、山野宏、道川峰久草
前期と合わせて、同じ路上スナップでもずいぶんと異なるものだなと思った。今回は道川さんの作品がお気に入り。スナップだけれどきちんとカメラを構え、場合によっては視線の位置を低くして被写体に向き合っているのがよかった。本人は現像ミスのネガもあってと恐縮していたが、最近はそんなことも含めて写真だなと思っているので気にしないですよと応えた。

・竹内真幸写真展「結界」、Place M
やはりモノクロのスナップ作品。作者は、表層的な都市構造のレイヤーの下にまだ新たな世界の気配を感じているようだが、そうするとタイトルが少しおかしいと思った。結界とは一言でいえば境界線のことだから、その向こうの世界を表わしているわけではない。そんなことからいまひとつ作品に入り込めなかった。

・佐藤圭司写真展「忍路(おしょろ)の景色」、RED Photo gallery
忍路(おしょろ)は小樽市の地名。冬の海岸の面した場所をカラーで撮影。きれいな写真だが、小屋があって海岸線が見えて雪が吹雪いているといった、どこかで見たことのあるような風景だった。そんななか二点ほどいいなと思った作品があった。道路のすぐ向こうは海という場所にバス停があり、背景は一応青空が見えている。しかし、画面左側は暗くなりつつあり、嵐が近づいている気配だ。もう一点はその作品の向かい側の壁に展示されていたもので、海岸線の上は海で雪が大量に舞っている。まるで星空を見ているようだった。

・塚田信之写真展「静かな雑踏Ⅸ」、蒼穹舎
近くに来たこともあって再び訪れた。最初のときほど印画紙の違いは感じなかったが、全体としての固まり、まとまりが伝わってきた。少し離れて一つの壁あるいは複数枚をまとめて見ると、個々の作品をじっくりと見ているときとは別のものが見えてきたりして面白い。




  




[PR]
# by pprivateeye | 2017-10-19 01:54 | Comments(0)

シネマヴェーラ渋谷でキートンとマルクス兄弟

f0067724_01173229.jpg


2017年10月4日(水)

新宿でモノクロ写真の展示を見た後、渋谷へ。久しぶりにシネマヴェーラ渋谷で映画を観る。ここでもモノクロだったw
・バスター・キートンの「海底王キートン」+「キートンの警官騒動」
・マルクス兄弟の「我輩はカモである」

喜劇王の冠はチャップリンにつけられるが、キートンを観たあとではチャップリンの喜劇は甘ったるく感じてしまう。キートンのナンセンスな笑いはいつも新鮮だ。

マルクス兄弟の名前は大昔に筒井康隆のエッセイで知った。名前は知ったものの作品を目にする機会はほとんどなかったのだが、実際に観てみるとそのスラップスティックな笑いは破壊的だった。特にハーポ・マルクスは狂気を感じる。あのズボンにはいったいどれだけの道具が隠されているのだろう。あのハサミの切れ味w

シネマヴェーラ渋谷や神保町シアターといった名画座が作成しているチラシは特集のスケジュールがわかるだけでなく、映画の資料としても重宝している(上の写真ね)。保存版だよ。


何度見ても楽しい鏡のシーン


それをオマージュしたドリフターズ






  




[PR]
# by pprivateeye | 2017-10-07 00:47 | 映画 | Comments(0)
line

写真について、極私的な、 あれやこれや


by pprivateeye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31