Private Eye

ppeye.exblog.jp ブログトップ

写真は固まりで見ると楽しさが膨らむ。

f0067724_23374231.jpg


2018年2月14日(水)

◆萩原義弘写真展「窓」、Gallery Nayuta
雪の「SNOWY」と炭鉱の「巨幹残栄」の2つのシリーズから窓をモチーフした作品。炭鉱のシリーズからは20年以上経って初めて焼いたものとのこと。小さなギャラリーだが、六つ切りの印画紙にプリントされたスクエアのイメージは落ち着いた印象でいい。これまでSNOWYシリーズは大きなプリントだけだったが、雪の柔らかい感じが小さなプリントにも合っているので、これからも焼いていきたいとのことだった。実際の暗室作業のことも尋ねたが、特別なことをやっているわけではなく、基本に忠実に丁寧にやることが大事のようだ。フィルターも2号程度とのことで、中庸ということも重要かもしれない。


◆野村佐紀子、十代目松本幸四郎襲名披露記念写真展「残夢」、AKIO NAGASAWA Gallery
七代目市川染五郎が今年1月に十代目松本幸四郎を襲名し、それを記念に市川染五郎の舞台や舞台裏を17年間にわたって撮影して写真がまとめられて写真集となった。ギャラリーでの写真の展示は6点ほどで、メインは絹の黒地に金、銀で表現された押隈だ。押隈(おしくま)とは歌舞伎の化粧を直接布や紙などに写し取ったもののことで、演技を終えてからの化粧落としの余禄といえる。ただしこの展示では「こんな隈取りをしてみたい」との松本幸四郎氏の想いが込められた創作押隈となる。


◆渡邊耕一 展「Moving Plants」、SHISEIDO GALLERY
イタドリという植物は東アジア原産で、200年前シーボルトによって園芸用として持ち出されたものが繁殖力の強さから世界各地に広まっている。その土地の生態系を変えてしまうほどで、ウィキペディアによれば「世界の侵略的外来種ワースト100」選定種となっている。これを読んで笑いそうになったのだが、イタドリは子供の頃、川原などで遊んでいるときに折って食べたりしたことがあるからだ。味噌汁の具にもなっていた。そんな草が写真で見ると非常に大きくなり、また世界各地に繁殖しているということに驚く。で、面白いのはこの写真は植物学者のものではなく、写真作家によるものということ。作者は植物もテーマにその裏にある歴史を作品にしているようだ。


◆鈴木美保写真展「夢見草」、蒼穹舎
作者の実家のある喜多方地方をカラーで撮影。芳名帳のあるところから時計回りに見て行ったのだが、最初ちょっとコントラストが強いなあと思いながら見ていた。入口左の壁のにある黄葉の写真から隣の壁の雪の写真に移ったときにはちょっとした驚きがあった。壁が変わるとともに場面も大きく変わっていた。それは気持ちのいいものだった。たぶん同じ平面にこの二つの作品を並べてたら無理があったかもしれない。しかしここでは壁が変わることでアクセントが生じて驚きが季節の流れとつながったといえそうだ。水田に続いて男性が踏切に立っているところの流れもよかった。全体では雪の写真が二ヵ所にあり、2年の季節の移ろいを感じさせてくれる(この2年、複数年というのは並びに重要な気がする)。写真は田舎の風景であり特別なものが写っているわけではないのだが、写真の並びが季節の変化に沿っているので自然と何度も見てしまう。あ、ちょっと桜の写真が多いような気がしたw







  



[PR]
# by pprivateeye | 2018-02-15 17:23 | Comments(0)

生賴範義 展

f0067724_23450874.jpg


2018年1月22日(月)

天気予報ではかなりの雪が降るというなか、上野の森美術館へ「生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR」を見に行った。月曜日は開館している美術館やギャラリーは少ないがここは会期中無休なことや、雪で客足が少ないだろうとの思惑で出かけた。生賴範義(おうらいのりよし)の名前は熱心なSFファンだとどこかで目にしていると思う。小松左京や平井和正のハヤカワ文庫の表紙イラストをほとんど手掛けている。他に有名なところではゴジラやスターウォーズの映画のポスターも描いている。あるいは戦国武将や戦後日本の政治家のペン画は新聞広告で見かけているかもしれない。展示はこれらのポスターや書影と、その原画が中心。表紙イラスト手がけた実際の本を立てかけて上に大きく展示した「生賴タワー」は圧巻だった。それらの本はほとんど絶版になっているものだ。また、その原稿となった作品は大きなものが多くて驚いた。イラストの原画というとせいぜいA3サイズくらいを思い浮かべるが、展示されているものはA0サイズ前後が多く、アクリル絵の具でリアルに描かれていた。「SFアドベンチャー」の表紙の連作は下書きもいっしょに展示されていたが、バランスやデッサンの正確さのためにマトリックスを引いてから描かれていた。それが細部まで描き込まれ、しかも本番ではそれをさらに細かく修正しながら完成にもっていっている。最後に絶筆となった書きかけの作品が展示されいた。
・生賴範義(おうらい のりよし)1935.11.17 - 2015.10.27(満79歳没)

生賴展を見終えて外に出ようとしたら玄関左側でも何か展示をやっているようだったので覗いて見た。
◆粂原愛 個展「うたかたの庭」、上野の森美術館ギャラリー
日本画の展示だった。梅の花をモチーフに、縦長の画面を複数枚組み合わせたもの。紅梅の赤が鮮やかだった。離れて見ていると確かに梅の木や花なのだが、ある距離まで近づくと一気に抽象画ののように変化して形が見えなくなってしまう。その不思議な感覚が面白かった。大きな作品が7~8点あるのだが、それが全部昨年一年間に制作されたもので驚いた。入口でカウントを取っている人が最初、美術館のスタッフかと思っていたがどうも作家自身のような気がしたので尋ねたら果たしてそうだったので、上記のような感想を述べてギャラリーを出た。


美術館の外はもう十分に白い世界となっていた。雪の上野の森を撮る人は他にも何人か見かけて、自分と同じような人がいるんだなと思った。せっかくなので雪景色の中のロダンの彫刻を見ようと思ったのだが、西洋美術館は月曜が休館日でゲートが閉まっていた。遠くから「カレーの市民」の後ろ姿を撮影。雪が降ってきたのでもう帰ろうぜと話しているようにも見える(by Katsurayama)。下の写真はモノクロみたいだけど全部カラーです。


f0067724_23460887.jpg
f0067724_23461572.jpg
f0067724_23462103.jpg
f0067724_23462679.jpg
f0067724_23463251.jpg

  











  



[PR]
# by pprivateeye | 2018-01-30 00:13 | Comments(0)

万年筆の修理

f0067724_00114580.jpg


2018年1月16日(火)

万年筆を2本修理に出した。PILOT CUSTOM(黒)と、PILOT CUSTOM STERLING SILVERで、京橋のパイロット本社に持って行った。そこでいろいろと興味深い話も聴けた。STERLING SILVERのほうはペン先の接着がはがれてしまったのだが、応対に出た人がルーペで見ながら「これは71年製造のものですね」と言う。いまから47年も前のことになる。こちらはそんなに古いという自覚がなかったので「そんなことまでわかるのですか」と尋ねたら、「ペンの下側に<H871>とあります。Hは弊社の平塚工場の略で、871は71年8月の意味です」と説明があった。よく考えるとこの万年筆は学生の頃購入したような記憶がある。なるほど40年以上前のものかと、自分のことながら感心した。こんなふうにペン先には製造年や場所がわかるように刻印があるとのこと。それを聴いて「最近、文房具の本などで万年筆の特集がよくあるけれども、そういった記事は目にしたことがないです。まるでカメラの製造番号みたいですね。マニアの人たちはその番号を気にしたりします」と言ったら、対応の女性の人はニッコリとほほ笑んだ。そのとき彼女の指先にインクの汚れが付いているのに気づき、「ああ、やっぱり仕事柄インクは付いちゃうよね」と心の中で思い、その方に親近感を覚えた。さらにルーペで見ながら「軸に細かなひび割れがあるので接着しておきましょうか? ただどうしても後から見ると接着の跡が付いてしまうのですが」と言われて、このときは以前にシチズンの時計を修理に窓口に持って行って具合をいろいろ尋ねられたときと同じ気持ちになった。自分たちの製品に対する愛情、できるだけ修理などは万全を期するけどどうしても無理なところも出てきますという、お詫びにも似た残念だという気持ちが伝わってきたからだ。ちなみにシチズンの時計は修理が上がって受け取りに行ったとき、「これからも可愛がってやってください」と言われて一遍にファンになってしまった。もう一本のCUSTOM(黒)のほうはペン先が欠けてしまっていたので修理というよりはペン先の交換となった。そしてこの万年筆も古くてすでに型番にはないので使えるペン先で代用せざるを得ないとのこと。その際、「14金なのでそれなりに金額が掛かってしまいますが、折れたほうを弊社で引き取る形にすれば多少お安くなります」と言われ、「それでお願いします」と二つ返事で答えた。ただ<B>太字だったがこの型はないので<M>中字となった。実はSTERLING SILVERのほうも<B>なのだが、これは若い頃作家のマネをして太字の万年筆に憧れたためだ。原稿用紙に大量に文字を書くのはその当時の学生でも機会は少なく、ましてやいまは太字の出番は皆無だ(あ、年賀はがきの宛名書きに使ったなw)。修理は1週間くらいと言われていたが3日ほどで連絡があった。受け取りに行ったときに「もしインクの出方が多過ぎたり擦れたりするようなら1年間は無料で調整します」と言われた。最後まで気持ちよく応対され、これから万年筆を大いに使っていこうと思うのであった。











  





[PR]
# by pprivateeye | 2018-01-19 20:49 | Comments(2)

中野~新宿~渋谷、そして京橋

f0067724_22433533.jpg


2018年1月5日(金)

・渡部さとる写真展「2Bとマンデリン」、ギャラリー冬青
8×10とローライで撮られた江古田、『旅するカメラ』に掲載された江古田。記録であり、記憶に残したい風景だ。現代アート云々、ノスタルジー云々は関係ない。究極の「写真」が家族アルバムとすれば、ここにある写真はそれを少し広げたものだ。「撮影者ー被写体ー見る人」という関係性を考えると、前の二者の関係が濃い。


・ニコンサロン50周年記念 ニコン・コレクション展「6人の星座」
山本雅昭、深瀬昌久、平敷兼七、山崎博、鈴木清、田原桂一。ニコンサロンで展示された作品で、いずれも物故写真家だ。平敷さんだけは初めて見る。この展示での好みは田原さんだな。パリの屋根裏部屋の窓を撮影したもの。図録がもらえたのがラッキーだ。


・「東京画 SHIBUYA-TOKYO CURIOSITY」、渋谷ヒカリエ 8/ Cube1,2,3
渋谷をいろいろな作家が撮影。公募とキュレーターのセレクトかな。すべての作品が同じサイズで展示されていた。何人か知った作家の名前があり、その中では宝槻さんのスローシャッターを使った作品が自分の渋谷観(?)と合っていた。この後、パリ、ベルリンと巡回し、2020年に渋谷に帰ってくるらしい。



最後に近美フィルムセンターで「シベールの日曜日」を観る。思っていたよりも観客が多かった。








  





[PR]
# by pprivateeye | 2018-01-09 23:26 | Comments(0)

2018 motorsports calendar

f0067724_09454269.jpg

2018年1月5日(金)

今年もモータースポーツの開催予定をまとめてみました。スーパーバイク世界選手権を加えて6つのシリーズです。WEC世界耐久選手権は年をまたぐシーズンに移行するようで、2018/19年シーズンとして特別にル・マン24時間レースが2回行われます。これを作成していて気付いたのはシリーズ名称にGrand Prixと付くのはF1とMotoGPだけです。それぞれ四輪車と二輪車の世界最高峰の選手権ということになります。







   




[PR]
# by pprivateeye | 2018-01-05 09:55 | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます。

f0067724_12195379.jpg


2018年1月1日(月)

本年もよろしくお願いいたします。








[PR]
# by pprivateeye | 2018-01-01 00:09 | Comments(0)

2017 Flash Back

・見た写真展・展覧会 195展 前年比 -7展
・読んだ本 70冊 前年比 -7冊
・観た映画 37本 前年比 -32本
・今年の写真展 My Best 3
  1.荒木経惟×ギメ東洋美術館「東京墓情」、CHANEL NEXUS HALL
  2.百々俊二「日本海」、銀座ニコンサロン
  3.塚田信之「静かな雑踏Ⅸ」、蒼穹舎
・観た映画 My Best 3
  1.「家族の肖像」、監督:ルキノ・ヴィスコンティ
  2.「ジャズ大名」、監督:岡本喜八
  3.「我輩はカモである」、監督:レオ・マッケリー
・iPhone5Sはプレーンなまま2年経過。裏面シールも健在。まだ落としてないよ。
・写真仲間に教えてもらったモノクロ写真のアプリ、いいね。簡単に、いい写真が撮れた気になるw
・写真展を見る回数が減ったと思っていたが、数字的には微減にとどまる。
・写真の好き嫌いがはっきりしてきて、限られた写真しかしつこく見なくなった。
・そのためブログの記事も、その写真展が気に入ったかどうかで文字数の多寡が目立つ。
・ブログそのものが遅れがち。遅いときは1ヵ月以上も前の感想を書いている。
・カロタイプでの写真講評会、連続で参加。後半は写真を見せることよりも参加するためにプリントをしているような気もしてきた。
・普段使いのカメラとしてCONTAX G2 + Biogon21mmをちょうど1年間使い続ける。
・11月後半から久々にハッセル登場。503CW + Planer80mm。
・渋谷川をG2で撮る! ←ちょっと遅い! 暗渠から出てきたところが見えなくなってしまった。
・プリントはRCばかりでバライタはなし。
・つまり、ワークプリントばかりでセレクトせず、作品づくりが進んでいない。
・白岡さんの言葉「で、これはいい写真ですか?」を最終的な判断のよりどころにしている。
・写真家の発言は核心を突いているが部分的で、写真評論家の発言は全体をカバーしているがどこか表面的なところがある。
・という思いを確認したのが『挑発する写真史』。いい本だと思う。
・映画は写真展にもまして観に行かなくなってしまった。7月は0本だった。
・贔屓の映画館は早稲田松竹だな。まず上映作品に好みのものが多い。名画座関係のなかでは料金が割安。電車一本で行けるw
・ハーポ・マルクスとバスター・キートンの笑いはどちらもシュールだが、その表情は対照的だ。ハーポは終始笑顔、キートンは無表情。
・読書はSF中心。そこに哲学、詩が加わる。
・ナボコフを読むのはストップ、T.S.エリオットからW.H.オーデンという流れ。他に谷川俊太郎。
・P.K.ディックはまだ半分。ミシェル・ウエルベックは4冊も読んだ。
・来年はスタニスワフ・レムに取り掛かろう。
・ついにロードバイクを買ったよ! GIOS FELLEO 105。クロモリだよ。
・で、いま思うことは予想以上に費用が掛かるということ。たぶんカメラより上だ。
・ロードバイクそのものの平均値はカメラを上回り、何より周辺の費用が掛かる。ウエア関連は他のスポーツの倍するぞ。
・実際の走りは、遅いです。
・なによりケイデンスが低い。真剣に足を廻して70を超えるのがやっと。これは普通、巡航速度のケイデンスだ。
・サイクリングロードで追い抜いていく人の足を見ているとみんな自分よりも廻している。
・書かれたものを読むと、どうもケイデンスよりもトルク中心の乗り方をしているらしい。軽いギアを数多く廻すよりも、少し重いギアでゆっくり廻すほうが性に合っている気がする。
・ま、いまのところレースなんて頭にはなく、距離を乗るのが楽しいのでスピードは気にしないでおこう。
・でも、減量しなっくちゃ。
・住んでいるところは電車の便がいいものの、自転車で走りに出掛けようとするとそれが逆にアダとなっている。
・気持ちよく走れる地域に出るまで時間がかかり、自動車の多い道路では神経を使うので、自ずと走る地域が限られてしまう。
・次の課題は明確だ。輪行しかない!
・あ、サイクルコンピュータも欲しい(^_^;)
・今年もグランツール3レースとも見たよ。ただしスカパーではなく、JSPORTSオンデマンドで。
・サイクルロードレースを長く見ていると選手を覚えてきて、エースではなくアシストの選手に目がいく。
・でもやっぱりフルームだな。ブエルタ最終ステージのマドリードの最終周回のスプリントに加わったのには勝負、タイトルへの執念が感じられた。実際、このスプリントでトレンティンはステージ優勝はしたがスプリント賞を取れず、フルームがキープすることになった。
・テニスは週1回のスクールと、月1回弱のテニス仲間とのゲームだけになってしまった。
・決して飽きてきたわけではなく、周囲の年齢が高くなって次第にやる人が減り、その結果やる機会も減ってきているというわけ。
・年齢のことを言えば、スクールのメンバーはこの10年で半分くらいしか変わっておらず、みんないっしょに年を取っているわけだ。
・F1はやっぱり退屈なシーズンとなった。後半にフェラーリが自滅したのが痛い。
・ライコネンはモナコGPで9年ぶりにPPと、少し輝きを見せた。
・MotoGP、ヤマハが失速。ロッシはよくて2~3番手止まり。
・写真仲間の今井宏さんが亡くなる。
・父親は体の具合が悪いことが多くなり、入院を繰り返す。
・そろそろ実家に戻る時期かと思う。





   




[PR]
# by pprivateeye | 2017-12-28 02:42 | Self Portrait | Comments(0)

三つの歴史

f0067724_00101682.jpg


2017年12月22日(金)

・加納満写真展「La 500 piccola grandiosa」、Basement GINZA
1957年に発表されたイタリアの小型車フィアット500だけを撮影。大伸ばしのデジタルプリントを写真仲間が手伝っている。被写体である車自体に魅力があるので、モノクロ写真のほうが風景に同化していい感じだ。カラーで大きなプリントとなると自動車のポスターを見ているように思えてしまう。むしろ額装されてきちんと写真作品として見せてもらうほうが安心できる。


・尾仲浩二写真展「Slow Boat」、POETIC SCAPE
同題の写真集が三つの異なる版元から出るのも珍しい。初版は2003年に蒼穹舎、第二版が2008年ドイツ、そして今回の第三版は中国からだ。展示のために新たにプリントしているらしい。写真自体は80~90年代に撮られたもので30年という時間が経過している。しかし、その時間あるいは時代性でもって語られる写真ではないような気がする。「写真」としか言いようのない視線、その枠の中で蝶は永遠に花の上で羽ばたき続けるのだ。


・「FINE ART MUSIC PHOTOGRAPHY」、gallery E・M 西麻布
海外の音楽関係の写真家の作品。1970年前後のロックのスターたちだ。ビートルズ、ポールが点数的には多かった。エリック・クラプトンがギブソンのレスポールを弾いている珍しいものもあった。そんな楽しい思いの中、ジミ・ヘンの1枚は何度見てもそこで視線が止まってしまった。ステージ上からカメラマンを落ち着いた表情で見下ろしている。他に興味深かったのはアルバム「デ・ジャブ」の前後と思われるCSN&Y。各人コードの押さえ方が異なっている。etc. 自分がよく聴いていたミュージシャンが大半なので、いつもの写真展とは違った楽しさがあった。









    






[PR]
# by pprivateeye | 2017-12-25 00:11 | Comments(0)

「写真」の方向性が違うねぇ。


f0067724_21302685.jpg

2017年12月15日(金)

・村越としや写真展「沈黙の中身はすべて言葉だった」、CASE TOKYO
大きなパノラマサイズの作品3点と、写真集の制作過程の刷り出しや束見本も展示されている。同題の写真集のための展示と言える。作品自体が大きいので通常のギャラリーでは数を見ることは難しい。写真集と展示は異なるという点からすれば大きな作品を作り続けるというのは痛し痒しというところかもしれない。単純に見る側からすればもっと見たいということだが・・・

f0067724_21303871.jpg

f0067724_21305171.jpg

f0067724_21310678.jpg




・「ローライ35のススメ」、寫眞喫茶アウラ舎
じつは作品よりも会場に興味があって行ってきた。お店は押上にあり、喫茶店がメインで2Fにレンタル暗室がある。クラシックカメラやフィルムなども販売しているが、中古カメラ店とは一線を画している。一部の若い女性の間でフィルムカメラの人気が高まっており、そういった人たちがターゲットのようだ。ただ暗室はライカのフォコマートが3台あり、料金は1時間500円と割安で、プリント経験のある人も十分使えそうだ。チョートクさんもここを利用しているらしい。展示作品は予想通り「若い女性」が楽しんで撮っているという感じのものだった。いい写真、いい作品を作るということよりも、写真を撮る、プリントをするという行為を楽しんでいる、ということだと思う。

f0067724_21311895.jpg









[PR]
# by pprivateeye | 2017-12-16 21:31 | Comments(0)

年の瀬の行事

f0067724_21294245.jpg


2017年12月12日(火)

・「駄カメラ写真グループ展 4」(後期)、アイアイエーギャラリー
3000円以下のカメラを使った写真展後半。入口を入ってすぐのところに展示されていた岡村泰三さんの緑色のカラー作品がよかった。クロス現像をしたものらしいいが、色の印象が強くて写っているものは二の次だった。写っていたのは学校の水道だった。他には大村祐里子さんの作品。普通に星空を撮ったものかと思ったら、レンズのホコリで星のように見え、しかも昼間だとのこと。これが一番の驚きかな。


・笹岡啓子写真展「SHORELINE」、photographers' gallery
福島県楢葉町を時間を置いて撮った作品のインパクトが強い。2012年9月、2014年6月、2017年4月と時間が経過するごとに、田畑や河川は整備され放射能の汚染土を入れた袋が積み上げられていく。2011年の原発事故は一過性のものではなく、まだ続いているのだ。笹岡さんのSHORELINEシリーズは大昔のかつての海岸線と現在を重ね、思考していくものだが、この楢葉町の変化も歴史の中にしっかりと描き込まれることになる。



新宿西口のkinko'sで自作の来年のカレンダーをプリントアウトする。1年をA3の用紙にまとめて一覧するもの。通常こういう形式のものは横並びだが、自分のは縦並びにしている。そうすると月をまたいでの曜日確認がやりやすい。もちろん月曜始まり。土日を週末と言うのなら、週の後に土日を持ってこようよ。これを作り始めてもう13年目だ。帰ってからは来年の手帳を自分なりにカスタマイズする。これも年の瀬の一行事だなw





  







[PR]
# by pprivateeye | 2017-12-16 21:30 | Comments(0)